サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ヒカルの碁 12 (ジャンプ・コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒカルの碁 12 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/05/01
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: ジャンプコミックス
  • サイズ:18cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-873110-0
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ヒカルの碁 12 新初段シリーズ (ジャンプ・コミックス)

著者 ほった ゆみ (原作),小畑 健 (漫画),梅沢 由香里 (監修)

ヒカルの碁 12 新初段シリーズ (ジャンプ・コミックス)

421(税込)

ヒカルの碁 12

400 (税込)

ヒカルの碁 12

ポイント :3pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ヒカルの碁 12 (ジャンプ・コミックス)」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

プロ初戦

2017/06/01 10:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒカルのプロ篇スタート。最初の舞台は、デビュー前の新人とトップ棋士とが対局する新初段シリーズ。塔矢名人のご指名を受けヒカル。塔矢名人と打ちたい佐為の我儘にハンデを付けて打つことにしたヒカル。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

十五目のハンデを自らに課して打つ佐為…

2004/08/20 14:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タララン - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビュー前の新人とプロ棋士との対局、「新初段シリーズ」で、
塔矢名人がその対戦相手にヒカルを指名。
塔矢名人と戦えると、はりきるヒカルだったが、塔矢名人との
対局を熱心に希望する佐為に、代わりに打たせてやる事に。
しかし、佐為に打たせれば、きっと塔矢名人に勝ってしまい、
自分が注目の的になってしまう、また佐為の影を背負ってしまうと、
悩むヒカル、しかし、佐為にあらかじめ十五目のハンデを背負わせて、
塔矢名人と対局させる事を思いつく。佐為もその条件を受け入れ、
ついに塔矢名人と佐為の対局が実現する。自分が滅びるか、
塔矢名人が滅びるかという戦いに挑む佐為…
そして、父を相手に、ヒカルがどんな戦いを見せてくれるのかと、
固唾を飲んで二人の対局を見守るアキラ。
ヒカルは優しいですね。それにしても、ヒカルの中に潜む、
歴戦の古豪のような佐為の気迫に気づく塔矢名人、
やはりただ者ではありません。また、こんないちかばちかの厳しい戦いに
挑む佐為の気迫もすごいです。まさに棋聖の意地を感じさせます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久々の会心巻

2002/05/13 21:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:茶羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒカルの碁、毎回毎回楽しく読み進めて来ました。文句ない出来です。その中で今回は特別です。最高に面白い巻です。ここまで行き着くのに何巻かは「もうちょっと何にとかしてよ」って思う巻もありました。ところが、今回は「えっ、いいの、こんなに一気に突っ走っていいの」って作者を心配したくらいです。
ヒカルはプロになりました。そして、塔矢アキラの父である塔矢行洋と対戦することになるのです。普通にやったら負けるでしょう。プロの世界ってそんなもんです。が、佐為がヒカルに頼み込み自分が打ちたいというのです。久々の佐為です。今まで佐為の登場が少なくて寂しいって思っていた貴方。今回は堪能できます。これこそ『ヒカルの碁』って大満足です。
次に閑話休題ってことじゃないでしょうがヒカルが佐為とともに碁のイベントに出かけます。そこで、人を騙して金儲けをしようとしていたプロ棋士と出会い、佐為とともにそいつをやっつけるっていう筋もあります。痛快です。
本当に今回は最高作ではないでしょうか?って次は今回以上の作品が出てきそうで…。いつもそんな期待を持たせるヒカルの碁です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

囲碁用具販売会の話もおもしろい

2002/04/06 23:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せいじろうず - この投稿者のレビュー一覧を見る

 囲碁界の大ボス塔矢名人と、ヒカルがいきなりの対決。というのが本筋のお話ですが、サイドストーリーの囲碁用具直売会もおもしろかったです。ヒカルの碁を読んで、僕も囲碁用具をちょっと探しに行ったりしたんですがあまり見つかりませんでした。折畳みのマグネット碁盤ならどこにでも売ってるんですけれど。囲碁盤は買い替え需要の少なそうな商品ですが、もうちょっと簡単に手に入ってもいいんじゃないかと思ったりも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いよいよプロ入り♪

2001/09/02 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いよいよヒカルがプロとなり、新初段シリーズで何と塔矢名人との対局が決定。ライバルのアキラに今の自分の力をみせてやるーと意気込むヒカルに以前から塔矢名人と対局したいと切望していた佐為が自分に打たせてくださいと言い出して…。対局後の名人の言葉が次を期待させてくれる。
 また、派手さは無いものの今回初めてアキラが他人にヒカルとの出会いから現在までを語る姿があり、二人のライバル関係が浮き彫りになった感がある。そして今まで名前しか出てこなかった倉田六段が初登場♪
 また応募総数12794のキャラ俳句の優秀作品も掲載。かなり充実した内容で面白い巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新初段シリーズ

2001/05/02 21:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 遂にヒカルが、歴戦の猛者達がひしめくプロの道を歩み出した。最初の舞台、デビュー前の新人とトップ棋士とが対局する新初段シリーズ。アキラの父・塔矢行洋名人が、その対極相手にヒカルを指名してくるが…!?

 アニメ化も決まってますます注目されるだろう作品です。囲碁のことを全く興味もなしに読み始めましたが、どっぷりはまってしまいました。

 ぜひオススメです!!世代を超えて読める作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

プロへの一歩。

2001/06/02 23:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:叉葉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヒカルは無事プロ試験に合格しプロの道へと進みだした。そしてデビュー前の新人とトップ棋士とが対局する初段シリーズで塔矢行洋名人と対局することになる。佐為はそんな光のある道へ進むヒカルを見て、自分の存在について考え出す。自分はなんの為にヒカルのそばにいるのか…。前の2、3巻はヒカルがメインだったが、少し佐為が目立った巻になってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2015/08/31 20:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメで見てマンガも気になって読みはじめました。このマンガを読んで囲碁を始めた子供たちが何人いることでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新初段シリーズ

2017/06/12 18:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶望詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻で、ヒカルと塔矢行洋のハンデ戦が行われる。
ヒカルは、今の自分の実力を試そうとするのだが…。
ちなみに、倉田も登場する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/13 20:15

投稿元:ブクログ

遂にヒカルが、歴戦の猛者達がひしめくプロの道を歩みだした。最初の舞台は、デビュー前の新人とトップ棋士とが対局する新初段シリーズ。アキラの父・塔矢行洋名人が、その対局相手にヒカルを指名してくるが……!?

2006/11/03 23:15

投稿元:ブクログ

ヒカルの碁。とってもいいです。
話がとっても面白くて、ヒカルの成長がすごくよくかかれてて、尊敬できる人だと思います。
話は、小6のヒカルは、おじいちゃんの蔵で売れそうなものは無いかと物を探していたとき、ひとつの碁盤に目をつける。その碁盤に染みがついていたと思ったら、佐為という幽霊が現れて…

2008/04/28 16:32

投稿元:ブクログ

今まで漫画に取り上げられなかった分野というだけでも画期的だけれども、碁のルールが分からない読者をも魅了するその構成がさらに凄い(碁がまったく一般的ではないタイでも、タイ語のヒカ碁は大人気です)。ちなみに僕が一番好きなシーンは、「くらいついて来るしかねェな」という森下九段の言葉に、ヒカルがぐっと扇子を握り締める部分(20巻)。

小畑健の画の一番の力は「眩しさ」の表現の仕方だと思いつつ、実はヒカルたちの成長こそが眩しいです。そうそう、数年前にとあるきっかけでお会いした監修の梅沢由香里さんは、絵に描いたような素敵な女性でした〜。

2017/02/26 12:17

投稿元:ブクログ

ヒカルが碁に真剣になればなるほど佐為が碁を打つ機会がどんどん失われていくというのは切ないね‥。
でもヒカル自身が力をつけていきたいと思うことってとても大事だし尊重したいとも思ってるのにね。切ないねぇ

2013/04/14 21:51

投稿元:ブクログ

新初段シリーズの前後でヒカルと佐為の関係がギクシャクとしてて胃が痛い…!
佐為に打たせてあげたり、イベントに連れてってあげるヒカルは優しいと私思うんです。
御器曽プロやインチキ碁盤屋に一泡吹かせる話、面白かった(笑)

2015/03/31 19:46

投稿元:ブクログ

やっぱり佐為って表情とか感情が豊かで楽しいなー!なんかいきなり頭身が変わったり、急にビックリするような二枚目になったり・・・好きだー!新キャラの倉田六段!見てて気持ちいい!

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む