サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:19cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-51272-8

紙の本

いま、憲法学を問う

著者 浦部 法穂 (編),棟居 快行 (編),市川 正人 (編)

「9条」「人権と公益」「首相公選制」…。次々と浴びせられる問題にどう応えるのか。いま必要なのは、プロが自省も含めて憲法の価値を問い直し、リアルな方途を示すこと。これまでの...

もっと見る

いま、憲法学を問う

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「9条」「人権と公益」「首相公選制」…。次々と浴びせられる問題にどう応えるのか。いま必要なのは、プロが自省も含めて憲法の価値を問い直し、リアルな方途を示すこと。これまでの護憲論を超える渾身の対談集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

憲法学の現状と課題 浦部法穂 ほか鼎談 12-37
国家の枠組み 森英樹 対談 38-55
主権論の現代的展開 辻村みよ子 対談 56-73

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

憲法学者の意地

2008/09/15 23:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

3人の編者が分担して、12人の個性ある憲法学の研究者をゲストとして迎え、一対一でアクチュアルなテーマを縦横無尽に語り合うという趣向の本だ。
対談形式であるということ、ページ下部に注を配するなど、一般市民向けを意識したソフトな編集になっている。

イントロダクションである「憲法学の現状と課題」だけは、編者による鼎談になっている。憲法学の現状に対する強い危機感が表明される。

棟居氏は、《伝統的に憲法学が形成してきた主権国家、国民主権原理、社会国家原理や個人の自律といった理念は、いま現実のラディカルな変化によってその前提が突き崩され、控えめに言っても問いなおされているといえるでしょう。》と口火を切る。
浦部氏は、憲法について《今までは飾っておくだけではなかったでしょうか。》と手厳しい。棟居氏も、《日本社会も世界の動きについていっていません。そして日本国憲法ははじめから現実とは関係ない。》と、これまたきつい。

市川氏は、《しかし、単なる飾りとしてずっと神棚の上に置かれ続けていたかというと、必ずしもそうではありません。先ほども申し上げたように、一定の問題意識に基づくそれなりに実践的な取り組みがあったと思います。(中略)それらは充分ではなかったかもしれませんが一定の成果を収めてきました。》と反論。
棟居氏は、《それは憲法学の自己満足に過ぎません。実状は、日本的な建て前と本音の使い分けで、憲法と現実のズレをうまくごまかしてきたのだと思います。》と再反論する。

このあたりの「バトル」は面白い。そして、浦部氏は《日本国憲法を換骨奪胎せざるをえない》とまで言い切っている。だが、期待をもたせたわりには、この後の対談へと連なっていく展開で、そこまでの大胆さは読み取れない。実際、過去の学問的蓄積(通説)にもそれなりに重みのある理があり、それを独りよがりに陥らずに換骨奪胎するのはそう簡単なことではないのだろう。

それでも、こうやって対談交流していくことに意義はあるだろう。職業憲法学者の意地と意気込みは伝わってくる。
それは認めるとして、本書の目的の一つである憲法学を世間にアピールするためには、専門家同士によるものだけでは足りないように思う。もっと市民との対話も活発であれかしと願う。例えば、レポートまたは質問をあらかじめ提出してもらう形で、参加者を募る。そうして集まった市民とパネルディスカッションをしていくとか、あるいは、そういったものをWeb上でやるのも一案だ。
「開かれた憲法学」のためにも、いろいろな企画にチャレンジしていってほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。