サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:22cm/262p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-535-55248-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ネットワーク・エコノミクス

著者 依田 高典 (著)

電気通信・電力・ガス・交通などの公益事業は、70年代後半から民営化・自由化を施され、新たにネットワーク産業として再編されてきた。このネット産業の経済分析の基礎を解説する、...

もっと見る

ネットワーク・エコノミクス

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

電気通信・電力・ガス・交通などの公益事業は、70年代後半から民営化・自由化を施され、新たにネットワーク産業として再編されてきた。このネット産業の経済分析の基礎を解説する、『経済セミナー』での連載をまとめた論考。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

産業組織論とネットワーク・エコノミクス 3-18
コンテスタビリティ理論と規制緩和:理論編 19-34
コンテスタビリティ理論と規制緩和:政策編 35-50

著者紹介

依田 高典

略歴
〈依田高典〉1965年新潟県生まれ。京都大学大学院経済学研究科修了。経済学博士。京都大学大学院経済学研究科助教授。著書に「不確実性と意思決定の経済学」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2001/07/08朝刊

2001/07/12 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 経済に占める情報技術(IT)の比重が増大してくるに伴い、通信のように需要が増大すると雪だるま式に利便性が高まる外部経済性などの特性を持つネットワーク産業の経済分析が注目されている。米連邦高裁判決で、会社二分割などの一審判決破棄となって議論を呼んでいる、マイクロソフトのOSを巡る独禁法裁判もコンピューターソフトのネットワーク性が焦点だ。
 もともとマクロ経済学とミクロ経済学の中間領域としての産業組織分析や競争政策の理論は、ハーバード学派とシカゴ学派が対立しながら発展してきた。しかし近年、ゲームの理論などの新しい分析手法の進化で両者とは違う、ネットワーク産業へのざん新な切り口が得られるようになり、研究が大きく進んでいる。
 本書はこの新しい産業組織論を解説し、通信、電力、交通など、経済システムのインフラを形成することが多いネットワーク産業の持つ特性を経済学的に解明する。これらはNTTの分割・再編問題や電力の自由化など具体的な規制改革が議論されるときに必ず出てくる論点だ。どう考えたらよいか参考になる。
 経済誌に連載された論文をもとにした著作なので、筆致も比較的分かりやすい。論旨は現在の規制改革、競争政策の議論と交差するが、規制改革論者が強調しがちな「自然独占型産業でも新規参入退出が容易なら、公益事業規制は必要なし」といったコンテスタビリティ論は、理論的には正しいが現実の尺度には不完全とはっきり指摘する。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。