サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【宅本便】ブックオフキャンペーン2019年 4/9-5/8(期間延長)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バルタザールの遍歴(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 79件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/06/08
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-764702-8
文庫

紙の本

バルタザールの遍歴 (文春文庫)

著者 佐藤 亜紀 (著)

【日本ファンタジーノベル大賞(第3回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

バルタザールの遍歴 (文春文庫)

税込 679 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー79件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

落日の音。或いは甘い香り

2001/07/16 03:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきら - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読むことが酩酊することでもあるとは、なんて心地いいのだろう。火酒に溺れるような快感を感じつつ、一気に読んでしまった。真昼の明るい部屋で、酔ったように。止められなかった。没落貴族の出自、血統の秘密、絵を描く美貌の従姉妹、近親相姦、仮面舞踏会、ナチの拷問、砂漠への置き去り、決闘…と目が離せない。
 それにしても主人公たちのことをなんと形容したらいいのだろう。彼等は自分たちのことを、バルタザールとメルヒオールと呼び交わす。でも、「物質的な」身体は一つ。ナチス台頭期のウィーンを逃れ、パリ、チューリヒからバーゼル、バーゼルからミュルーズ、ミュルーズからディジョン経由でマルセイユ、そして海路でチュニスから海岸を南下し、美しいオアシス都市ジャナダン島へ。共和制への移行期の貴族の、「傷口から溢れ出る朱色の鮮血に似た夕闇のなかに、歪んだ鏡に映して引き伸ばしたような」太陽の下、船と酒に揺られる終わりなき転落と酩酊の旅。それは、死が二人を分かつまで。
 「私は左手でグラスを、バルタザールは右手でエンピツを持ち、私は過去を出来るだけ遠ざけにかかり、バルタザールは手元に引き寄せて検分し、書き付けた。……この人物の中で極限に至る明晰さと人間に可能な限りの酔眼朦朧が依存しているなどと、誰に想像できただろう。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジーってつまりは「教養の遍歴」なのだ・・・

2001/08/28 14:19

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山田登世子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 たとえばプルーストのようにクラシックかつ耽美的なフランス小説と、いわゆる今どきのファンタジーノベルと仲が良いだろうか? 「断じて!」と思っていた。そんなわたしの偏見をみごと破ったのが佐藤亜紀のこの作品。知ってはいたものの、このジャンルの書き手にどれほどの「教養」が要るか、痛感させられた。
 だいいち、舞台設定がいい。1910年代から1930年代にかけてのウィーン、ヴィスコンティの『地獄に堕ちた勇者たち』を思わせるような、あやしく堕ちてゆく貴族階級と、おぞましきナチス。胸苦しいタンゴの狂騒が聞こえてきそう。そんなウィーンからパリ、それから一転して北アフリカと、元祖SF『80日間世界一周』本歌取りの手際の良さ。きわめつけはラストシーンの豪華客船だろう。舞台はここで一挙にアメリカにジャンプ、1910から30年代にかけてのこの時代がハリウッドと豪華客船の時代でもあったことをハタと思い出す。
 ファンタジーってつまりは「教養の遍歴」なのだ-----そう思わせる佐藤亜紀の力量、ほんとにすごい。(山田登世子/フランス文学者)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/20 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/03 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/18 02:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/02 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/26 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/20 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/22 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/08 05:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/06 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/04 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/15 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/09 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/15 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。