サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/245p 図版24p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7942-1060-4

紙の本

ホタル帰る 特攻隊員と母トメと娘礼子

著者 赤羽 礼子 (著),石井 宏 (著)

高倉健主演の東映映画「ホタル」の実録とも言うべき作品。軍の指定食堂を経営する鳥浜トメと特攻隊員たちのありのままの姿を、トメの娘礼子が語る。息づまるような状況のなか、日本人...

もっと見る

ホタル帰る 特攻隊員と母トメと娘礼子

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高倉健主演の東映映画「ホタル」の実録とも言うべき作品。軍の指定食堂を経営する鳥浜トメと特攻隊員たちのありのままの姿を、トメの娘礼子が語る。息づまるような状況のなか、日本人がどのように行動したかの貴重な証言。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤羽 礼子

略歴
〈赤羽礼子〉昭和5年生まれ。勤労動員で特攻隊員達の世話をする。新宿に元特攻隊員が集まる場所酒亭「薩摩おごじょ」を開店。
〈石井宏〉昭和5年生まれ。音楽評論家。著書に「モーツァルト」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 昭和二十年四月、鹿...

ジュンク堂

 昭和二十年四月、鹿児島県知覧基地から陸軍の特攻隊が沖縄をめざして連日出撃した。その知覧基地の近くに陸軍の指定食堂を営む一人の女性がいた。鳥浜トメ四十三歳である。特攻隊員たちの中には以前知覧基地で訓練を受けたものもいて、その兵士たちは、特攻隊員として知覧に配属になると、以前通ったことのあるこの鳥浜食堂に真っ先に駆けつけた。トメに会いたかったからである。

 トメはやり繰りし、できるだけの材料を集め、特攻隊員たちをもてなした。出撃前の隊員たちの様子を知らせるため、隊員たちの実家に一生懸命手紙も書いた。

 この本はトメの次女であり、母とともに特攻隊員の世話をし、知覧基地に女学生として特攻隊員の身の回りの世話をしに通った赤羽礼子が、母親と特攻隊員のありのままの姿を描いたものである。映画「ホタル」では、トメが朝鮮半島出身の光山少尉を送りだしたあと絶叫する姿が描かれているが、この本を読むとそれがつくられたものであることがわかる。淡々と描かれた特攻隊員の姿は涙をさそう。ここには歴史の真実がある。

出版ダイジェスト:2003年8月
テーマ『テロ、イラク戦争、有事法制…平和への道につなげたい』より

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.5

評価内訳

2007/11/28 04:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/15 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/08 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/14 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/12 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/15 07:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/20 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/19 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/05 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/15 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/29 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/15 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/07 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/23 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。