サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自由に至る旅 オートバイの魅力・野宿の愉しみ(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-720097-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

自由に至る旅 オートバイの魅力・野宿の愉しみ (集英社新書)

著者 花村 萬月 (著)

自由に至る旅 オートバイの魅力・野宿の愉しみ (集英社新書)

税込 814 7pt

自由に至る旅 ――オートバイの魅力・野宿の愉しみ

税込 737 6pt

自由に至る旅 ――オートバイの魅力・野宿の愉しみ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.8MB 無制限
Android EPUB 10.8MB 無制限
Win EPUB 10.8MB 無制限
Mac EPUB 10.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

暴力臭が全くなくて、え、これって本当に花村萬月?って言いたくなる。おまけにバイクで日本一周するときはどういうルートをとれば景色がいいかも教えたりなんかして

2004/03/27 22:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

花村は1955年生まれ、中学卒業後、全国を放浪したという。芥川賞受賞『ゲルマニウムの夜』は随分話題になったようだし、その後に出版された本の数も芥川賞作家としては多い方だろう。ただし、読んでいる人の姿を見ない、という点では立松和平に似ている(誤解だったらごめん、でも二人の本が図書館の書架にいつまでも綺麗なままに置かれているのを見ると、つい言いたくなるんです、私って正直だから)。

花村が苦手で『ゲルマニウムの夜』の性表現の生臭さと暴力の匂いに辟易して、以来読んでこなかった。そんな作家が、オートバイについて書く。私は免許こそ持っているけれど、完全なペーパー、バイクなど乗ったこともなく、ただプーカプーカ夜の道を走っているガキどもを横目に眺めては、バーカと罵る口である。

嫌いなものが二つも重なっているのに、なぜ手にしたか。着実に出版される花村の本の存在が気になる、自動車自体は嫌いではない、そして立ち読みをしたとき、この本での花村の語り口が、意外なほど優しい、オートバイは危険である(どちらかというと、自動車事故は悲惨である、と正直にいう)と認める素直さに、あれ、面白そうな、と思ったのだ。

第一章は、おもに自動車の危険性や心得を丁寧に教えてくれる「オートバイとの出会い」。第二章は、北海道をオートバイではしる時のベストルートから、食べ物まで案内する「北海道への旅」。第三章は、テントで眠ることもいいけれど、路肩にバイクをおいてその横にただごろんと眠るのが自分流だという「基本は野宿」。第四章は、旅先の思い出、特に紀伊半島で出会った意地の悪い公園管理人のことなどを暴露する「本州〜九州」。第五章は、様々な旅のありかたから、環境論者への反発までを告白する「旅の心得」。

ともかく親切である。北海道のツーリングするときの名所紹介から、ヤクザにあわびを奢られたときの身の処し方、地元の人々の哀しい目に対する応対から、女子校生の嘲笑への対応、駅員さんに駅に泊めてもらうときのマナーから、キタキツネとうまく付き合っていく方法、これがあの花村萬月?と思う。

それは、野宿のルールに入ると、一段と目立つようになる。雨で路面が滑る、それを避けるには。雨が降っているなら、日没前でもためらわずに休む場所を決める、お昼ご飯は白米だけでもいいじゃないか、おいしいものを食べるのは一日一食、それもスーパーの惣菜売り場のおかずと、昼食の残りのご飯でも十分なんだぞ。どんなところに野宿できそうな場所があるかも、実名を上げなくてもヒントを教えてくれる。

ただし、その化けの皮が剥がれる、というか、自分で素顔を見せたのが第五章。環境問題への侮蔑的な感情を、優しいことばで書き連ねていく。未だに文学を、純文学、大衆小説と分類し、自分は前者であるとほのめかしたりするのを読むと、おいおいと言いたくなる。多分『ゲルマニウムの夜』以来、私がこの作家の小説を読まなくなったのは、彼の中にある恐ろしいほどの傲慢さ、マッチョに違和感を覚えたからだろう。

とはいうものの、オートバイ好きではない私が、それに憬れはしないものの、その旅の魅力・スピード感を楽しんだこと、海を見ながら北上するならば、日本海側を走り、そのまま太平洋岸を南下すればいつも左手に海を感じられるという当たり前のことを教えられたことは素直に認めたい。和歌山には、そんないやな人間が多いのかとか、やっぱり関西の人間は冷たいかとか、教えてもらったことも為になる。むしろ和歌山県人の反論を期待したいくらいだ。

ただし、20年前の写真しか掲載していないことについては、今の姿はきっと無様なまでに太ってしまい、絵にならないから古い写真を使ったのだろうと邪推してみたくなる。純文学がそんなに偉いなら、苦悩する痩せた姿を見せてみろ、と思わず乱暴な言葉をぶつけたくなるのは、私だけだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと大げさ過ぎるけど

2001/11/26 23:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:乗る人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ちょっと大げさ過ぎるが、人間として、ライダーとして肯ける部分は多い。バイクに乗った事無いけど、興味は有るって人は読んでみると良いかも。
 著者の武勇伝的要素も多いけど、そちらの方は? 正直言ってあんな走りをしている奴は殆ど居ない。だいぶ“キリン”チックです。本文中“オートバイと虚栄心”なるくだりが有りますが、私個人的には、バイク乗り=ナルシストorオナニストだと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/27 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/15 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/16 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/05 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/11 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/10 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/28 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/11 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/22 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/14 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/03 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。