サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 新潮社の通販
  6. 超・殺人事件 推理作家の苦悩の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-602649-X

紙の本

超・殺人事件 推理作家の苦悩 (新潮エンターテインメント倶楽部SS)

著者 東野 圭吾 (著)

パロディーか自虐か。笑いの仮面の下に毒と皮肉を潜ませて、昨今の出版業界をメッタ斬り。作家の超舞台裏を描く爆笑短編集。これはすべてフィクションです。【「TRC MARC」の...

もっと見る

超・殺人事件 推理作家の苦悩 (新潮エンターテインメント倶楽部SS)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パロディーか自虐か。笑いの仮面の下に毒と皮肉を潜ませて、昨今の出版業界をメッタ斬り。作家の超舞台裏を描く爆笑短編集。これはすべてフィクションです。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

超税金対策殺人事件 7-38
超理系殺人事件 39-66
超犯人当て小説殺人事件 67-106

著者紹介

東野 圭吾

略歴
〈東野圭吾〉1958年大阪市生まれ。85年「放課後」で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。「秘密」で日本推理作家協会賞受賞。他の著書に「白夜行」「快笑小説」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

どこまで楽しめるかは読み手しだいの問題作!

2002/07/08 09:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つき - この投稿者のレビュー一覧を見る

「○○殺人事件」と名のついた短編が並ぶが、
ミステリーではあるが(一応?)、書き手が読み手に本の読み方を問うているのではないかと
邪推してしまう。それでも読み易いのが流石。
「超理系殺人事件」では、理系でなければちっとも面白くはないだろう一作。
が、嵌った読み手は決して忘れられない短編です、ある意味。
また、書評家のあり方を問う短編もある。
ショヒョックスという10分で書評が出てくる機械が発明された。
5段階のレベル設定が可能で、誉める・やや誉め……など、
誉めなきゃならない本の書評が、マシンに本を入れるだけで、
自分の代わりに書いてくれる。
そして書評家達のとった選択は……?

このミス5位の大好評本。
しかし、このミスの書評では、
「ショヒョックスが欲しい!」などという書評が目についた。
書評家ってなんだろう……? と思わせられる。
ぜひ読んで、書評家にムカついてみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

超・殺人事件

2002/07/04 11:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブラウニー - この投稿者のレビュー一覧を見る

作家が小説を書くときに考える事を笑いにしている8つの短編集です。

所得が多くなってしまった作家が全く作家活動と別のことで使ったお金をを経費として計上し、確定申告にのぞむという話や、ミステリー作家なのに犯人とトリックが思いつかず人に頼る話、自分の書いた本の通り人が殺されてしまいどんどん有名になってしまう話、いかにページ数の多い小説を書くかで四校錯誤する話、全部面白かったです。
あまりにも内容が本当に作家が直面していそうな問題ばかり取り上げて笑いに変えているので、東野さん自身もこういうことを出版社側から求められたり、苦労しているのかなと思ったりもしました。
本当に面白かったので、あっという間に読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こういうの、大好きです

2001/07/11 20:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:川原 いづみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この方の、この手の茶化しつつもチクリとやる、そんな小説大好きです。『名探偵の掟』がツボだった方に、オススメしたい一冊。
 これを読んで心穏やかでない方(作家とか…)がいらっしゃるのでは、なんて憶測してみたり。
 私が良いなと感じたのは、『超税金対策事件』と『超理系殺人事件』。前者はあまりのバカさ加減に大笑い。著者は随分楽しみながら書いたのでは。…皆さんある程度はやっているんでしょうか(ここまで露骨じゃないでしょうが)。後者は本好き理系人間に「私、これ理解するの無理だったのよね〜。あなたなら読めるんじゃないかなぁ。」とか言って読ませて反応見てみたい。性格悪いっすか?(友情を壊したくないなら、やらないように)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もうひとがんばり…と思うのは贅沢か?

2002/07/30 13:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待ってようやく入手した作品。期待して読みました♪

収録されているのは8編の短編。どの短編も「超〜殺人事件」と
いう題名がつけられています。もちろんそれぞれ十分に面白い
作品ではあるのですが、ちょっと評価が先行しすぎかなあ…と
いう気もします。これよりも前に「名探偵の掟」を読んでいなければ
きっとものすごく楽しめたと思うのですが、やはり似たような
傾向の作品を読んでいると、どうしても、それ以上を求めて
しまいますからねえ…。 と、ここまで言っておいて
なんなのですが(笑)、この作品単独で考えた場合には、
十分に「毒」を楽しめると思いますので、読んでみて下さい。

気に入った作品の感想を2つだけ。作品の性格上ネタバレに
なると思うので、ストーリーにはあえて触れていません(笑)。

「魔風館殺人事件」(超最終回・ラスト5枚)
この投げ出し方は、まさに東野テイストとしか言い様が
ないでしょう!こういうの本当に好きなんですよね〜、私(笑)。

「超読書機械殺人事件」
本を読まなくても感想が書ける機械「ショヒョックス」を巡る
どたばた。最後の営業マンの独り言がすべての本好きの胸に
疑問を投げかけるはずです(笑)。

しかし、不思議な機械が出て来たりする皮肉っぽい小説って
やはり、筒井康隆を超えるのは難しいのかも…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こだわりと笑いと

2001/10/12 06:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひで - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東野圭吾は、非常に器用な作家である。だが、同時にある意味では、非常に不器用な作家といえるのかも知れない。氏の最大のこだわりは「ミステリ」作家たろうとする点にある。その結果、テーマによっては、結末での謎解きといった側面にこだわることで、ミステリ好き以外の読者層には失望を与えることもあるのではないだろうか。

 だが、ミステリファンにとっては、頼もしい作家であるといえる。本格だけでなく、細分化された様々なミステリのジャンルにおいて名作を持ち、作品自体は確実にある一定ラインを超えた作品を発表し続ける。そして、どうあってもミステリへとこだわり続ける。本作には、そんな「ミステリ」作家・東野圭吾による、強烈な皮肉の込められた短編集である。

 本作には、8編の短編が収められている。「超理系殺人事件」では、理系人間へのこだわりを見せる読者が、必死で難しい理系知識の込められた作品を読み続ける話を、「超高齢化社会殺人事件」では、高齢となり妙な作品ばかりを持ってくる作家と編集者の話を描く。また「超長編小説殺人事件」では3000枚の大長編を依頼された作家とそれを売る編集者の苦悩を、「超読書機械殺人事件」では作品を要約し書評まで書いてくれる機械を巡る物語を描く。

 東野作品には、『毒笑小説』や『怪笑小説』といったシニカルな笑いを誘う作品がある。本作もその趣向で構成され、最近のミステリ界の様々な事象をデフォルメし、皮肉ることで、笑いへとつなげている。確かに最近のミステリ界、出版界は一種異様な状況にある。大長編が連発され、理系ミステリが妙に増え、更には異常な数の作品が出版される中で作品を選ぶことさえ難しい読者が、大々的に宣伝されるそういった作品をありがたがる。

 こういった悪循環とも思える状況を構成する、作家、編集者、読者、書評家という4面から作品は構成されている。もちろんミステリ的なオチはきちんとつけているので、面白がっていると見事にひっくり返されるという点は、さすがにこだわりを見せる作家である。本作を読み終わると「日本推理作家協会、除名覚悟」などと書かれた帯もまた非常に皮肉で、笑いを誘ってくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

推理作家の苦悩は読者の愉しみ

2001/08/29 00:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菅野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「名探偵の掟」、「名探偵の呪縛」に続くメタ推理小説。あるいは、推理小説の作家、評論家、読者の推理小説ともいえるかもしれない。すべての短編の題名が「○○殺人事件」なのだが、実は作中で人が死んでいない「○○殺人事件」もある。「超読書機械殺人事件」や「超長編小説殺人事件」では、殺人事件が起こっていないのだ。殺人事件の描写がない作品の題名もが「○○殺人事件」だというのが、この作品の最大の謎ではないだろうか。ほとんどの作品で、殺人事件が起きていないか、物語の中での比重が無視できる程度になっている。殺人事件を期待した読者(シリアスな殺人事件が起きることを期待する読者はよもやいないと思うのだが)は肩透かしを食らうことになる。というか、東野圭吾が「ただの殺人事件を描くはずがない」という読者の期待を自身が知っているのだろう。副題の「推理作家の苦悩」は、東野圭吾自身の苦悩なのであろうが、読者にとってはその苦悩は愉しみでもある。

 本書の読後に、 bk1 から宮部みゆきの「R.P.G.」が届いていたのだが、「薄いなァ」、「軽いなァ」と感じてしまった。そこで、直前に読了していた本書の中の一編である「超長編小説殺人事件」を思い出して苦笑してしまった。自分自身の価値観も、作中の作家や編集者、書評家、評論家、読者と大差なかったのである(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリー作家をめぐる世界もやはりミステリー

2001/07/08 13:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:上六次郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 どんな業界でも言えることであろうが、一般の人々から見るとなんてバカなことをやっているのだろうという事が多々ある。作家の世界や出版業界も例外ではない。この短編に出てくる作家や編集者、書評家たちの行動は間抜けで、笑える作品集ではある。しかし、私たちも似たようなことをやっているのかもしれない。
 
 「超長編小説殺人事件」では最近の超長編ブームをネタにしている。最近のミステリーの新刊書売場ではお弁当箱のような本が並んでいる。そして何千枚の大作といった惹句が付けられている。作家の葛原は編集者の小木から作品の分量の水増しを要求される。最初は葛原氏も違和感を覚える。しかしながら、超長編が売れるということ、超長編でなければ売り場も確保できないという現実に驚愕することになる。分量競争は熾烈を極め、やがてとんでもない方向へと進んで行く。
 同じ内容の小説を元のものと、超長編に書き直したものを見比べるのも楽しい。同じ場面を描くのであっても、こんなふうに長く書くことが出来るのかとプロの技術に感心してしまう。それとともに、やはり超長編バージョンは冗長であるという感を持たざるをえない。それは売れれば小説の出来ばえなど二の次でもいいのか、という問題を提起してくる。

 「超読書機械殺人事件」では高機能読書マシン「ヒショックス」が登場する。このマシンは本の内容の要約、感想から書評まで作成してしまう機械である。さらに書評では「おべんちゃら」モードから「酷評」モードまであるという優れものである。書評家たちは本の内容を吟味することなく書評を掲載し、作品を読まずに新人賞の選考を行うようになる。
 新聞や週刊誌では書評のページがあり、毎週多くの本が採り上げられている。一方では出版界は不況で本が売れないという。本はいったい誰が読んでいるのか。書評や賞ばかりが賑わっているが、肝心の本の内容や質はどうなのか。出版界における本の空洞化現象が皮肉られている。

 その他の短編もそれぞれにヒネリが効いており、楽しめる一冊である。東野氏の作品の幅を感じさせてくれる。





このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

超推理小説

2001/06/25 23:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤスフミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『超税金対策殺人事件』は税金に苦しむ作家の姿を描いたもの。『超理系殺人事件』は作者からの「断り」が面白い。『超高齢化社会殺人事件』が個人的にはいちばんのお気に入り。もしかしたら何年後かは実際こうなってしまうのではないかと危惧してしまう。『超犯人当て小説殺人事件』は結構普通のミステリっぽく仕上がっている…と思いきや! 『超長編小説殺人事件』は、すでにある程度起こっている現象——小説の長大化について。原稿用紙換算1000枚、2000枚は当たり前のような流れができている今、この小説のようなことは深刻な問題になりつつあるのではなかろうか…。

 帯には「日本推理作家協会除名覚悟」と書かれている。それほどまで東野圭吾氏が主張したかったこととは一体なんなのか。それは本書の一番最後に登場人物の心情を介して語られる。短編を面白おかしく書きながらも言いたいことはちゃんと言っているのだ。この作者は何を書かせても上手い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

超・殺人事件

2001/12/08 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「名探偵の掟」からミステリ要素を引いて、「怪笑小説」「毒笑小説」の笑いの要素を足したような作品。「名探偵の掟」はミステリのお約束を皮肉った話だったけど、これは作家や出版業界に対する皮肉(自虐?)になっている。あくまで理にかなったオチで笑わせるパターンと、日常のズレがどんどんエスカレートしていって笑いになる古典的なパターンの二つがある。破壊的なギャグ、理解できないような笑いなんかはなくて、あくまで読者を意識して笑わそうとしている感じがする。そういう意味では、東野らしい丁寧な作品といえる。
 だからってもちろんマジメに読んじゃだめですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文庫なら是非

2001/09/20 12:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さいた - この投稿者のレビュー一覧を見る

 おもしろいのはおもしろいけど、ハードカバーの値段払うのなら、これ以外の「白夜行」とかのほうが、絶対に満足度高い。私自身、文庫まで待つか、今買うか、で悩んだ末に買ったら、小説内の登場人物のコトバに、「文庫を買わないで新刊を買うヤツの気が知れない」とあり、ずっこけた。内容は問題ないので、かって損はないけど、文庫まつべし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑いと毒の豪華絢爛短編集

2001/09/28 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海路友 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリー界を震撼させた「名探偵の掟」(講談社文庫)から6年。東野圭吾がまたやってくれた。「推理作家(&編集者)の苦悩」を毒と笑いでぶった斬る、最新短編
集の登場である。

 税金対策に奮闘する推理作家、その悲しい末路は(超税金対策殺人事件)。
 理系離れを嘆く男が書店で目にした不思議な本、その内容は(超・理系殺人事件)。
 長篇原稿を得るため犯人当て小説に挑む4人の編集者、その結末は(超犯人当て殺人事件)。
 老齢の作家が書く支離滅裂な連載小説、担当編集者の決断は(超高齢化社会殺人事件)。
 若手作家、渾身の連載小説、その手口をそっくり真似た殺人事件が実際に起きて……(超予告殺人事件)。
 編集者の要求で、800枚の小説を2000枚に増量することになった推理作家の苦悩(超長編小説殺人事件)。
 解決までに残された枚数は5枚、追い詰められた推理作家は……?(魔風館殺人事件)。
 要約、書評なんでもござれの機械「ショヒョックス」、それを売り歩く男の真意は?(超読書機械殺人事件)。
 以上8本、そのすべてに笑いがあり毒がありオチがある。結末が悲惨であればあるほど、笑いが止まらなくなるのは、なぜだろう?

 東野圭吾は1985年、『放課後』 で江戸川乱歩賞を受賞。以来、多彩な作風で数々の傑作を世に出してきた。本著「超・殺人事件」においても、氏の持ち味はいかんなく発揮されている。特に、8作品すべてに織り込まれた「作中作」に要注目。ホラー、本格、ハードボイルド、トラベルミステリー。東野ワールドの懐深さを感じさせてくれる。

 文句なし、お勧めの一冊だ。

(bk1ブックナビゲーター:海路友 かいじ・ゆう/ライター 2001.09.29)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/22 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/29 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/14 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/31 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。