サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2001
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:25cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-03-321200-0
絵本

紙の本

みつばちとどろぼう 改訂版 (エリック・カールのうごく絵本)

著者 エリック・カール (作),おだ ひでとも (訳)

蜜蜂のハニーは花の蜜集めに大忙し。大事な巣に蜜泥棒の熊が近づくと…!? 蜂の社会生活や独特な生態を紹介しながら、スリルある話と工夫されたしかけで、楽しさ抜群の絵本。198...

もっと見る

みつばちとどろぼう 改訂版 (エリック・カールのうごく絵本)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

蜜蜂のハニーは花の蜜集めに大忙し。大事な巣に蜜泥棒の熊が近づくと…!? 蜂の社会生活や独特な生態を紹介しながら、スリルある話と工夫されたしかけで、楽しさ抜群の絵本。1981年刊の改訂版。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

静から動へ、自由自在!生きものが動く姿が印象的なしかけ絵本。隠れた(!?)傑作。

2010/09/11 11:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月乃春水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

エリック・カールさんのしかけ絵本。みつばちをはじめ、登場する生きものたちが動く姿がとても印象的です。
表紙はくまとみつばち。下の方にある穴に指を入れて矢印の方向に動かすと、みつばちが動き、くまの目が寄り目になります。あっ、これはちくっ!と刺されたな…?

これはみつばちハニーのおはなし。巣から飛び出し、花びらをあけて花が迎えてくれて、みつを集めるハニー。小鳥が襲ってきたり、かえるや魚が待っていたり…。ピンチも大丈夫、ハニーは逃げるのがとても上手。
静から動へ。矢印をひっぱれば、自由自在です。

巣の中に戻ってきたハニー。巣の中の様子もちゃんとあります。そこへ表紙のくまが現れて…。そうです、これがみつばちどろぼう。表紙同様に、どろぼうがやっつけられる姿(動き)もユーモラスに描かれています。

この絵本を購入したきっかけは、2008年4月から5月にかけて銀座松屋で開かれた、絵本の魔術師『エリック・カール』展でした。
そこには椅子に座って絵本が読めるスペースがあり、親子がこの絵本を開いていました。ちょうど、ちょうちょが浮かびあがったようなページです。それがとても印象的だったので、この作品を知らなかったわたしは、ぜひうちの子どもたちとも見てみたい、と思ったのでした。

『はらぺこあおむし』や『だんまりこおろぎ』などと比べたら、知名度は低い作品かもしれませんが、こちらもなかなかの傑作です。


本についてのよもやま話。 <ブログ> 本のことあれこれ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/12 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。