サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 趣味・ホビー
  4. 巨大鱒に魅入られてニュージーランド暮らし 日本人フィッシングガイドの快楽と憂鬱

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

巨大鱒に魅入られてニュージーランド暮らし 日本人フィッシングガイドの快楽と憂鬱
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: つり人社
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88536-472-8
  • 国内送料無料

紙の本

巨大鱒に魅入られてニュージーランド暮らし 日本人フィッシングガイドの快楽と憂鬱

著者 斉藤 完治 (著)

1年のつもりで渡ったニュージーランドだったが、巨大なレインボー、ブラウントラウトに魅入られて…。そんな彼が選択したのは、永住権を取得してフィッシングガイドになることだった...

もっと見る

巨大鱒に魅入られてニュージーランド暮らし 日本人フィッシングガイドの快楽と憂鬱

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1年のつもりで渡ったニュージーランドだったが、巨大なレインボー、ブラウントラウトに魅入られて…。そんな彼が選択したのは、永住権を取得してフィッシングガイドになることだった。フライフィッシャーの天国を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

斉藤 完治

略歴
〈斉藤完治〉1959年京都生まれ。雑誌記事執筆、実務翻訳、撮影コーディネイト等で生計を立てる。ニュージーランド在住。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

趣味を仕事にしてしまった著者の葛藤と決断

2001/08/02 12:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KAZU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の斉藤完治氏はニュージーランド在住の日本人フライフィッシングガイドとして有名な方であった。「あった」と過去形にしたのは、現在斉藤氏は10年間のガイド生活に終止符を打ち、執筆業やその他雑誌のコーディネイト等の仕事で細々とではあるが収入を得ているからである。一旦は誰もが憧れる「趣味と仕事の同一化」を果たした斉藤氏であるが、鱒釣りを心底好きな氏の葛藤は、プロとしてのガイドを続けていくうちにどんどん大きくなっていく。最終的には、ニュージーランドの自然がなせる技であろうか、収入は得られなくとも自分の好きな釣りを自分のためにやりたいと決断してしまう。それまでの心の葛藤が美しいニュージーランドの自然と鱒との対峙の描写の中に織り交ぜられて語られている。単に釣り好きの方だけでなく、行き詰まった日本の中で人生を変えたい、何もかも忘れて好きなことをして人生を送りたい、と思っている方にはぜひともお勧めしたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

釣り ランキング

釣りのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む