サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 心理の通販
  5. 自由国民社の通販
  6. こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 自由国民社
  • サイズ:21cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-426-73201-8

紙の本

こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説

著者 赤木 かん子 (編著)

児童虐待、性的虐待、アルコール依存、共依存、夫婦間の暴力、いじめ、癒し…。自分自身を見つめ直すために、いま、大人と子どもの間で起こっている現実をしっかり見つめるために。ま...

もっと見る

こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

児童虐待、性的虐待、アルコール依存、共依存、夫婦間の暴力、いじめ、癒し…。自分自身を見つめ直すために、いま、大人と子どもの間で起こっている現実をしっかり見つめるために。まず、知ることから始まります。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤木 かん子

略歴
〈赤木かん子〉法政大学卒業後、出版社勤務を経て、子どもの頃に読んでタイトルを忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」として本の世界にデビュー。著書に「ヤングアダルト読書案内」など多数。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こういう本をさがしていました

2001/07/08 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りの - この投稿者のレビュー一覧を見る

 精神科クリニックを開業して半年あまり、クリニックの患者さんは入院施設を持った病院の外来の患者さんと全然違うことにとまどいさえ感じる毎日でした。全般に軽い抑鬱を持った人がほとんどだけど、聞き始めると幼少時に重いトラウマ体験を持ったアダルトチルドレンの人の多いこと多いこと。彼女らに何かよい指標となる本はないものかと書店巡りをしていました。そんな日に新聞の広告でこの本を知りました。私が本の読み手として尊敬してる赤木さんの本だ!喜び勇んで購入しました。
 そうそうこういう本を待っていました。

 共同著作なので個人的には疑問を感じたところもあります。特に(C)の署名の人の分は、少し読んでて気持ちが寒くなります。かん子さんの著作からはあったかいものをもらうのが常だったので、なんだか違和感がありました。
 その赤木さんも相変わらずのポカミスあり。有里さんのご指摘のガンダルフorガラドリエルをガブリエルと間違ってるほか、「トーマの心臓」の主人公がトーマになってた。

 でも、もっと本屋さんに平積みされればいいのに、bk1でもトップページを飾ればいいのにと思います。早速に二冊目を買って、待合室におくつもりでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「AC」という切り口で『赤毛のアン』や『童夢』を読み直すと……

2001/05/25 07:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:有里 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「アダルト・チルドレン(AC)——子ども時代に必要な愛情と安らぎを得られずに育ち、傷ついた心を抱え、癒されぬまま大人になっている人たち」をテーマにしたブックガイド。
 「アダルト・チルドレンの理解に役立ち、その理解によって、本人もまわりの人も少し楽になれるように願って」編まれたという。解説は赤木かん子を中心に6人の編集チームによって書かれている。
 目次を開くと、アルコール依存、虐待、共依存と、なにやらモノモノしい言葉が並んでいるが、ひるむことなかれ。取り上げられている本の中にはハードでシビアなものや専門書もももちろんあるけれど、モンゴメリ『赤毛のアン』やゼナ・ヘンダーソン『果てしなき旅路』、大友克洋『童夢』、アシモフ『はだかの太陽』、テリー・ホワイト『真夜中の相棒』といった一見「AC」とはあまり関係がなさそうなエンタティメント系の本も多く、解説もくだけた口調で書かれているので読みやすい。
 自分が「AC」だという自覚のある人、「AC」かもしれないと思っている人、生きにくさを感じている人にとっては必読書だと思う。「AC」という視点で見ると、一度読んだ漫画やミステリーがまた違った意味を持ち始めて興味深いので、別に自分は「AC」じゃないという人にも一読をお勧めする。個人的には大友克洋『童夢』の解釈(p.235)と『アラベスク』と『エースをねらえ!』の対比(p.134)に目からウロコが落ちるような気がした。特に後者を読んで、私の持っていた『エースをねらえ!』への違和感の正体がはっきりした。あー、とってもすっきり(ちなみにこの項目を書いたのは赤木かん子ではなく、小迫倫子)。
 オタクや専業主婦に対する嫌悪感というか侮蔑がかすかに感じられるのと、たまに記述にカンチガイ(p.182にある『指輪物語』の中のヒーローのガブリエルって誰?)があって少しだけひっかかるのを別にすれば、丁寧に作られたよい本だと思う。

http://www2r.biglobe.ne.jp/~alisato/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。