サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 批評の誕生/批評の死

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

批評の誕生/批評の死

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-210475-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

批評の誕生/批評の死

著者 井口 時男 (著)

批評する「私」とは誰か? 批評する行為とは何か? 小林秀雄、花田清輝、吉本隆明、江藤淳、柄谷行人等、日本を代表する9人の批評家たちの精神の列伝。『群像』誌上連載「批評の言...

もっと見る

批評の誕生/批評の死

3,240(税込)

ポイント :30pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

批評の誕生 批評の死

2,592(税込)

批評の誕生 批評の死

ポイント :24pt / 紙の本より648おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

批評する「私」とは誰か? 批評する行為とは何か? 小林秀雄、花田清輝、吉本隆明、江藤淳、柄谷行人等、日本を代表する9人の批評家たちの精神の列伝。『群像』誌上連載「批評の言説/言説の批評」をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井口 時男

略歴
〈井口時男〉1953年新潟生まれ。東京工業大学教授。著書に「物語論/破局論」「悪文の初志」「柳田国男と近代文学」「文学を科学する」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

前半:今年上半期の文芸批評界最大の収穫である本書は、小林秀雄から柄谷行人までの批評家の核心に鋭く迫る

2001/07/27 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤崎康 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2001年度上半期の批評ジャンルにおける最大の収穫の一つといえる本書で、著者の井口時男は、小林秀雄から蓮實重彦、柄谷行人にいたる九人の文芸批評家を個別に論じながら、同時に、「文芸批評」とは何かという根本的な問いに全力で答えようとしている。けっしてヴァニティ=知的虚栄心の罠に陥ることなく、「知的権威に寄りかかったジャーゴン(隠語)」に淫することなく、真正面から鋭角的に対象に斬りこんでいく井口の筆法は、見事である。ひとことで言えば、複雑微妙なことがらを図式的に単純化することなく、なおかつ明快に解き明かそうとする姿勢が、本書の魅力となっているのだ。

 井口はまず、序章「(文芸)批評という言説」で、彼の“批評原論”を鮮やかに打ちだす。…批評とは価値判断にかかわる言説であり、つまり物事の良し悪しをいうことである。そして批評の二つの主流を形成しているのは、美なるものにかかわる趣味判断と、善なるものにかかわる人生(人性)批評である。しかしまた、批評はその「正しさ」を問われ、したがって、判断の正当性を擁護するための「理論」をもたざるをえなくなる。万人共通の物差(本当はそんなものはないのだが)があるかのように、言葉を発する戦略もしばしば要請される…。

 これらの根本的な問いをめぐって、本書の各論も展開されることになる。たとえば小林秀雄について、井口はこう言う。…他者によって組織された言葉の秩序を受け容れることで「私」はいったん死なねばならない。解析に解析を重ねる「私の騒然たる夢」はいったん沈黙しなければならない。やがて、ひとたび死んだ「私」が新たによみがえり、「私の心が私の言葉を語り始める」。そのとき彼ははじめて、「私は」と書き出すことができる。

 むろん井口は、ここで小林に言及しつつ、こうした「私」の思考・感性をフル活動させるためには、批評(家)はいったん、「私」の仮死という儀式をくぐらなければならない、と言っているのだが、興味ぶかいのは、井口がまた、そうした批評の様態において、蓮實重彦が意外なほど小林秀雄に似ている、と指摘している点だ。(もっとも井口は、二人の違いにも触れている。ちなみに井口も言うように蓮實の第一評論集のタイトルは、『批評あるいは仮死の祭典』であった。)つまり、作品の「美」に打ちのめされ、いったんは沈黙を強いられた言葉が批評として蘇生するというあり方において、蓮實は、小林に酷似しているというわけだ。 (bk1ブックナビゲーター:藤崎康/現代文化論・映画批評 2001.07.28)

  〜 書評後編へ続く 〜

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

文学論 ランキング

文学論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む