サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夏の花・心願の国 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-116301-4
文庫

紙の本

夏の花・心願の国 改版 (新潮文庫)

著者 原 民喜 (著)

夏の花・心願の国 改版 (新潮文庫)

税込 539 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

苦しく美しき夏
秋日記
冬日記

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

残酷な光をあびて生きるということ。

2017/05/11 21:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

意識混濁。
心象と現実の混沌とした世界。
精緻な筆致。

通読して得たキーワードだ。
作者は詩人でもあり、直接的に感覚が伝わってくる段落もある。
迷子になりそうながら、不安定な心理状態に酔う。

「夏の花」は素晴らしい。傑作だ。
ヒロシマの本はこれまで何冊か読んでいる。
中沢啓治さんの「はだしのゲン」は小学校の学級文庫にあった。
井伏鱒二さんの「黒い雨」は高校時代に手に取り、自分の
第三次読書ブームではこうの史代さんの「夕凪の街 桜の国」、
井上ひさしさんの「父と暮らせば」に心を奪われた。

これまでに出会った、原爆を題材にした作品たち。

「夏の花」は、原爆を扱った作品の中で比べると、
もっとも純粋に、感情が凍りついたまま描かれているように思う。
心がある限界を越えると、恐怖は凌駕され、非現実的な
現実が映写機でカラカラと流れていくように
目の前を通り過ぎるようになる。
心の防波堤があふれてしまうのかもしれない。
そんな感覚を味わった。

ヒロシマで起こったこと。原爆が落ちたということ。

圧倒的な事実を脚色なく写し取る手法で描かれている。
恐怖はなく、心が煽られることもなく、只々圧倒される。

これは広島原爆記念館で味わった感触だ。
不思議なことに、被爆体験直後に書かれた「夏の花」よりも、
四年後に書かれた「火の唇」の方が、混沌とした膿のような
感情が読みとれる。
時間をかけて、心の奥底に、徐々に何かが形成されて
いったのかもしれない。

「鎮魂歌」は、詩である。形式は小説。つまり散文詩とでも
言えばいいのだろうか。気持ちの整理をつけて、思いのたけを
歌っている。
この作品には、意識の混濁は見られず、心の世界への
純粋な旅となっている。

「夏の花」で事実を受け止め、「火の唇」で思索し、
「鎮魂歌」で心に定着する。
一つ一つは独立しているが、青空文庫で単品読みすることは
お薦めしない。作品は、この文庫の通りに読むと、こころの動きが
はっきりと分かり、価値ある時間を過ごすことができる。
文庫を編纂した大江健三郎さんに、最大限の感謝の拍手を
送りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原爆そして原民喜という人間

2001/09/04 21:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:げっぷ5号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ここに収められている作品は原爆小説である。原民喜氏は被爆したことで有名である。そして、彼はその後自殺している。このことから彼の文学をどうしても原爆ということと結び付けないわけにはいかない。なぜなら、彼にとって原爆とはそして被爆体験とは切っても切り離せない現実の文学体験であるからなのである。次世代に原爆という体験を伝えるということにおいても原民喜文学の意味は大きい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜか生きる力を感じた

2015/06/05 08:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アトレーユ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前からなんとなく気になっていた一冊。湿度の低い文章ですごく読みやすかった。原爆を体験した作者の当時を綴ったもの。生々しいが、グロテスクではない。悲惨な出来事なのだが、読んでいると意外にも、どんな状況下でもなんとか生きようとする力を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界はこんなに美しいのに、どうして僕らの胸は苦しいのだろう

2008/08/19 08:10

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

原民喜は、作家としてはかつかつの生活の中、昭和19年に寝付いていた妻を喪い、郷里の広島へ帰って被爆する。その後再度上京して、ふたたび作家として自身の経験を作品として発表、昭和26年に自殺する。本書の収録作は、戦後に書かれた、妻の死の前後を描く5編、被爆前後を題材とする3編、東京に戻ってからの生活と心象の5編となる。
被爆前後の3作品は、「壊滅の序曲」は広島の兄の元に身を寄せてから、空襲、疎開などの当時の状況の中、「原子爆弾がこの街を訪れるまでには、まだ四十時間あまりあった。」と締められるまでの時間の流れ。「夏の花」は、「厠にいたため」比較的に軽い被害で済んだというその瞬間から、疎開先ヘ移るまでの数日間の経験を描いたもので、当時のGHQの検閲を逃れるために原爆のことと分からぬ題にしたという。「廃墟から」ではその後の苦しみ、あるいは亡くなっていく被災者たちの様子が書かれる。
この前後も含めたいずれの作品においても、周囲にある死の風景と、自身の生と死への予感を綴ったもので、それらは作者が何も守るべきものもない徒手空拳の個人としてあるため、いっそう透明なものとなっている。透明、純粋がすなわち人間の本質を表すとも決められないだろうが、身の回りのものを剥ぎ取られて空虚になっていくことへの開き直りには迫力がある。さらに彼自身は、今にも消えてしまいそうにか細くなっていきながら、遠慮のない親戚からは「原子爆弾を食う男だな」とまで言われるしぶとさの中にある。それら死を巡る情景でありながら、しかし作者の目に映る世界自体は恐ろしく美しい。街並みや、街路樹のざわめき、そこに行き交う季節、それらと同じに目に映り、脳裏にこだまする死者、被爆者たちの姿も、また崇高なものだ。生きようとする強い意志であれ、人にすがるより術のない様子も、半ばの覚悟が混じっていてさえ、世界のあらゆる光景の中ですべての一人一人がかけがえのない存在として見られる。親しかった者、行きずりの者、それぞれの死者達の命は、生きている誰もの命に等しく、作者には彼らの存在の重さと耀きがのしかかっていく。
その中で作者が見究めようとしているのは、この美しい景色と死が共存する世界、静かにであれ無惨にであれ人に死の訪れる世界、戦争のある世界、原爆のある世界、そこで生々流転を繰り返すものたちではなかったか。「あ、迅い、迅い、星」と呟いたきり昏睡した伴侶。記憶の奔流の中で「僕は堪えよ」と書く男。これは死者達と世界の間で押しつぶされた者の物語だったろうか。それよりは、引き裂かれた世界を一体化させ、自らもそれに加わった戦列なのだと思いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/02 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/19 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/01 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/29 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/20 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/12 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/09 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/06 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/03 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/09 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。