サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

丘の家のミッキー 1 お嬢さまはつらいよの巻(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/312p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-08-614871-4
文庫

紙の本

丘の家のミッキー 1 お嬢さまはつらいよの巻 (コバルト文庫)

著者 久美 沙織 (著)

丘の家のミッキー 1 お嬢さまはつらいよの巻 (コバルト文庫)

税込 607 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

コバルトを読み始めて約20年、なんでこれを読んでなかったんでしょう!?っつーか再文庫化万歳!!

2003/07/07 23:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:天鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢中になって読んだ少女小説。

あのころは図書館にコバルト文庫はほとんどなくて
おこづかいなんてほんのちょっとしかなかった私たちは
それぞれ贔屓の作家さんの作品を少しずつ集め
放課後に回し読みをしたものでした。

そして今思う、なぜあのころ読まなかったんだろうと。
私の不幸は、当時、久美沙織作品を集めている友だちがいなかったということだ。
そう言う私の担当は、藤本ひとみ作品と唯川恵作品だったしなあ。

真性お嬢様だけが集う学園で、生粋のお嬢様として過ごしてきた主人公の未来。
引っ越ししたら校則のせいで泣く泣く転校せざるをえなかった彼女は、初めて知る「外の世界」に驚きながらも持ち前の素直さで徐々にとけ込んでいく。
単純に言ったらそういう作品なんだけれど、何事も一所懸命に考え、自分なりに行動し、でもニブチンな未来は本当にかわいい。

ああ、これを十代のころに読んでいたらもっと違う感想があったはず。
「うんうん、そうだよね」とか「なんて鈍いの、はやく気づけよっ!」とか「共感」っていうぎゅっとした気持ちが抱けたはずなんだ。

今読むとなんだか懐かしく、またせつない。
あとがきにある「国電…JRのことを当時はこう言っていた」という註さえ懐かしいんだよ。

最後にもうひとつ悔しかったこと告白。
あのころこの物語を読んでいたら、大学時代に誘われたけどバイトが忙しくて行かなかったヨット教室のボランティア、ぜ〜ったいに行ってたな。

カタテマ読書管理人

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少女小説といえば!

2002/02/24 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近小さなことにまでドキドキすること、ありますか?
 この小説は、久美さんの昔の作品の再度文庫化作品。それでも今読んでも面白い。だって、やっぱり分かるんだ。この話の面白さが今でも。

 主人公の女の子浅葉未来は、真性お嬢様。とても有名な私立の華雅学園でずっと過ごしていたのに、突然中3にて転校に。そこには今まででは考えられないような行動をする女の人が一杯いて、未来は驚きまくり。だけれど天然で真性お嬢様はとても強い。純で、ちょっと夢見たり、現実をあんまり知らなさそうな子だけれど、未来には未来なりのしっかりした考えがあるのです。
 スポーツ万能、いつも元気一杯で、現実的でしっかりしてるうららに、そんなうららを猛烈に好いてる女の子杉丸。女子高育ちの未来も結構女の人が好きなので、杉丸とはいきなり息があってるけれど、当然男の方がでてきます。うららの兄朱海くん。彼は、この辺りでは有名な容姿端麗、温厚、性格もよく、趣味はヨットに、バイクも乗る。あげく家は香道をやっていてその家元予定。未来の引っ越した家にボートハウスが着いていたことから、ヨットをやりたい彼らと出会い…。

 もちろん全ては一筋縄ではいきません。お嬢様はお嬢様。優雅を愛し、おっとりしている未来の新しい森戸南女学館での生活は今始まったばかりなのだから。
 小さなことにもどきどきする気持ちを全部引っ張り出して読むことをオススメします。少女小説好きや、そんな展開、話が好きな人、好きだった人には嬉しい作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/23 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/24 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/19 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/11 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/18 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/15 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/30 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/30 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/06 02:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。