サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 政治・行政の通販
  5. 日本評論社の通販
  6. 豊島産業廃棄物不法投棄事件 巨大な壁に挑んだ二五年のたたかいの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:20cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-58305-6
専門書

紙の本

豊島産業廃棄物不法投棄事件 巨大な壁に挑んだ二五年のたたかい

著者 大川 真郎 (著)

わが国最大規模の不法投棄事件といわれる豊島産業廃棄物不法投棄事件。不法投棄に手を貸し、停止したのちの廃棄物の撤去を拒否した香川県当局と1400人の住民との25年に渡る長き...

もっと見る

豊島産業廃棄物不法投棄事件 巨大な壁に挑んだ二五年のたたかい

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

わが国最大規模の不法投棄事件といわれる豊島産業廃棄物不法投棄事件。不法投棄に手を貸し、停止したのちの廃棄物の撤去を拒否した香川県当局と1400人の住民との25年に渡る長きたたかいを克明に綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大川 真郎

略歴
〈大川真郎〉1941年和歌山県生まれ。64年東京大学法学部卒業。91年大阪弁護士会副会長就任。93年から2000年公害調停成立まで、豊島産業廃棄物不法投棄事件の豊島住民弁護団副団長として活躍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2001/08/05朝刊

2001/08/10 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 瀬戸内海に浮かぶ豊かな島と書いて豊島(てしま)。同島に約五十万トンの産業廃棄物が長年にわたって不法投棄された事件に挑んだ島の住民たちと、それを支えた弁護団の闘いの記録だ。
 同事件は、昨年六月に地元香川県との間で廃棄物撤去の最終調停が成立して決着した。住民にとって二十五年にわたる筋を貫いた運動の成果である。一口に二十五年と言うのは簡単だが、日常生活に突如として持ち込まれた不条理を取り除く当たり前のことに、これほどの時間を要するのは、国の仕組みに構造的な欠陥が内包しているのではと思わずにいられない。
 弁護団は、旧住宅金融専門会社(住専)の不良債権処理に徹して、国民的に人気を博した元日本弁護士連合会会長の中坊公平氏を団長とし、さらに同事件が豊島だけの問題ではなく、瀬戸内全体の環境のあり方にかかわるという視点から、瀬戸内の各府県の弁護士を集めた「瀬戸内弁護団」を編成した。著者は副団長として積極的に住民と弁護団の橋渡し役を担ってきた。
 身近に住民たちと接してきた著者は、運動の成功について、「何よりも強い郷土愛、次世代への思いやりから出発した、他者のための運動であった」と書いている。長年の苦しみを味わう中で住民たちは、はびこる経済至上主義、他人や社会のことよりも自己利益優先といった現代社会の歪(ゆが)みを超越して、ヤマを動かした。豊島の潮の香りと住民たちの汗の輝きが伝わってくる思いだ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/02 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。