サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サザエさん旅あるき
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:15cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-261341-6
文庫

紙の本

サザエさん旅あるき

著者 長谷川 町子 (著)

サザエさん旅あるき

税込 594 5pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人生という名の旅にも思いをはせる一冊

2004/11/27 11:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルには「サザエさん」とありますが、作者の長谷川町子自身が日本の内外を幅広く旅した際に出会った失敗談やちょっといい人情話を綴った漫画エッセイです。
 

 このエッセイではたびたび作者が実母と一緒に旅に出る様子が描かれています。喧嘩友達でもあるこの母娘の珍道中はなかなか笑わせてくれます。しかし、その実母が91歳になり、8年の入院生活にあけくれて今は子供の顔も「ぬぐったようにわすれ」てしまった姿が近況として伝えられる場面が突然登場します。この瞬間、それまでの愉快痛快エピソードを読んで和んでいた心に一気に冷や水を浴びせられるかのような思いがしました。

 そして著者自身も既に鬼籍に入って久しくなりました。
 そうしたことを思うにつけ、こんな疑問が頭を!もたげてきます。
 人はなぜ旅に出るのか。
 誰にでも平等にやってくる死の前で、人間の旅の思い出はどういう意味を持つのでしょうか。

 このエッセイに取り上げられている旅はいわゆる観光旅行ばかりではありません。終戦直後の買い出しという旅や、人生の旅立ちとしての結婚式などの挿話も登場します。つまり人生のあらゆる局面が起伏にとんだ旅の連続として捉えられているのです。

 人生は旅であり、そして自分の人生は誰のものでもなく私自身の旅だ。誰かが書いたガイドブックをなぞりながら名所旧跡をたどるだけのような旅ではなく、誰のものでもない私自身の旅をするべき。そこには珍道中や失敗が溢れていて振り返ると赤面することばかりかもしれないけれど、間違いなくかけがえのない自分だけ!の旅とはそういうものなのだ。

 そんなことをこのエッセイは教えてくれているような気がするのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/17 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/04 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/30 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します少年コミック ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。