サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. Twelve Y.O.

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Twelve Y.O.(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 128件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/402p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273166-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Twelve Y.O. (講談社文庫)

著者 福井 晴敏 (著)

【江戸川乱歩賞(第44回)】〔「トゥエルブY.O.」(1998年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

Twelve Y.O. (講談社文庫)

700(税込)

Twelve Y.O.

594(税込)

Twelve Y.O.

ポイント :5pt / 紙の本より106おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー128件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

次世代への責務とは?

2004/12/13 10:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KOMSA - この投稿者のレビュー一覧を見る

「亡国のイージス」の前段とも言うべき、
壮大なポリティカル・フィクションである。

この作品で福井晴俊が描いたのは、
大国のエゴと、それに付き合い全ての結論を先送りにした
亡国・日本の責任の取り方だ。

アメリカ国防総省を手玉にとるテロリスト「12(トゥエルブ)」の名は
マッカーサーが「日本は12歳の子どもだ」と評した事に由来する。

日本は戦後復興期からその成長を止めた。
アメリカ庇護を得て(アメリカはそう考えているのか?)
自分で答えを導けない政治家と国民に対し、
「12」は私怨を契機として戦いを挑んでいく。

「12」を逆さにすると「21」。
未だに戦争を続けようとしている我々の生きている世紀だ。

生きること、そしてその意味を考えること。
福井は読者の眼前にその真実を突きつける。
それは次世代に引き継ぐべき我々の責務でもあるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんだかんだ言っても「生きたモン勝ち」だよ!

2004/12/02 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンピューターウイルス「アポトーシス2」と謎の兵器「ウルマ」を使い、沖縄からアメリカ海兵隊を撤退させたテロリスト「12」。しかし目的を達成した後もテロは続く。
日本とアメリカから狙われながらも何故テロを止めないのか。
また「BB文書」とは何なのか。
全ての謎が解けたとき、読者はそこに何を見るのだろう。

   自分は何処から来たのだろう。
   何故ここにいるのだろう。
   どうして生きているのだろう。等等
誰でもちらりと考えた事があるのではないでしょうか。
しかし日々の生活の中でこんな事ばかり考えてはいられません。
そんな事をしていたら生きてなんていられない。
でも物語では、自分のルーツが枷となってしまい、それ故そういった事を意識しながら生きる人々が描かれます。
その姿は厳しく、つらく、そして寂しい。
   生きること。
その意味をどこに見出すのか、それはとても難しい問いかけであって、なかなか答えは出せないが、
   死んではいけない。
   まずは生きること。
なのだと、それをこの物語は訴えかけてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

残念…

2015/01/13 01:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トス子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「終戦のローレライ」に魅せられ 福井ファンになったつもりで、「亡国のイージス」「川の深さは」といき まぁ満足感、で次に この作品 う~ん…イマイチかなぁ…
国家の政治や体制批判の類いの 独特の長文が多すぎ。
読む順番変えれば良かったのかな。でも先にこの作品読んでたら 多分「ローレライ」も「亡国」も読んでなかったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2001/07/01朝刊

2001/08/03 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 コンピューターウイルスを駆使し、米国防総省に戦いを挑んだ日本人テロリスト「12(トゥエルブ)」。彼は日米両国の情報機関を巻き込み、沖縄からの米海兵隊撤退を要求する。元米大統領の過去や、秘密裏に開発された化学兵器が絡んだ展開は壮大だ。
 国際的な謀略とともに意地や誇りといった感情の機微も丁寧に描かれる。一九九八年の江戸川乱歩賞受賞作。著者は、続く『亡国のイージス』で大薮春彦賞など三つの賞を獲得し、今、最も注目される冒険小説の書き手だ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/23 15:54

投稿元:ブクログ

『亡国のイージス』を先に呼んでしまったため、
「あ、これってあれ?んでそういうこと??」
って思いが先にたってしまいました。
読む順番失敗しました。

『Twelve Y.O.』このタイトルの意味をしみじみと実感せねばなりません。
親・子。血のつながりだけが親子じゃない。
個人と個人の間柄だけが親子じゃない。
人間にも集団にも国にも『成熟度』があるんですね。
まだまだこれからなのです。

なにげで一番読み応えがあったのは
『解説』の大沢在昌さんの文章という説も(笑)

2004/10/01 09:29

投稿元:ブクログ

最強のコンピュータウィルス「アポトーシス?」を駆使し、在沖米海兵隊を撤退に追いやったテロリスト「12(Twelve)」。彼がたった一人でペンタゴンと自衛隊を敵に回す、その目的、そして「12」とは一体、何者なのか…?。
「自衛隊」はこの国を守ってくれるものなのか、そもそも「自衛隊」の存在の意味とは…を、「12」の孤独な戦いを通して鋭く追及している。
その一方で「誰かに愛されたい」人たちが、人を思うこと、人から思われることの喜びを模索する物語にもなっている。

2004/10/13 13:33

投稿元:ブクログ

生の意義を見失い、
日々をただ過ごしていただけの自衛官募集員・平貫太郎は、
かつての命の恩人・東馬修一に偶然出会ったことから、
想像もつかない日本の地下組織の闇に呑み込まれてゆく。
最強のコンピュータ・ウィルス「アポトーシスII」と
謎の兵器「ウルマ」を使って、
米国防総省を相手にたった1人で脅迫劇を仕掛け続ける
電子テロリスト・トゥエルブとは何者か・・・

ダイスシリーズの2作目で川の〜の続編です
出版としてはこの作品がデビュー作ですね
手に汗握るシーン盛りだくさんです

この作品辺りからテーマを明確にもつようになります
『日本』
米国による戦後GHQ施策にからこの国は再生〜経済大国へ変貌しました
しかし、この国家は成長をしているのでしょうか?
愛国心、自衛隊の存在、米軍のありかた、国家のあるべき姿・・・
その言葉達の本当の意味を問い掛けてます

「12YO」これがテーマの全てです

第44回江戸川乱歩賞受賞作品

2004/11/21 13:28

投稿元:ブクログ

『亡国』では気にならなかったのに、こちらではやけに饒舌な作者の主張が鼻についた。言っていることは『亡国』と変わらないのだが、登場人物の話として昇華されず、作者が前面に見えてしまっている。戦闘シーンなども、やけにごちゃごちゃしていて読み難い。分量的には『亡国』より少ないのに、読み終える時間はこちらの方が長かった気さえする。

2005/12/13 12:34

投稿元:ブクログ

これも「川の深さは」(だっけ?)も「亡国のイージス」も、燻ったオッサン大活劇な具合の展開が相変わらずなんだが、結構好きだったりする。お約束で凄腕の剃刀のような工作員やらスパイやらを交えて、日本の崖っぷち度合いと個々人の切羽詰り具合をシンクロさせながら豪快に展開するストーリー、んで繊細なオッサンハートを絶妙な盛り上げ方で書き綴る、ド定番スタイルが非常に心地よいですよ。安保やら国防問題ももちろん面白いんだが、やっぱりオッサン大活躍にいたる話の流れと踏ん切りつけるまでの葛藤の弄り方が秀逸。

2004/12/21 23:23

投稿元:ブクログ

これは、ノーコメント。正直言うと「亡国のイージス」の方がはるかに良かった、、、だけど、私の気持ちがこもっていなかった。なにしろ「クロスファイア」を手に入れたために、気が焦って読んでしまったのです。さあ、今からクロスファイアを読みます。
2002.9.17

2005/03/25 00:28

投稿元:ブクログ

なかなかに読み応えのある小説。軍事物でもあるので出てくる用語がわかりにくい。でもここまで理解させてイメージさせれるのはこの人の力量なのかなぁ。もうすこし日本とアメリカの軍事、外交などに関し知識と意見を持ち合わせていればより面白かったのかなと思いました。ローレライとかも読んでみたいなぁ

2005/03/07 09:54

投稿元:ブクログ

7年前に、このサイバーテロの話を書いているのはすごいと思うし、展開としても面白いと思う。でも、話の流れが「川の深さは」と同じに思えて仕方ない・・・。読むのはどちらかだけでいいと思う。

2005/02/24 12:13

投稿元:ブクログ

コンピュータウィルスと兵器「ウルマ」、「12」と名乗るテロリスト。キーワードの元、繰り広げられる展開はスピード感が有ります。
このあとに「川の深さ」を読んだら、インパクト的には薄いかな…と思う。読み直さないと。

2005/03/10 12:04

投稿元:ブクログ

 意味のある死を迎える為に生きる。そんな主人公が毎回出てきます。強固な意志と強靭な肉体、ものすごい戦闘能力を兼ね備えた子供と人生に意味を見出せなくなっているオジサン。両者が出会ったらどうなるか…。みたいな流れが福井さんの小説のセオリーみたいです。
 そこまで肩肘を張って、自分の理想の為に生きられるものなんでしょうか、人間って。みんなどっかで諦めたり、長いものに巻かれたり、無関心を装って生きてるのに、熱いです。生き方が。国の体制や腐りきったお役所に、痛みをもって改革を促そうとする行き方がすごいです。私にはまねできない。
 久しぶりに、ドキドキしながら最後まで読み切ってしまいました〜>_<9
 あと、この人主人公格の男の子に一文字の名前をつけるのが好きみたいです。

2005/07/28 06:43

投稿元:ブクログ

沖縄から米国海兵隊を撤退させたサイバーテロリストの物語。
テロリストのとんでもない過去が徐々に明らかにされていって、それなりに面白いのではあるのですが、スパイ小説風の展開は、斜め読みができないというか、どうにも自分にはしっくりきませんでした。
また、ウルマの正体(生い立ち、どうしてそこまで強くなれたのか?)が、結局最後までよくわからなかったのが残念。2005/7/27

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む