サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/431p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-011357-2
文庫

紙の本

ノービットの冒険 ゆきて帰りし物語 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 パット・マーフィー (著),浅倉 久志 (訳)

【星雲賞海外長編部門(第33回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

ノービットの冒険 ゆきて帰りし物語 (ハヤカワ文庫 SF)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファンタジー風SF

2001/08/25 18:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:二十三 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SFなんだけれどもなんかファンタジー風味がすると思ったら、トールキンの名作「ホビットの冒険」SF版であった。とは言っても別にホビットを読んでおく必要はない。けれどもあとでホビットを読むと、おおっ、ここはおんなじとか、楽しみは倍増する。主人公のノービットは決して冒険者ではないのだけれど、なぜか冒険にでてしまうという、引っ込み思案のお宅族にとって最高のシチュエーションではないかと思う。けっこうハラハラドキドキしましたね。トールキンファン(そういう人たちがいるのかどうか知りませんが)も納得するであろう一作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マックス・メリウェルさん、もっと作品を書いてください!

2005/05/07 22:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

トールキンの名作「指輪物語」の別バージョン「ホビットの冒険」
(前編とは言いたくない)のSF版です。
三部作としてシリーズになった1作目です。

この作品は物語の出だしから謎に満ちています。
書いた覚えの無いメモ、曾祖母の記憶、超古代文明の遺物、、、
分けのわからないままベイリーは冒険に巻き込まれていきます。
はたして、ベイリーは冒険の旅を全うし懐かしの我が家に帰れるのでしょうか?

内部にマックス・メリウェル著とある通り、マーフィー女史とは別人が書いています。
なんてことは無く変名で書いているんですね(笑
(詳しく経緯を知りたい方は彼女のインタビューがネット上に発表されています。英語ですけど、、、)
ですから、彼女の他の作品と違って正統派のスペースオペラになってます。
(この辺も「指輪物語」と「ホビットの冒険」の関係を暗示しているように感じます)
この作品はスミス氏やハミルトン氏を読み慣れた人はサクサク読めます。
近作なので科学的考証はしっかりしてますが、、、

この作品は面白かったのですが個人的にはマーフィー女史の他の作品はちょっと、、、
「落ちゆく女」なんかは、登場人物にあまりにえこひいき過ぎるような感じがしたことや、
あまりに淡々とストーリーが進みSF?ホラー?、、、
どちらかと言うと純文学の感じもして読むのがしんどかったです。(面白かったけど)
個人的にはメリウェル女史の作風が好みなんですが、続きは翻訳されていません。
読みたいんですけど、、、(笑

「ホビットの冒険」を本歌にしているのでファンタジー好きも大丈夫です。
ましてや、マーフィー女史まで出演されているんですよ。
重要な役ですが最後に名前が出ます(笑

SF好きは設定や登場人物、小道具、大道具に至るまで楽しめますし、
ファンタジー好きは「ホビットの冒険」のキャラクターを思い浮かべて楽しめます。
キャロル(不思議の国のアリスの作者)の「スナーク狩り」が効果的に引用されています。
つまり、言葉遊び、物語遊び、パラドックスなんかも楽しめるのです。
ディック氏やティプトリー女史を訳している浅倉久史氏の妙訳も楽しめます。
一粒で二度も三度も美味しい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

銀河を巡る大冒険

2002/02/28 04:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 トールキンの『ホビットの冒険』をモチーフにしたスペースオペラです……と最初から書いてしまうと、「この作品は影です」と宣言してしまっているようで可哀想ですね。

 ま、とにかく、わたしは『ホビットの冒険』の熱心な読者でしたので、少々斜に構えて読み始めてしまいました。こういう作りの作品には、変に媚びていたり不自然になっていたりして、いただけないものもありますから。

 ところがどうして、なんとまあこれはストレートでユーモラスなスペースオペラではないですか。銀河のあちこちで見つかる〈超古代族〉の謎の遺物。それらが指し示す彼方の宝。なんとおなじみのモチーフ。楽しい冒険が始まります。SF者なら、何度でもいくつでも読みたいお話ですね。『ホビットの冒険』を知っている人もそうでない人も、肩肘張らずに楽しめる作品になっているのではないでしょうか。

 とはいえやはり、この作品は『ホビットの冒険』をベースにした作品であるわけで、かの作品を知っている人とそうでない人では、やはり異なる読み方をすることになるでしょう。わたしの場合、たまたま直前に読み返したばかりでプロットが頭に入っていたこともあって、「来るぞ来るぞ……来た〜!」と云う楽しみを存分に味わうことができました。『ホビットの冒険』を未読の人は、本書を読み終わったら、ぜひそちらもも読んでみてください。

 愉快なスペースオペラを読みたい人にお勧めです。特にSFを受けつける体質のトールキンファンの人は絶対に読みましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SFらしいSF

2002/02/12 13:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書「ノービットの冒険」は、あとがきや様々な書評において、今年日本でも映画が公開されるJ・R・R・トールキンの「指輪物語」、そしてその前編となる「ホビット」と対比され、いろいろな評価を受けている。
 確かに本書は「ホビット」をモチーフにしているが、それはトールキンへのオマージュにすぎないだろう。あくまで本書は確固としたSF作品であり、そういった面に於いても十分なおもしろさを持つ作品である。

 物語中に出てくる様々なSF的ガジェット、先が予測できず常にセンス・オブ・ワンダーに満ちあふれた宇宙活劇、未知の生物、そしてそれとの遭遇。これは正にSFの王道的作品であり、決して偉大なる先人「ホビット」のパロディというだけではないのだ。

 しかしながら一方、モチーフとなった作品をすんなりと違和感無くSF世界にはめ込み、嫌み無く読ませる筆者の能力は素晴らしいだろう。更にこの本を浅倉氏の名訳で読める我々日本人は幸せなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/10 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/20 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/09 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/22 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/05 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/10 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/10 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。