サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  眠れなくなる本 眠りたくないときも眠れないときもあなたに寄り添う ~11/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: 白水社
  • レーベル: 白水Uブックス
  • サイズ:18cm/156p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-07138-0
新書

紙の本

踏みはずし (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

著者 ミシェル・リオ (著),堀江 敏幸 (訳)

財界の大物のスキャンダルをつかんだジャーナリストの前に暗殺者が現われた。だが、歴史書を愛読し、哲学的なセリフを口にする殺し屋は奇妙な要求をする。独特の静謐なスタイルでつづ...

もっと見る

踏みはずし (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

財界の大物のスキャンダルをつかんだジャーナリストの前に暗殺者が現われた。だが、歴史書を愛読し、哲学的なセリフを口にする殺し屋は奇妙な要求をする。独特の静謐なスタイルでつづられる小説世界。1994年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ゴルゴ13とポール・オースターの奇跡的な出会い

2003/02/14 04:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヲナキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なぜ誰もこの小説をレコメンドしないのか不思議なくらいカッコいい小説だ。もうとっくの昔に読んでいて、「なにをいまさらこの小説を俎上に上げるんだ」というような海外小説愛好家を前にしては、自分の無邪気さに恥じ入るばかりだが。もしかすると「できれば教えたくない」と密かなお気に入りに加えておられる方が多いのかもしれない。しかし、本当に認知度が低いということであれば、ミシェル・リオというフランス人作家をこのまま埋もれさせておくのはもったいない。同時期に出版されたジャン・エシュノーズの作品はその後も翻訳が出ていたというのに。当時(1995年ごろ)、白水社の「新しいフランスの小説シリーズ」を一通り読んでみたのだけれど、この小説が群を抜いていた。ミシェル・リオは寡作ながら他にも作品を出しているので、ぜひどこかの出版社で翻訳本を刊行してもらえないものかと願っている。

 1時間ほどでさらりと読了できるほどの小品である。ひんやりと硬質な文体が緊張感のあるストーリー展開によく合っていてサクサクと読み進めてしまう。大物財界人とジャーナリスト、殺し屋が絡み合うという安手のノワール小説のようだが、全編に凛とした美しい気品をたたえている。その理由は、文章のリズム(訳者:堀江敏幸さんの翻訳手腕に負うところが大きいのだろう)もさることながら、シニカルな禅問答が繰り広げられる哲学的ダイアローグにあると思われる。これから読んでみようと思われる方はこの会話の妙味もじっくり堪能していただきたい。誤解を恐れずに告白すれば、ポール・オースター作品のような趣が感じられる。

 主人公である思索家の殺し屋は、冷徹に任務を遂行していくその無駄のないシステマティックな仕事ぶりこそ、デューク東郷や『ニキータ』のジャン・レノ、あるいは『サムライ』のアラン・ドロンを髣髴とさせるが、アナール派歴史学者マルク・ブロックやブローデルの著作を愛読する(!)というあたりで彼らとは決定的に異なっている。しかし女に対して貪欲なところなど実にゴルゴ的で、「恋愛感情が快楽を妨げる」としてキスや正上位を嫌うこだわりのキャラ設定もイイ感じ。

 男性読者ならシビレること間違いなし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2001/09/30朝刊

2001/10/04 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 孤高で寡作のフランス人作家による中編小説。名前も与えられていない主人公の「男」は歴史書を愛読し、哲学的せりふを口にする冷徹な暗殺者として、財界の大物がからんだスキャンダルに首を突っ込んでいく。夢と論理の相克を描きながら、構成が乱れることなく、ラストまで端正に進む純文学的推理小説だ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/31 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/17 18:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/06 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。