サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小論文の書き方(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/04/20
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/398p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-660165-2
新書

紙の本

小論文の書き方 (文春新書)

著者 猪瀬 直樹 (著)

小論文の書き方 (文春新書)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

考えるきっかけを与えてくれる

2001/06/08 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は『週刊文春』に連載中「ニュースの考古学」の、500篇近い時評コラムの中から「小論文の作成に供しやすい82篇を厳選したもの」である。大半は週刊誌や単行本ですでに読んでいるが、彼の書くものは、考えるきっかけを与えてくれるので再読した。全体は「基礎編 小論文を書く」「実践編 何をどう書くか 1文化論及びエッセイ風に」「2時事論文として」から成っているが、ここでは書き下ろしの冒頭の文章、「キーワードに反応せよ」「メディアは偏向していると思え」を紹介しておこう。著者は、ハワイのホノルル沖で起こった米国原子力潜水艦グリーンビルと、愛媛県宇和島水産高校の実習船えひめ丸との「衝突事故」(九人が行方不明)を俎上に乗せ、読者に「キーワードに反応せよ」と書く。グリーンビルには16人の民間人が乗船していたが、その内の2人は浮上訓練の際、操舵席に坐って浮上レバーを操作した。そして著者は、この民間人らは「戦艦ミズリー保存会のメンバー」との情報に反応できたかどうかが「勝負の分かれ目」と書く。戦艦ミズリーとは1945年9月2日、この甲板上でマッカーサー元帥と外相重光葵が降伏文書に調印した船だ。著者は日本軍の真珠湾奇襲から50年後の1991年12月8日、ハワイで行なわれた「真珠湾奇襲50周年」の行事に出席、ついでに戦艦ミズリーも見学する。というのは、50周年を期してこの戦艦、解体されると発表されていたからだ。5階建てのビルに相当する甲板までの階段を、汗を吹き吹き登りながら著者は、1945年夏の東京湾で、隻脚の重光葵がステッキを頼りに重い義足を引きずり、喘ぎ喘ぎ、長い階段を登った姿を想像する。ようやく甲板に辿り着いた重光は、コップ一杯の水を所望するが拒否される。アメリカではいまなお、日本軍に奇襲された12月7日(米国時間)を「汚名の日」として記憶し続け、保存会のメンバーらの努力で解体を免れた戦艦ミズリーは、「卑怯なジャップ」の奇襲を忘れぬための記念碑になっている。著者はこうした背景をまず押さえた上で、「故意に事故を起こしたのではないにしても、近くにいてもかまわない。どうせジャップの船なのだから」との気分が、艦内のゲストたちに横溢していたのではと想像する。最後に著者は「デフレ・スパイラル」にも触れ、日本人は金の使い方が下手だと書く。GDP(国内総生産)は500兆円、その内の300兆円が消費、さらに100兆円は「物語消費」(贅沢品)に使われているが、この「物語消費」を、さらにしろと提唱する。しかし、ぼくに言わせれば、無教養かつ超貧乏な日本人にとって、この贅沢品の消費ほど難しいものはないような気がする。ちなみにぼくは、ハイエンド・オーディオに蕩尽している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/04 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/15 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/09 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。