サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 三月は深き紅の淵を

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三月は深き紅の淵を(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 548件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/436p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264880-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

著者 恩田 陸 (著)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

720(税込)

三月は深き紅の淵を

720 (税込)

三月は深き紅の淵を

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー548件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

第4章・・・

2017/01/08 18:42

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集であっても、第4章めは小説の「結」なんですよ。「三月は深き紅の淵を」という幻の本にからめて、各章盛り上げてきて、いざ結の第4章で意味不明のガッカリでは本当にもったいないです。短い話でもいい、メルヘンチックでもいい、ひねりが効いてなくてもいい、とにかく「三月は深き紅の淵を」をきれいに着地させてやって欲しかったです。第4章さえしっかり締めくくれてたら、本当に良い本だったのに、作品がかわいそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本好きのための一冊。

2014/08/13 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

特定のジャンルのみを読み漁るのではなく、只々活字をこよなく愛し、本の世界にひたることに快感すら覚えるという読書マニアに捧げる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに恩田陸さん・・・という1冊かと。

2015/10/17 01:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:色鳥鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「三月は深き紅の淵を」という謎の書籍に関する、ミステリ風の連作短編、あるいは長編小説。注意事項は、ミステリだと思って読むとガッカリするかもしれない、という点のみ。本作は(狭い意味での)謎解き小説ではないと私は思います。本作の魅力は(恩田陸という作家の魅力は)謎解き部分にあるのではなく、「謎かけ」部分にあるのですが、よくよく考えてみると、読書の魅力の大部分はここに集約されている。
私は、本作が好きすぎて、新作を読まなくなってしまいました、良くない読者ではありますが、これほど最初から引きずり込まれた作品も少ない。良い小説だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本にまつわる不思議な、フシギな物語

2001/07/29 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:上六次郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読書好きの人にとっておもしろい本があるという噂を聞けば、是非読んでみたいと思うのではないだろうか。まして、その本が幻の名作と呼ばれているようなものであれば、なんとかして手に入れたいと思うのではないだろうか。書店や古本屋を探し歩き、最近ならネットを使っての検索などの努力を惜しまないのではないだろうか。マニアとか○○中毒とか呼ばれている人たちの行動は一般人の常識を超えた、はた迷惑なものであることが多い。

 第一章の「待っている人々」では読書が趣味であるということで鮫島が会社の会長の別宅に招かれることになる。そこで読書好きの会長とその友人たちから十年以上探しても見つからない本「三月は深き紅の淵を」の話を聞かされる。そして別宅の中からその本を探し出すことを依頼される。

 本書は「三月は深き紅の淵を」にまつわる話が他に三編収められており、それぞれは独立していながらも「三月は深き紅の淵を」という本によって結び付けられている。それぞれの話は直線的に繋がっているのではない。螺旋階段を登るように、もとの位置に戻ってきているようではあるが、実は違う空間へと連れていかれたんだという印象を与えてくれる。

 作者は第二章で書いている「物語が物語自身のために存在する」、そして「本に作者がいることに気付かない」ような本を捜し求めているのかもしれない。本書はその実験の一つなのかもしれない。

 なんとも不思議な感覚が残る一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

セット読みが楽しめる本

2001/11/10 18:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍桐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一冊の幻の本をめぐる、不思議な物語四編というのがこの本。ところが、最後の話を読んでいると、どこかで読んだことがある! という部分がたくさん出てきます。それは同じ著者の「麦の海に沈む果実」という物語の一節。この「麦の海に沈む果実」を私は先に読んでいて、そこにこの「三月は深き紅の淵を」という本の存在だけが登場するので気になって手にとったのですが、この二つの物語が、互いに微妙に関係しあっているその微妙さに惹かれました。
 別に二冊とも読まなくては話がわからないわけではないし、二冊とも読むことがそんなに重要なわけでもないのに、それなのに二つの物語の中でお互いが大きな存在感を持っている。そんな不思議な関係でした。
 是非、これを読んだ方は「麦の海に沈む果実」を、そして「麦の海に沈む果実」しか読んでない方はこの「三月は深き紅の淵を」を読んで、その二つの作品の微妙な関係を楽しんで欲しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本好きにはたまらない本

2002/04/21 19:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずね - この投稿者のレビュー一覧を見る

「三月は深き紅の淵を」という幻の本がある。作者は不明。たった1人に1晩だけ貸す事が許されているという本。読み出したらやめられない、そんな魅力を持った本にまつわる物語です。入れ子構造になっていて、少し複雑ですが、それがまた逆に心地よかったりします。この幻の本にまつわるエピソードを読んで行くと、どんどん引き込まれてしまいます。本好きの人なら、この本を手に取ってみたいと思うのではないでしょうか? ただ、最後の章が話の視点がころころと切り替わるので、読みにくく、また少し理解しにくかったです。けれど、久しぶりに読むのにはまった、そんな1冊です。また、「麦の海に沈む果実」と話がリンクしているので、先に、「三月は〜」を読んだ方がいいようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

謎のルールが謎を呼ぶ

2002/05/28 09:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あき - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは、鍵となる本「三月は深き紅の淵を」をめぐる連作短編集で、4作品が収まっています。
それぞれの作品は、主人公となる人物も、その人物への本の関わり方も違い、各作品、独立した話になっています。けれども「作者は明かすな・一人につき一晩のみの貸し出し・コピーは厳禁」などという本につけられた条件は一貫しており、それによりまとまりがついています。
一作ずつ、本当に読み応えがありました。本を巡る謎解きもさることながら、一作ずつ完全に独立しているうえに、まったく雰囲気の違う話が織り交ぜてあるので「まさに一冊で4度美味しい」本でした。

数冊、恩田陸さんの本は読みましたが、長編よりも、このぐらいの中篇小説の方が、特に面白く感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

謎の本にまつわる4つの謎の物語

2002/06/20 23:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者不明、たった200冊しか作られず、それも、
大部分は作者の代理人によって回収されたとされる自費出版の本。
『三月は深き紅の淵を』。
この、1冊の本をめぐる4つの物語。

もう、この設定からして、素晴らしく魅力的、そして魅惑的。
恩田陸というこの作者の本は初めて読みましたが、
初めて読むのがこの作品というのは、とてもラッキーでした。

第1章から、もう、夢中なってしまいました。
友人が持っていたはずのその本を、膨大な書庫の中から、
謎のメッセージを解いて探し出そうとする老人達。
彼らが巧一を招待したその目的は?
なんとも、富豪というのは酔狂なことを、という感じなのですが、
この4人の老人が、とっても魅力的。
ちょっと風変わりではありますが、本をとても好きなのですね。
彼らの会話からそれがびしばし伝わってきて、分かる、分かる!って。
それに、その中の1人が連れている犬の名前ときたら!
なんて、なんて、まぁ(笑)
そして、4人が変る代わる説明する『三月は深き紅の淵を』のアウトライン。
もう、これを聞いただけで、この作品を読みたくてたまらなくなりました。
それを、そのままこの本のタイトルにしているところに、
きっと、なんらかのトリックがあるのだろうなと思いつつ、
そんなことよりも、その、読む人を片っ端からとりこにするその本を、
とにかく、読んでみたくてたまらなくなったのです。

彼らに出された「宿題」を解こうと、必死に頭を働かせる巧一。
そして、なんらかの答えを呈示しては、次々ひっくり返されて(^^;
でも、最後に巧一が見せた驚くべき冴え。
そうそう、こうでなくっちゃ!
4つの章の中で、この章が、とにかく1番好き。面白かった。
もちろん、他の章が好きでないというわけではありません。

第2章は、夜行列車で旅する2人の編集者の物語。
彼女たちの目的も、また、『三月は深き紅の淵を』を探す旅。
列車の個室の中で、酒盛りをしながら(!)繰広げられる2人の、
作者が誰かという推理合戦の面白さ。
推理って、そのどこかの段階で、ぽんっと何かを飛び越える瞬間が
大切なのかもしれません。
隆子に、そのジャンプのきっかけを与えてくれたものが、2人を
夜行列車に乗せたのです。
そして、旅路の果てに目にしたものは…。
隆子と朱音の掛け合いがスリリングで楽しい章でした。

第3章は、いったい、どこで『三月は深き紅の淵を』とつながるのか、
最後の最後まで謎でした(私の察しが悪いのだろうな〜)。
冒頭で起こる2人の少女の死。
彼女たちの周囲の人々の、その死への様々な思惑で話は進むのですが、
どこにも、『三月は深き紅の淵を』が見当たらないのです。
2人の死の謎。
そして、『三月は深き紅の淵を』の謎。
2人の少女の関係に、目が離せませんでした。

そして、最後の章。
これだけは、私は、ちょっと馴染めませんでした。
こういう形式って苦手なのです。
語られる、とある学校の物語、それ自体は、その雰囲気は、私の好みです。
けれど、1番の山場で、いろんなパーツがここに収束してくるはずの、
この章にはまれなかったのは、残念でなりません。
もちろん、この最後の章こそ全てのカナメであるのでしょうが、
私にとっては、3章までを連作短編にしてくれた方がよかったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恩田さんって本当に“サービス精神満点”の作家さんである。

2004/04/22 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

約3年ぶりに再読した。
恩田さんの作品って読めば読むほど味が出てくる。
本作は今となれば恩田さんの特徴が1番あらわれた作品といえるかもしれない。
とにかくこの方は本好きなのであろう。
本作を読むとそれがひしひしと伝わってくるのである。
一般的に言われている“引き出しの多さ”も彼女の本好きから生まれた所以であると体感出来る。

さて、内容的には「三月は深き紅の淵を」というタイトルの幻の本にまつわる話である。
たった1人にたった1晩だけ貸すことが許された本をめぐるさまざまなエピソード…
全4部からなる構成であるが、ワクワク感を持って読めるという点では本作は傑出した作品となっている。
イメージ的には“テレビドラマのオムニバス形式みたいな感じで楽しむべき作品”かもしれない。

やはり入れ子形式の作品として考えると構成力の素晴らしさが目につくのであるが、第1章〜3章までのそれぞれのストーリーも読者を釘付けにしてくれる点は忘れてはならない。
個人的にはやはり切なさが1番漂っている第3章が良かったかな。
いずれにしても、専業作家になる前に書かれた作品で作者の意欲が読者に伝わってくる点が嬉しい。

今回特に注目して読んだのは最終の第4章である。
初読の時ほど第4章に関して違和感を感じなかった。
1人称で語られてる部分があり恩田さんの“野心と本音”を垣間見ることが出来たような気がする。
ある程度恩田さんの作品を読まれた方にとってはきっと大きな収穫であろう。

第4章はまとまり感においては物足りない面も否めないが、きっと『麦の海に沈む果実』へのプロローグへと繋がる作品だと割り切って読むことが出来たからだと思う。
少しは恩田作品の知識も付いて来たかな(笑)

いずれにしても恩田さんのサービス精神満点なところがギュッと詰まった1冊だと言えそうです。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んで損なし!

2006/06/21 22:39

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由季 - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田陸の新刊を読みました。いや〜これはいい!
恩田陸の会話形式(Q&Aみたいなやつ)に飽きてたけど、これはまるで違う!
小説って、物語自体の面白さや文章のうまさも大事だけど、「綴られ方」の新しいパターンを作るのが本当に難しいと思う。
ドミノやQ&Aしかり、あのパターンを生み出した恩田陸もすごいけど、今回の「三月は深き紅の淵をという、幻の作品を、三月は深き紅の淵をという作品で綴る」技法を生み出した恩田陸は同じ人だけどもっとすごいと思う!
読み進めば進めるほど面白い!
ぜひ一読あれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

稀少本をめぐる連作集です。

2006/06/23 22:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久しぶりに恩田作品を読んでみました。
本書は、恩田さんの初期作品で「三月は深き紅の淵を」という、
幻のミステリを巡る4作の連作集です。
 最後の作品で恩田さん自身と思われる作家の独白っぽい
ものがあり4作の位置付けが判るのですが
一作目は、サラリーマンが会社の会長が含まれるミステリの好事家
の会合に参加する話
これは、実は、こんな「三月は深き紅の淵を」というミステリなんか
ないんじゃないかと、いうお話し。
二作目は、女性編集者が、作者の謎を求めて、旅行する話
これは、ミステリを書いた作家を中心に添えたお話し。
三作目は、謎の死を遂げた、女子高校生を巡るお話しで
これは、このミステリが、書かれるかなり以前のお話し。
そして4作目は、小説を書こうとしている作家と、
夢の中のような不思議な経験をする少女の話。
これは、ミステリが書かれる過程というか、書く直前もしくは、書いている最中のお話しと、なっています。
どれも、一応、独立していますが、微妙にリンクしていて、
謎が、重層に絡み合って出来ています。
 恩田ワールドという言葉があるのですが、
久しぶりに読んで正にそんな感じだったなぁと思いました。
上手く説明できないのですが、恩田さんの書く言葉の霧の中に
取り込まれてぽわ〜んと、した雰囲気に飲み込まれる感じです。
霧の中に入ってぼんやりする感じですかね、、。
 その霧が、謎だったり、ミステリの仕掛けだったりするわけです。
 4作目の作家の独白が、恐らく恩田さん自身に近い、
感覚と感情の吐露で非常に興味深いです。
深夜に書いた文章は、かなり暴走していて、翌朝読み直すとあまり使い物にならない
とか、物語というものに対する、自分自身のスタンスなんかも、書かれています。
深夜に書いた、ラブレターって危ないって、言いますからね、、、。
 恩田ワールドに迷い込んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

麦の海に沈む果実を読む前に

2016/12/09 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んだ方がいいと思います。リンクしています。私はこれを読んで麦の海にはまりました。恩田さんの奇妙で不思議な世界観すごく好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

概ね面白い

2017/06/19 20:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は「入れ子式小説」のようで、小説について書かれた小説です。稀覯本「三月は深き紅の淵を」を巡るエピソードが4つ収録されていますが、うち第3章「虹と雲と鳥と」は、いきなり女子高生2人の転落死から始まる古典的なミステリー展開で、それだけでも楽しめます。幻の小説はこのエピソードではまだ書かれていない、近い将来書かれるであろう所で終わっています。
第4章「回転木馬」では、この小説の作者が今まさに小説「三月は深き紅の淵を」を書こうとしているところが書かれていて、稀覯本「三月は深き紅の淵を」の粗筋として暗示されていた部分や4部構成であることを受け継ぎつつ、全然違う物語が展開していきます。「こんな書き出しはどうだろうか」という疑問文が所々にさしはさまれるので、それで初めて自分が作中作を読んでたことに気が付いたりするわけですが、一人称で語られている部分(これは執筆中の作品「三月は深き紅の淵を」の視点と執筆中の作者の視点)と、彼女という三人称で語られている部分(これの位置づけがあまりはっきりしない。)と「理瀬は…」という固有名詞で展開される不思議な学園(そこは「3月の国だ」という)の話が、とりとめのない回想シーンが折り重なるように綴られていて、気を付けないと迷子になりそうな不安定な感覚に襲われます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

鮫島巧一は

2017/11/01 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mutsu - この投稿者のレビュー一覧を見る

鮫島がずっと出てくると期待して読んでいたが、第一章だけのようだった。

三月は深き紅の淵を、本のタイトルが頻繁にでてきたり、本に関する意見交換、作者はどんな人物なのか、一度読んだくらいじゃわからない。

解説つき。もう一度読んでみようかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る