サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-660170-9
新書

紙の本

遺伝子組換え食品 (文春新書)

著者 川口 啓明 (著),菊地 昌子 (著)

遺伝子組換え食品 (文春新書)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

疑わしきは被告人の利益か

2001/12/13 16:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小田中直樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「疑わしきは被告人の利益に」って言葉がある。たぶん裁判用語だと思うけど、ちゃんとした証拠がない場合は、たとえ疑わしい場合でも推定無罪として扱おうっていうルールだ。遺伝子組換え食品の問題を考えるとき、なぜか僕の頭にはこの言葉が浮かんでくる。つまり、遺伝子組換え食品を食べた人が健康上の問題を起こしたってケースはまだない。というよりも、そういうケースがないように、安全性試験をするわけだ。そうすると、遺伝子組換え食品が人体に有害か否かは当分(つまり、不幸にも最初の、しかも想定されてなかった被害者が出るまでは)わからない。だから僕らは、無罪か有罪か、自分の推定にもとづいて判断しなきゃいけない。そのためには生物学をもう一度勉強する必要があるだろう。そんなことを考えてるときに、この本に出会った。

 自然科学を専門とする川口さんたちは、「消費者の間には遺伝子組換え食品についての誤解が幅広く見られる」(一〇ページ)けど、誤解にもとづく判断は不利益をもたらすって考えて、この本を書いた。この本のメリットは、遺伝子組換え食品は推定無罪だって立場を採ることを明らかにし、その立場をわかりやすく解説したことにある。人体に対する影響については、一時話題になった遺伝子組換えとうもろこし「スターリンク」は「実際問題として食品アレルギーを引き起こす可能性がない」。ねずみの免疫力を低下させたとして話題になった遺伝子組換えじゃがいもは「安全性確認がおこなわれた遺伝子組換えジャガイモとは何の関係もない」(一一ページ)。有害な遺伝子組換え食品を作っても売れないから、市販されるのは少なくとも在来の食品よりも有害ということはない食品のはずだし、他の品種改良法のほうが遺伝子組換えよりも危険な可能性もある。自然環境に対する影響については、遺伝子を組換えた作物と在来種の自然交配や、組換え遺伝子の存続や、その作物の自然増殖といった現象はほとんどないだろう。さらに、遺伝子組換え食品の原料となる作物の栽培は農薬の使用を抑え、「自然破壊の程度を小さくできる可能性が大きい」(一六五ページ)。遺伝子組換え食品は安全だしメリットもあるというわけだ。

 僕は生物なんて高等学校以来勉強してないし、自然科学にも素人だから、川口さんたちの説明を批判するだけの能力はないけど、読み終わったあとに、いわく言い難い違和感を感じた。その原因は何かって考えてみると、二つの点に思い当たる。第一、推定有罪説に対する批判に説得力が欠けること。たとえば、遺伝子組換えの表示を求めた消費者団体に対して、表示すれば安全でなくても販売できるってことか、とか、自分さえ買わなければいいのか、とかっていうけど、これは「いちゃもん」の類いだろう。消費者団体は遺伝子組換食品の販売を禁止したいけど、それができなかったから表示を要求しただけのことだ。「アレルギー誘発性を完全には否定できなかった」(一八三ページ)スターリンクに不安を持つ立場に対して、川口さんたちは「アレルギーを引き起こすとは考えにくい」(一八五ページ)っていうけど、可能性がないわけじゃないだろう。

 第二、川口さんたちは、遺伝子組換食品は農薬よりはましだとか、普通の食品にもアレンゲンがあるとか、他の品種改良法も危険だとか、どっちみち人類は自然を破壊してるとかって主張する。つまり「実質的同等性」の考え方にもとづいて、遺伝子組換食品の問題点を相対化するわけだ。でも、相対化したからといって正当化できたわけじゃない。人体に有害か否かを考えるときに、こんな曖昧な基準で考えていいんだろうか。こんな疑問を持つ僕の頭には当然狂牛病の問題がある。自然科学に携わるときには、謙虚さを忘れるべきではないと僕は思う。何が起こるかわからない間はね。[小田中直樹]

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/18 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。