サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本田宗一郎夢を力に(日経ビジネス人文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 72件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

本田宗一郎夢を力に (日経ビジネス人文庫 私の履歴書)

著者 本田 宗一郎 (著)

つねに独創的技術を追求し続けた希代の実業家・本田宗一郎。彼が前半生を回顧した日経新聞連載「私の履歴書」に大幅加筆し、その魅力あふれる生きざまと思想を紹介する。後半部には「...

もっと見る

本田宗一郎夢を力に (日経ビジネス人文庫 私の履歴書)

700(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

日経ビジネス人文庫“すごい創業者” 6巻セット

  • 税込価格:4,15438pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

つねに独創的技術を追求し続けた希代の実業家・本田宗一郎。彼が前半生を回顧した日経新聞連載「私の履歴書」に大幅加筆し、その魅力あふれる生きざまと思想を紹介する。後半部には「本田宗一郎語録」も収録。 【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー72件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

異色の自動車メーカー、世界のHONDAはこうして生まれた。

2003/03/08 10:16

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aguni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 HONDAという会社はヘンな会社である。バイクメーカーでありながら自動車メーカーとなり、最近ではロボットを作ったりしている。ときどき爆発するように売れるFitなどの車を作り、かといえばスーパーカブは新聞屋さん、おそば屋さんのシンボルともなっている。そのデザインもエンジン音も私の記憶している限り、ずーっと変わっていない。

 この本は日経新聞に連載の名物コラム、私の履歴書をまとめたものである。しかしこの本の構成は、そうした出自を持つ書籍のなかでも異色であろう。この本の前半は、本田宗一郎が昭和37年8月に連載したものをまとめている。そして後半は本田宗一郎と、彼を創業当時から支え、世界のHONDAを生み出した最強の裏方、藤澤武夫の経営思想と行動を明らかにする。この2つの部分があって初めて、HONDAの原点が理解できる。この本の作りそのものがHONDAである、と言っても良い。

 本田宗一郎の名を知る者は多い。しかし、経営の天才、藤澤武夫のことを知るものは少ない。本田を認め、モノ作りに専念させる傍ら、資金繰りに奔放し、本田にスーパーカブを作らせ、会社が軌道に乗ってからは、人創りの仕組みを重要視し、本田のDNAをきちんと後継者に移行させた。

 この本を読むと、経営というものは結局、人間力なのだということがわかる。ヒトの想像もできない努力と意志があって初めて、世界は広がっていく。ともかく本田の夢は巨大で楽しい。このワクワクがHONDAを世界のHONDAにしたのだ。

 それは欧米型の経営手法とは違う、極めて人臭い、「町工場」的なモデルかもしれない。しかし、会社が人の集まりである以上、MBAや経営工学では決して「学ぶ」ことができない、「人」による経営がイチバン大事なのだ、そう考えさせる1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本田宗一郎氏のバイク、レースへの愛情が伝わって来ます

2013/09/18 01:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tomo - この投稿者のレビュー一覧を見る

三部構成
一部は、本田氏の幼少時代と、十代後半で、当時数も少なかった自動車修理工場に住み込みで働き始めてから、英国のマン島で開催されるTTレースで優勝するバイクを作り上げ、アメリカやヨーロッパに本田のバイク工場を設立するまでが書かれています。
バイク、レースが好きで、未来への夢を抱きながら一気に駆け抜けた体験談に、読んでいて楽しくなります。
二部では、F1参戦、自動車開発などについて。
三部は、本田宗一郎氏の語録が記されています。
自身の夢と、ビジネスを両立させた本田宗一郎氏の技術者、経営者としての生き方、人間味がとても良く伝わってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2001/07/29朝刊

2001/08/24 22:17

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今年は本田宗一郎の没後十年。自動車産業再編の大波の中でわが道を行く世界企業ホンダの原点と活力源は本田の強烈な創業者精神にある。前半生を回顧した後、四輪乗用車への進出、F1挑戦、小型車との苦闘、低公害エンジンの開発、さわやかな引退劇など、波乱万丈の足どりを名女房役、藤沢武夫の活躍ぶりと併せてたどる。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/22 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/05 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/18 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/01 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/16 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/28 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/28 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/28 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/31 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/09 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/17 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日経文庫 ランキング

日経文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む