サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2001/05/20
  • 出版社: あかね書房
  • サイズ:21cm/121p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-251-04138-0

紙の本

走れ!飛べ!小てんぐ三郎 (あかね・新読み物シリーズ)

著者 広瀬 寿子 (作),久住 卓也 (絵)

夏休みに宏平と修は、てんぐを調べに長野の戸隠山に行く。そこで出会った小てんぐ三郎の正体とは…。ハラハラ、ドキドキする、少年たちの夏休みの不思議な体験を描く。【「TRC M...

もっと見る

走れ!飛べ!小てんぐ三郎 (あかね・新読み物シリーズ)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あかね・新読み物シリーズ 第1期 10巻セット

  • 税込価格:12,210111pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏休みに宏平と修は、てんぐを調べに長野の戸隠山に行く。そこで出会った小てんぐ三郎の正体とは…。ハラハラ、ドキドキする、少年たちの夏休みの不思議な体験を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

夏休みに、宏平と修は、てんぐを調べに長野の戸隠山へ行った。そこで、「おれは飯綱三郎だ」と名のる不思議な少年に出会った。【商品解説】

著者紹介

広瀬 寿子

略歴
〈広瀬〉神奈川生まれ。日本児童文芸家協会理事。79年「小さなジュンのすてきな友だち」で児童文芸新人賞受賞。作品に「アメリカからの転校生」「サムライでござる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

修がてんぐにさらわれた!ひいおばあさんと一緒に助けに行った宏平は、修を救うことができるのか!!

2001/07/09 19:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:作務 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小学4年生の宏平と修は、幼稚園の頃からの仲良し。去年の夏休み「毎年、夏休みにはかならず会おう」と約束して長野へ引っ越した修から、てんぐのミイラの写真と詫び証文がFAXで送られてきた。
 戸隠の旅館だった古い家に一人で住む、修の95歳になるひいおばあさんの所に泊まったてんぐのことを調べ始めた二人は、不思議な少年と出会う。そのこは「飯綱三郎」と名乗ったがいったい何者なのか。
 ひいおばあさんの家の奥にある、開けてはいけないと言われた納戸の中で二人が見たものは・・・・・。
 ちょっとドキドキしながら楽しく読めるお話です。ちょっとびっくりの展開ですが、この本を読んだ後に、戸隠神社の大きな杉並木の参道を歩いたら、「てんぐって本当にいたかもしれない」って思うかもしれませんよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/05 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。