サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

9/1 全員もらえる!200万ポイント山分けキャンペーン(~10/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/336p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-314220-0

紙の本

海峡の霧

著者 辻 邦生 (著)

先輩作家との交流。創作への原動力となった芸術、音楽、思想との邂逅。幼くして亡くなった兄、小学校、旧制高校時代の鮮烈な記憶。パリ、軽井沢、高輪での日々…。心の原点を垣間見る...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

先輩作家との交流。創作への原動力となった芸術、音楽、思想との邂逅。幼くして亡くなった兄、小学校、旧制高校時代の鮮烈な記憶。パリ、軽井沢、高輪での日々…。心の原点を垣間見る最後のエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

辻 邦生

略歴
〈辻邦生〉1925〜99年。東京生まれ。東京大学仏文科卒業。「廻廊にて」で近代文学賞、「安土往還記」で芸術選奨新人賞、「背教者ユリアヌス」で毎日芸術賞、「西行花伝」で谷崎潤一郎賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

敬愛する作家たちとの交流、創作の原動力となった芸術・音楽との出会い、パリ、軽井沢の日々を綴る随筆集

2001/09/05 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杉田宏樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『微光の道』に続く、故・辻邦生の随筆集、第2弾である。前作からわずか2か月という短いインターバルで届けられたというのが、ファンには嬉しい。今作は「人物」「芸術・音楽・歴史・思想」「人生・生活・旅」のテーマに添った文章による3章立てだ。辻は内外の歴史上の人物を扱った小説はもとより、現代社会を舞台にした恋愛もの、さらには童話に至るまで、物語の作り手として実に間口の広い執筆活動を行ったわけだが、同時にエッセイストとして残した仕事もかなりのボリュームがある。いやそれらの文章を知る者に言わせれば、辻の文章は“エッセイスト”の語感から受ける“軽さ”とは別種のものであり、“随筆作家”と呼ぶ方がふさわしいと思う。1959年夏、ギリシアを旅し、アテネで初めてパルテノン神殿を見上げた瞬間、美についての啓示を与えられ、それが文学活動の根源となっている辻ゆえ、作品が物語ではない随筆であってもそこには辻の美意識と世界観が貫かれているのだ。ぼくが最も興味を惹かれたのは、辻が出会い、刺激を受けた人々へのオマージュ。日本人の持つ曖昧さ、心情主義、狎れ合い、義理人情を断乎として排撃、「君も早く書いて、世間に名前が出ちまうんだね」と辻にアドバイスを贈った岡本太郎。圧倒的な知識人にして几帳面さ、律儀さ、市民性を持ち、例えば雑誌で対談を行う場合、読者に提供される一種の演技性を必要とする演し物(だしもの)、興業演目という考えを持っていた篠田一士。会って話したのは数回に過ぎないが、その人柄にすっかり魅了され、対談の席上で顔を合わせた時、ずっと付き合ってきた旧友と会った感じがしたという阿部昭。「うまい文学が生れるためには、健全やあかんで。腐ったところが要るんや」と口癖のように喋り、涙が出るほど辻を笑わせた開高健。ジャズ好きならば、辻が立教大学で教鞭をとっていた時代の学生で、後に評論の世界に進むも、32歳の若さで他界した間章についてのエピソードに、強い興味を抱くはずである。 (bk1ブックナビゲーター:杉田宏樹/音楽評論家 2001.09.06)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/04 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。