サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 文芸春秋の通販
  6. 文春文庫の通販
  7. 約束された場所で underground 2の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

約束された場所で underground 2(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 108件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/07/10
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-750204-6
文庫

紙の本

約束された場所で underground 2 (文春文庫)

著者 村上 春樹 (著)

約束された場所で underground 2 (文春文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー108件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

真剣に社会を考えている人たち

2004/06/17 17:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむの木 - この投稿者のレビュー一覧を見る

信者に対する村上春樹の意見が、かなり鋭いということに感心させられる。
しかもただ突っ込むだけではなく、広がりを持たせている。
小説家である村上春樹でなければできないと思う。
それ程信者が多くを語り、人柄がはっきりと見えてくる。
 
信者たちは何かしら偏った考えを持っていたり、
理解できない体験をしているが、「オウムだから」なのだろうか。
それはまた自分も当たり前のように偏った考えを
持っていることに気づくこととなった。

それでも社会がオウムに対して持っているこちら側が正しいというモノサシと、
オウムが社会に対して持っているこちら側が正しいというモノサシがある。
読んだ後で、頭の中は読む前よりいっそう混乱している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代日本人の弱点

2016/10/14 02:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uske - この投稿者のレビュー一覧を見る

オウム信者の語りを通して、日本人が共有できる神話が現代日本では失われており、多くの人がその欠落を埋める稚拙な物語に囚われていく様子が描かれている。1Q84ではこの問題に対するひとつの答えが提案されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

約束された場所で

2001/10/29 23:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:333 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本当の題名は「ポストアンダーグラウンド」だったらしいが、村上春樹氏が気に入った詩の一部に、変更したらしい。そして、それが「約束された場所で」である。
 前回のアンダーグラウンドとは違い、今回は元オウム真理教の方々の取材をもとに作品が構成されている。
 そのことにより、いままでとは違った視点でオウム真理教というものを垣間見ることが出来る。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何が彼らをそこまでさせてしまったのか

2001/08/28 13:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐倉統 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ぼく(1960年生まれ)は「オウム世代」である。この、村上春樹によるオウム信者/元信者への出色のインタビュー集でも、だいたい同じ世代から少し下ぐらいの人が対象になっている。ちょうど同じ1960年生まれの人もいる。けれども、この世代的な近さにもかかわらず、今までぼくはオウム問題を自分の心に響くものとして引き受けることが、どうしてもできなかった。ほかのカルト宗教に入信してしまった友人もいるし、彼らから勧誘を受けた経験もある。でも、ぼく自身はそういったものにまるっきり興味を持てなかったし、持つ人たちの気持ちが全然理解できなかった。今でもそうである。だが、それは単にぼくが運が良かったからなのだ。たまたま「あちら」に転ばずに、「こちら」に転んできただけだったのだ。インタビュアーの発言の中には、ぼくも同じようなことを考えていたなあ、という部分がたくさんある。オウムだけが特別なのではない。読後、「何が彼らをそこまでさせてしまったのか」について、好むと好まざるとにかかわらず、これからも考えていかざるをえまい、という予兆めいたものが去来する。オウム問題を大所高所から定位するのに欠かせない本だ。(佐倉統/進化学者 2001.8.14)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/25 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/31 06:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/04 03:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/19 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/17 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/23 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/28 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/22 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/26 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。