サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ST警視庁科学特捜班

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ST警視庁科学特捜班(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 98件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/366p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273206-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ST警視庁科学特捜班 (講談社文庫)

著者 今野 敏 (著)

〔「ST」(1998年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

ST警視庁科学特捜班 (講談社文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー98件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

あまり考えずに楽しもう!

2012/01/13 14:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新しい試みとして設置された警視庁科学特捜班。構成員は科捜研のツワモノである5人の超優秀な科学者たちと、チームをとりまとめるキャップこと百合根友久警部。その超優秀な科学者たちとは一体どういったメンバーかというと…まず、1リーダーで法医学担当の赤城左門。掘りが深い顔立ちに無精ひげを蓄えたセクシーな一匹狼。ただし、極度の女性恐怖症(ほっといても女性が寄ってくる人物なのに、勿体ない)。次に、2古式武道の達人で第一化学担当の黒崎勇治。化学事故やガス事故が専門。嗅覚が異常に発達している。3犯罪心理学者の青山翔。プロファイリングや文書鑑定が専門。男でも思わず見とれてしまうほどの美青年。秩序恐怖症で整理整頓された部屋が落ち着かない。4セクシーなボディをセクシーな洋服に包んで登場する結城翠(女性)。物理担当。30メートル先の話声でも聞き取るという聴覚と絶対音感の持ち主。音声解析能力は秀逸。閉所恐怖症。5曹洞宗の僧侶にして薬物担当の山吹才蔵。専門は薬物。殺人現場では被害者に読経をあげる。

事件の発端は東京の中野区起こった残虐な殺人事件。この事件の捜査にあたってSTが召集される。そして第一の事件の後にまた中野区で殺人事件が起こる。事件の共通点は外国人女性が被害者ということと、中野区で発生したということ、そして被害者が性的暴行を受けていたということ。しかしその殺害方法は全く異なる。これはマフィアの報復かそれとも連続殺人か、いや、単なる模倣犯なのか。捜査がなかなか進展しない中、STメンバーはそれぞれの能力を生かし、事件を解決に導いていく。



優秀すぎるメンバーを集めた超優秀集団が警視庁科学特捜班。ただし、出る杭は打たれるというように、優秀すぎるということは時に周囲になじめないということでもある。もちろん個人差はあるが、少なくともここにいる5人の科学者たちは優秀だけれどもどこか周囲から浮いていて、それでいて浮いていることなど全くもって意に介さず。現場の刑事たちとうまくやろうという気などさらさらない。

一方、現場の刑事といえば「科学者に何がわかる。事件は足を棒にして解決するもんだ」というのがほとんど。彼らはSTなんて信用しない。自分たちのやり方こそ捜査の王道だと信じている。事件への取り組み方が正反対のたたき上げの刑事と、STメンバーの間にはもちろん溝ができる。しかしSTメンバーはそんなことを意に介さず、ますます刑事の反感を煽ることになる。

そこで登場するのがSTのキャップである百合根友久警部だ。30歳の若さで警部になったキャリア組。科学者でもなければ、地を這って調べるというような泥臭い刑事経験も皆無。それでもって人が自分のことをどう思っているかが常に気になる小心者。コミュニケーション能力があり、刑事とSTメンバーの潤滑油になるべく日々、頭を悩ませ、ついでに胃を悩ませている。

5人の個性的なメンバーが発する個性的な言動はユニークで思わず噴き出してしまう。それに加えて、刑事の捜査とSTの事件へのアプローチ方法との対比、確執や掛け合いもなかなか面白い。しかし、一番の読みどころはSTの事件へのアプローチだろう。事実や理論、データに基づく分析、そのすべてが説得力があり、捜査初心者のSTのお世話係に任命された現場の刑事をもうならせる。

このSTはシリーズ化されているので、他の作品もこれから是非是非読みたいと思うけれど、一度読んだシリーズ作品をもう一度読み返したい、とは思わない。科学者らしく真実の追究を核にした作品なので、何度読んでも同じ感想と同じ印象しか持たないだろうことが目に見えている。ただ、読み物としては読みごたえがある。あまり考えたくない時などの気楽な読み物としてどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな特捜班がいたら…

2002/07/08 16:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恐ろしいほど個性的な、一種の才に恵まれているからこそどこか普通とは違う部分を多くもつ5人の人間が、特捜班のメンバーとして活躍する話だ。5人の能力にわくわくし、どうその力が発揮されるのかを楽しみにしているうちに、あっという間に1冊読めてしまう。
 たまにはこんな一風代わった、個性派ぞろいの事件ものも読んで見るのもいいのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

個性のかたまりのような科学特捜班メンバーの活躍

2002/07/05 23:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 女性恐怖症の一匹狼・赤城左門、武道の達人のサムライ・黒崎勇治、僕、帰っていい? がくちぐせの青山翔、異常に聴覚が発達したお色気美女・結城翠、そして、曹洞宗の僧籍を持ち、現場で経を上げる山吹才蔵。
 法医学、科学、文書鑑定など専門分野で他の追随をゆるさない特殊な才能を持つメンバーばかりの「科学特捜班」の面々が、猟奇殺人事件の謎を解き、真相に迫るシリーズの第一弾。


 一癖も二癖もある…というより、個性のかたまりのような顔ぶれの5人が、好き勝手にふるまうので、彼らを機嫌いする刑事などもおり、捜査現場ではさまざまな軋轢がおこるし、捜査も一筋縄では行きません。

 5人か〜、赤城に黒崎に青山? 翠に山吹…おお、これはゴレンジャーのような…と思ったら最後の「解説」で西上心太さんも、その点に触れておられて、納得。
 この特殊な才能を持つ科学特捜班のメンバーの活躍を、あなたもぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/07 17:59

投稿元:ブクログ

多様化する現代犯罪に対応するため新設された警視庁科学特捜班、略称ST。繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と断定したが、STの青山は一人これに異を唱える。プロファイリングで浮かび上がった犯人像の矛盾、追い詰められた犯罪者の取った行動とは。痛快無比エンタテインメントの真骨頂。 (「BOOK」データベースより)

これは今までになかったタイプの小説でした。
実際にはあり得ない設定、特にキャラクターはほとんどSFの世界(笑)。
でもなんとも魅力的なSTの面々。
古い体制の反発にあいながらも、事件解決に奔走するSTをまとめる百合根警部の線が細すぎで少し心配、がんばれ~♪

2005/08/04 01:13

投稿元:ブクログ

フツウじゃない能力とフツウじゃない性格を持つメンバーで犯罪を捜査していくお話。テンポが良くて面白いです。

2007/05/17 09:28

投稿元:ブクログ

『科学特捜班』って言うタイトルにやられて購入。
ドラマCSIシリーズにどっぷりの私に、
相方さまが、『好きそうな本を見つけてきたね』っと・・一言(笑

プロフェッショナルな5人と、普通(なのかな?)のキャップが、事件の核心に迫る♪
今回は、美少年青山くんが大活躍してましたが、
他の4人の大活躍にも期待が・・・ワクワク。

2014/01/24 19:28

投稿元:ブクログ

どこら辺が科学特捜なのかさっぱり分からなかった。心理特捜か、っての。風呂敷広げて期待させて、何だこりゃって感じ。あんだけ人数揃ってて、結局青山の推理(!)と黒崎の武道、名前忘れちゃった人の聴覚しか役に立ってないと思った。シリーズ序の口としても始まっていない。

2008/01/20 20:10

投稿元:ブクログ

ずっと好きな絵描きさんがいちおししていたので読んでみた。表紙だけ見ると社会派だけどぜんぜん違った。とにかくSTの面子のキャラ立ちがすごすぎる。最初はひきましたがなんだかんだで最後まで一気に読めた。

2013/11/20 13:44

投稿元:ブクログ

新設されたST(警視庁科学特捜班)の個性的なメンバーが事件を解決していきます。

現場と科学を繋げる役割として新設されたという設定ですが、どうすればいいかアタフタしてるようなカンジで、試行錯誤してるうちに事件が解決したような。
内容は面白かったんだけど、メンバーの良さもあまり伝わらず…シリーズモノの1作目だからかな。

でも、STのメンバーや指揮する百合根など登場人物が魅力的だし、これからSTがどんな風になっていくのかも気になるので、読んでいこうと思います。

2008/01/23 13:54

投稿元:ブクログ

シリーズの第一作目なので、登場人物の紹介といったかんじ。これからSTたちがどんな活躍をしていくのか気になる。

2007/09/03 10:20

投稿元:ブクログ

特捜班のキャラ達が…!美貌の天然天才男子に、妖艶女子に、無口な武道家に、女嫌いな一匹狼に、僧侶って!!いや、別にラノベ的なキャラ設定がダメってわけじゃないんだけど(むしろ大好物だ)、なんだろう、このあざと過ぎてハマれない感…。普通の社会生活を営んでいく上で、彼らの仕事態度は絶対にあり得ないだろうよ。あ、でもそのあり得ない世界をキャラ小説として楽しむ、ってのならアリだな。大いにアリだな!

2005/12/03 23:57

投稿元:ブクログ

5人戦隊がベースちっくな、科学捜査のエキスパート(変人)特捜班たちと警視庁キャリアの若き司令官役警部。面白いです。

2010/06/15 21:58

投稿元:ブクログ

様々な特殊能力を持った科学捜査官達が事件解決の糸口を開いていく話。

格闘のプロだったり、プロファイリング出来たり、聴覚が凄かったり、それぞれ良いバランスを保ててる登場人物の配置だったですね。ちょっと青山さん(プロファイリングの人)だけ活躍して、他のメンツが紹介程度な気はしましたけど。まぁシリーズ物なので、そこはしょうがない部分もありますね。

何かいつかドラマになりそうな気がします。製作しやすそう。

2009/06/28 20:03

投稿元:ブクログ

キャリア組の警部が能力と個性が強すぎるはみ出しものを率いて、事件を解決に導いていくSTシリーズ第一弾。
百合根さんにキャリアなんだからしっかりして!と言いたくなったのは、ノンキャリア組の僻みだろうか…。

2011/10/27 15:56

投稿元:ブクログ

面白かったです。
今回、電子書籍版を読みました。

シリーズ物みたいですね。色々訳ありそうなメンバーが難事件を解決していくという非常にベタな感じですが、おいら的にはこういうの大好きです(^^)
さあ、どんどん読んで行こう!