サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. PHP研究所の通販
  4. リーダーの資質 混迷の時代にどう決断するかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:20cm/226p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-61661-5

紙の本

リーダーの資質 混迷の時代にどう決断するか

著者 稲盛 和夫 (責任編集)

中坊公平、中曽根康弘、堺屋太一、ポール・ケネディなど日米を代表する有識者が、変貌する日本を率いる指導力と心構えについて具体的に提言。2001年2月開催「日米リーダーシップ...

もっと見る

リーダーの資質 混迷の時代にどう決断するか

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中坊公平、中曽根康弘、堺屋太一、ポール・ケネディなど日米を代表する有識者が、変貌する日本を率いる指導力と心構えについて具体的に提言。2001年2月開催「日米リーダーシップ会議」の講演を中心にまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

なぜ今リーダーシップを論じるのか 稲盛和夫 著 6-11
いま問われる変革型リーダーシップ デイビッド・アブシャイア 著 12-27
日本政治におけるリーダーシップを考える 中坊公平 著 28-45

著者紹介

稲盛 和夫

略歴
〈稲盛和夫〉1932年鹿児島県生まれ。京セラ名誉会長。稲盛財団理事長。経営塾「盛和塾」主宰。著書に「成功への情熱」「新しい日本新しい経営」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

変革型リーダーシップが求められる現在

2001/07/22 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やんちゃ青 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 米大統領史の権威であるジェームズ・マクレガー・バーンズ教授はリーダーを「実務型リーダーシップ」と「変革型リーダーシップ」と2つのタイプに分けられるとの子と。実務型リーダーシップは手持ちの範囲で物事をまとめ、少しずつ前進するタイプ。物事がうまくいっているときは本リーダーがいかにもうまく機能するのであるが、混沌とした現在では価値観とビジョンを示し、チャンスや重大な危機があれば創造的・革新的に世の中を変えていくタイプが望まれています。逆にいうと、今まで上からの仕事を言われたとおりにやるよりも、自ら今までの常識を破るような冒険が待ち望まれているということではないでしょうか?

 また本書の中で中曽根元総理大臣が寄稿していましたが、ここ10年で10人の総理大臣が出てきているタナボタ人事ではダメとのこと。きちんとした首相として何をすべきかということを首相になる前から持っていることが大事と主張されています。中曽根さんは10年10人の中でも5年の任期を全うした方であり、同じような日本国のリーダーシップとして論弁をとれる首相はほとんどいらっしゃらないと思われます。最近ですと小渕さんですね。小泉らいおんはーとは「改革」をどのように実現できるか? がポイントですね。人気のとり方は非常にうまいのですが、大事なのは結果と結果にいたる実施方法ですよね。また大前さんが政治界にも外からの力を入れるといい(ゴーンさんみたいに、ゴアさんとかを入れてみては?)とおっしゃっていましたが、大切なのはわたしたち国民の意識です。いかに崩れかかっている自分達の国(我が国民ほど自国の悪口を言う人はいないとのこと)を認識し、自分たちで復活させましょう!というパワーへ持っていくか、それが本当にできるのは外からの人間か? というと思わず疑問符を持たざるを得ません(企業と国を同じ土俵で見ることができていないのです)。

 太平洋戦争後のわれわれのパワーの源にも、そして新たな社会に巻き込まれようとしている現在でも同じ人間性は存在するのです。その人間たる本質に逆らうことなく、よりよい世界は何か?を考えながら行動していかなくては…と考えさせる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。