サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/25

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 秀和システム
  • サイズ:24cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7980-0117-1

紙の本

ホームページ誰も書かなかったホントの裏技

著者 栗林 彰 (著)

ちょっとしたホームページ技から、アングラ系ホームページに多く見られる裏テクまで、広範囲に収録。自作ページにちょっと風味を加えたい人向け。ページを見た人にとって危険なものも...

もっと見る

ホームページ誰も書かなかったホントの裏技

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ちょっとしたホームページ技から、アングラ系ホームページに多く見られる裏テクまで、広範囲に収録。自作ページにちょっと風味を加えたい人向け。ページを見た人にとって危険なものも含むが、防衛という観点から掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おそるおそる読んでみた

2002/06/04 18:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イチゴちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

おどろおどろしいタイトルと表紙に圧倒されながらも好奇心いっぱいで読んでみました。危ない本というよりはマニアックなホームページ作りの本という感じ。危ないホームページに自分がアクセスする時に気を付けないといけないことも分かります。防衛にも役立つ。アクセス解析もどうやったら出来るかが分かりよかった。

ああ、こういうことを考えてホームページを作っている人もいるのよね、と感心しました。私はホームページ作りビギナーですが、それでもこういうことにチャレンジしたい! というものが多く、励みになります。いずれはガンガン使いこなしてカッコイイホームページを作りたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

確かに「誰も書けていない」

2001/07/18 01:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:R4DIOHE4DZ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 内容としては,インターネットのホームページ作成およびその周辺の「裏」テクニック集といったもの.最近よくみられる企画ではあるが,「誰も書かなかった裏技」というのが売りらしい.筆者もこの文句に惹かれて購入した一人である.
 しかし本書を読み終えての感想は,「本当に『誰も書いていない』じゃないの!」であった.というのは著者自身が,やばい(と著者が判断したもの)は「やばいから本書では書きません」と自主規制しているのである!これでは,本書のタイトルは一体なんなのかと言いたくなる.少なくとも読み手は,「誰も書かなかったホントの裏技」というタイトルから,萎縮効果による自主規制が入り込んでいる書籍などは求めないはず.確かに「誰も書いてない」という看板に偽りはない事はないのだが,正直言ってちょっとだまされた気分になったのは事実である.
 最後にひとつ.本文中の誤字脱字・誤変換が余りにも多くて,読む気がうせる.多少の誤植なら目をつぶれるが,本書の誤りの数は類著に比べても非常に多く,なぜノーチェックのまま出版されたのか疑問.さすがにプログラム例部分の誤りはないと信じたいが,プログラミング素人である筆者にはその辺はわからない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

HTMLはもちろんJavaScriptぐいらいなら、というHP制作者には、ヒント満載の指南書となるだろう

2001/06/11 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:近藤龍太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ちょっと見ると、これはなかなかテンションの高い本である。月刊誌やムックならともかく、単行本でこのテンションはめずらしい。ゲームの攻略本に近いといえる。デザイン/レイアウトもそれに倣って遊びの要素が強い。見出しや画像の背景には図形や模様のような画像があしらわれているし、ホワイトスペースを多くとった見やすいレイアウトとはほど遠く、これもゲーム本的だ。

 見出しを読むと、一層その感を強くする。たとえば、Chapter 5の「危ない訪問者からホームページを守るためのテクニック 〜守り編〜」では、「オレにかまうな!! ロボット系サーチエンジン無視!」だの「へなちょこ野郎は門前払いィィィ!!」といった見出しが並ぶ。
 けれども、実際の解説文は一般の解説書とあまり変わらないテンションなので、ご安心いただきたい。また、内容もきわめて真面目なのである。

 たとえば「ロボット系サーチエンジン……」では、gooやGoogleなどのロボット系のサーチエンジンがホームページの内容をチェック出来ないようにする方法を紹介している。「へなちょこ野郎は……」のほうはと言えば、パスワード認証を使って閲覧の制限を行う場合に、パスワードを盗む代表的な手口から考えて、どのように対策を考えたらよいかということを解説している。
 どちらも、“盗む”ほうではなく、“盗まれないようにするための工夫”を紹介しているのだから、冒頭で紹介したような異常なテンションの必要性があるのかどうか疑問だ。内容からすれば、“インターネットとホームページの仕組みを詳しく解説する本”として十分通用する。“ホントの裏技”とかの過激なお化粧は不要と思われるのだ。ただ、ここまで詳しい内容を誰が読むのかと考えると、ちょっとアブナイ系か? という気はする。そこで、こういう体裁になったのだろう。

 しかし半分以上は、ホームページを作成・管理している善良な一般市民にも役立つ知識やテクニックだ。残りは、まぁ知らなくても不都合はないが、もし、悪意の第三者から自分のホームページが攻撃されるようなことがあったり、内容を保護したいと思うようなことがあるなら、きっと役に立つだろうなと思われるページだ。「フツーの人はそんなこと知ってても……」と思われるページもなくはないが、それはごく一部である。
 章のタイトルからすると、「危ないホームページ」の作り方と、「危ない訪問者」からホームページを守るためのテクニックを解説した本、ということになる。しかし、再三言うようだが、deepではあるが危険なことを推奨する内容ではない。
 ホームページづくりを始めたばかりの人には縁がないが、これまでの解説書ではカベが破れなかったユーザーには福音の書となるのではないだろうか。 (bk1ブックナビゲーター:近藤龍太郎/電脳評論家 2001.06.09)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する