サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2001/06/15
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:31cm/333p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-1771-0
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

地球人記 Life on earth

著者 小松 義夫 (著)

みんなちがってみんないい。衣食住はもとより、乗り物・学校・市場・トイレ…ゆりかごから墓場まで、地球に暮らす様々な人々の営みを、106テーマ・2150点の写真で紹介する本。...

もっと見る

地球人記 Life on earth

税込 5,500 50pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

写真記シリーズ 10巻セット

  • 税込価格:43,890399pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

みんなちがってみんないい。衣食住はもとより、乗り物・学校・市場・トイレ…ゆりかごから墓場まで、地球に暮らす様々な人々の営みを、106テーマ・2150点の写真で紹介する本。テーマごとに各国の様子を比較できる。【「TRC MARC」の商品解説】

「みんなちがってみんないい」 衣食住はもとより、学校・トイレ・電柱・赤ちゃんの運び方・洗たくの仕方・乗り物・看板・髪型・遊び・温泉……、そしてゆりかごから墓場まで、地球をぐるぐる探訪記。 地球の上に暮らすさまざまな人々の営みを、“働く・動く”“学ぶ・遊ぶ”“着る・飾る”“住む・くつろぐ”などを、七章、106テーマ、2,150枚の写真で構成しています。地球人の多様な暮らしぶりが実感できます。【商品解説】

著者紹介

小松 義夫

略歴
〈小松義夫〉1945年生まれ。東京綜合写真専門学校に学ぶ。南米、東欧を皮切りに、世界各国で人の暮らしを中心に取材を続けている。著書に「地球生活記」「ブータン」「エジプト」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

見る世界の日常生活図鑑

2001/10/23 22:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岡埜謙一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「写真記」シリーズと名付けられた大型企画の1冊。同シリーズはこれまで「野鳥記」「昆虫記」「蛾蝶記」など7、8点発行されている。写真集や図鑑というこれまでの枠にとらわれない斬新な構成で、いずれも、内容、デザインともにすばらしい出来栄えだ。

 本書は「見る世界の日常生活図鑑」ともいうべき内容で、まず日常生活を大きく「働く・動く」「学ぶ・遊ぶ」「着る・飾る」「住む・くつろぐ」「食べる・飲む」「町・村の風景」「人間」に分けている。この大テーマをさらに、「道掃く人 掃除をする」「槌打つひびき 鍛冶屋」「カバンの中身 教科書と学用品」「紳士になる 床屋さん」といった、100以上の小テーマに分け、世界のあらゆる国の、それこそありとあらゆる日常生活が登場する。

 旅をして何が一番面白いか、何が一番印象に残るかといえば、やはり人々の何気ない日常生活の様子だ。服装、食べ物、住まい、乗り物・・・。どの写真を見ても、その国に住む人たちの日常生活の臭いがプンプン伝わってくるが、後進国、開発途上国と呼ばれる国々の方が、被写体としてはよりすばらしいものがある。先進国は日本が一番いい例だが、アイデンティティがだんだん希薄になっているからだ。顔を隠してしまえばどこの国もよく似ている。

 本書には2150点もの写真が掲載されているが、それ以上に驚くのは、そのテーマの数だ。写真家・小松義夫氏は、これだけのテーマを創造し、常に頭に詰め込みながら毎日被写体と相対してきたのかと考えると、写真家の「業(ごう)」に圧倒される思いだ。常にテーマ(志しと言いかえてもいい)を持って撮影するか否かが、真の「写真家」と単なる「カメラマン」との分かれ道になるのだろう。

 日常生活を切り取った写真には、人物がまたふんだんに登場している。じつは本書の写真で一番すばらしいと思うのは、これら登場人物の表情である。皆、自然な表情をうまくとらえているし、とくに子供たちの笑顔がいい。小松氏は笑顔を引き出すのがとてもうまい写真家だ。それにしても本書の5,000円という価格は、著者の労力と内容を考えると、お気の毒といいたくなるほど安い。(岡埜謙一/フリー編集者兼動物里親 2001.10.24)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/13 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/15 05:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/12 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/18 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。