サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 三国志 2の巻 参旗の星

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三国志 2の巻 参旗の星(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-875-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三国志 2の巻 参旗の星 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 北方 謙三 (著)

三国志 2の巻 参旗の星 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

青州黄巾軍と曹操

2002/07/17 11:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょいかごねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

三国志随一のヒロイン、貂蝉が、なんと登場しなかった北方三国志であるが、これだけ面白いのだからそんなことはどうでも良いのである。第2巻、いくつかの話が同時進行的に進んでしまうのは仕方ないことだが、最大の見せ場は青州黄巾軍と曹操の戦いだろう。中でも、後々まで曹操の片腕となる荀イクの働きは感涙ものである。
また、劉備が徐州に入る部分が描かれるが、特にこの部分、吉川英治版などでは流れが良くわからなかったのだが、北方版では、仁徳というよりはむしろ、政治的な背景が詳しく説明され、さらに劉備の人間的な葛藤などもあって、説得力のある展開になっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二の巻・胸が高鳴る

2001/12/20 18:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タツー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この巻をゴルフで言えば、プレーヤー達がクラブハウスに入り、顔見せ、登録、コースに散っていくとでも言える状態のところだ。内容を会社の感覚でみてみれば、リーダーは変わったが組織の体質に変わりが無く、倒産寸前まで落ち込んでいく状態と言うところか。
 曹操の兵三万人が青州黄巾軍百万人に挑むポイントは、中間管理職の大きな挑戦という感じで、とても力が入る。北方謙三独自の表現で、その章を代表する人物の主観にたった表現が面白い。やはり次の巻も読んでみようと思わせる巻だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

呂布がメイン

2015/03/26 17:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻とは打って変わって呂布がメイン。愛する妻のためにすべて投げ出す呂布の姿、そして赤兎への絶大な信頼。失ったものと残されたものが武将を次の道へ進ませる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/08 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/08 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/21 03:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/10 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/30 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/10 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/16 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/25 03:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/12 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/26 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/23 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る