サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 宙都 第1之書 美しき民の伝説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宙都 第1之書 美しき民の伝説(TOKUMA NOVELS(トクマノベルズ))
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
新書

紙の本

宙都 第1之書 美しき民の伝説 (Tokuma novels)

著者 柴田 よしき (著)

京都を襲った直下型の大地震を発端に日本列島は真っ二つに裂け、サイパン島の近くに移動。破壊神=闇の神々が復活し、地球生物の存続を賭けた戦いが始まる! 壮大なスケールで描く4...

もっと見る

宙都 第1之書 美しき民の伝説 (Tokuma novels)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

京都を襲った直下型の大地震を発端に日本列島は真っ二つに裂け、サイパン島の近くに移動。破壊神=闇の神々が復活し、地球生物の存続を賭けた戦いが始まる! 壮大なスケールで描く4部作の第1弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シリーズ2年半ぶりの続巻

2001/07/22 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:喜多哲士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 妖怪が跳梁跋扈し、古代の神々が蘇り、日本列島は分断された上にミクロネシア海域に移動し、その上空にはテニアン島が浮かんでいる……。このスケールの大きさこそ伝奇SFの醍醐味といえる。
 本書は『炎都』『禍都』『遥都』と続いてきたシリーズの2年半ぶりの続巻である。前3冊で大胆な展開を進めてきた作者が満を持して再開しただけに、本書ではこれまでにちりばめられた謎を解決し、そして人間が超自然的なものと戦っていく、その第一歩が記されている。
 物語はハワイに漂着した女性たちが〈美しき民〉の伝説に関わることにより謎を解く鍵を手に入れようとする流れと、崩壊した京都に残った主人公と天狗たちがさらに強大な敵の襲来を感知して阻止しようとする流れが並行して描かれる。
 壮大な物語をどのように締めくくっていくのか。本巻はそのスケールにふさわしい滑り出しを見せているといってよい。今後の展開に注目したいシリーズの再開である。前3冊と合わせてお薦めする。

(喜多哲士/書評家・教員・童話作家
http://www4.justnet.ne.jp/~tetsuji-kita/)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2003/02/12 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/12 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/14 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る