サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 194件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/07/01
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/435p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747339-2
文庫

紙の本

プリズンホテル 2 秋 (集英社文庫)

著者 浅田 次郎 (著)

プリズンホテル 2 秋 (集英社文庫)

税込 803 7pt

プリズンホテル 2 秋

税込 660 6pt

プリズンホテル 2 秋

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

2006集英社文庫図書館セット 100巻セット

  • 税込価格:59,000536pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー194件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

未だ主人公は愛せないけれども、最高だ

2021/11/14 15:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dsukesan - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻に入って、俄然面白くなる。
佐藤優の言っていた、人を侮ること、侮られまいと足掻くことが、実感として腑に落ちる物語だった。

なべ長がガラッと雰囲気を変えるのは、245ページでこれは手打ちだと思ったところからだろう。『他人には言えぬ悩みや悲しみや、クタクタに疲れた体や押し殺した怒りやー様々のストレスで爆発寸前の、自分自身との手打ちなのだ。』

『俺、わからねえもの。自分がどこの誰だか、何をしてるんだか、ずっとわからねえんだ。』

『ぼくは暗澹とした。真っ暗な底知れぬ、不可解な人生の淵を覗き込むようなきぶんになった。』

人間の価値とか、あり方、大きさ、真摯さというものは、決して出世とか、見た目や、表面的な行動だけで測ることはできないということ。そしてややもすると、自分でも自分の持っているそうした資質を忘れて日々生きているということがあるということに、気付かされた。プリズンホテルの魅力が漸く腹に落ちてきた。

其れにしても、主人公の作家は、事情はわかるけど、ちっとも理解できない。解説の人たちが書いてる様な、愛があるとは感じられず、愛すべきキャラクターとは思えないなぁ。その点では、鉄砲常の言葉に痺れる。『女子供をなかせるような外道は、この鉄砲常が活かしておかんですよ』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名作だ

2021/02/23 14:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひょんなことから冬春夏秋という順序で読んだ。秋は名作だ。大衆小説と蔑む向きもあるかもしれ合いが,エンターテイメントでなければ小説とはいえない。著者にはこういう本を書いて欲しい。最近は小難しい小説を書きたいみたいだが,是非向かいの極道小説を書いて欲しい。
本書を名作だというのは,まず勧善懲悪であること。昔ながらの物語の王道である。人はなぜ物語を好むかと言えば,実社会の非道さから逃れるためなのだ。現実社会は残酷だ。卑しい悪人が得をして善人が割を食うのが実社会なのだ。そのために物語があり,その中で悪が滅びで善人が報われることで安心して過ごせる。つまり精神病にかからなくて済んでいるわけだ。で,このシリーズは一見ひどい奴に見える小説家(モデルは本人か)を主人公に,報われない人々が最後は救われるようにできている。素晴らしい。娯楽小説のお手本だ。是非,続編を出してほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

B級グルメの傑作

2020/03/13 12:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の得意技である 人情もの 任侠もの ユーモアもの 全開、B級グルメの傑作である。
こてこての人情噺の間にうずもれてしまいがちだが、下記のよう技巧を凝らしている点は、「稀代のストーリーテラー」の呼び名通りだと思う。
  ・晩秋の奥日光の風景描写。
  ・緊迫した話を一気に進めず一呼吸置くためにユーモラスな短い話を間に挟む。
  ・演劇の三一致の法則にも似た、
     ひとつの場所--プリズンホテル
     ひとつの時  --一泊二日
   で絡み合う話をまとめ上げている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑って、少しほろりと出来るドタバタ人情喜劇だが、どこかで人間というのは大差ない生き物だと思えて来る。

2019/01/29 09:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑って、少しほろりと出来るドタバタ人情喜劇だが、どこかで人間というのは大差ない生き物だと思えて来る。特に、一般的には対極にあると見える、警察とヤクザを一つの「檻」の中に放り込んで自在に泳がせて描いた本作は実に愉快である。とは言え、本作の魅力は何といってもどこか普通とずれた登場人物の魅力でしょう。何しろ誰をとっても程度の差こそあれ社会一般からずれてるのだから可笑しくない訳がない。唯一人、普通だった筈の花沢一馬ホテル支配人すら既にプリズンホテルに馴染み始めている。とは言え、やはり最も歪んでいるのは私=木戸孝之介でしょうね。残り2シーズン(冬・春)でどう変わっていくのかが楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

濃いぃキャラとストーリー

2021/05/16 20:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズのいいところはキャラが豊富で、そして濃いぃところ。今作でも思う存分本領発揮!今作では手違いでプリズンホテルに宴会旅行にやって来てしまった警察官御一行様が、当然の如くヤクザの御一行様と遭遇!そんな濃いぃストーリーとキャラにあって、作家先生と一緒について来た6歳の美加。今作でも作家先生はいやらしさ満点。美加への虐めにむかつきます。最後はちょっとだけ改心?ナベ長やらいいキャラも出てきて、次作も楽しみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかっちゃいるけど泣いちゃうの。

2011/12/17 13:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日読んだ『プリズンホテル【1】夏』に続く、
任侠団体による任侠団体のためのホテルを舞台にしたシリーズ第二弾。
『プリズンホテル【1】夏』の義理と人情と仁義と愛と涙と笑いの
バランスがとても心地よかったので続けて読んでみた。

が、好みと言ってもやはり文章が苦手な浅田作品。
続けて読んだせいか、くどさが否めない。
予定調和というか、安心できるというか、安定しているというか…。
想像したとおりに物語は進み、想像したところに着地する。
まぁ、ヤクザが経営するホテルなので
それなりにひと波乱もふた波乱もありはするのだけれど。

今回はヤプリズンホテルに桜の門を背負った警察の方々が
慰安旅行で宿泊したり、
その全く同じ日に同じく桜を背負ったヤクザの方々が宿泊したり、
とけっこうしっちゃかめっちゃか。
でもちゃんと物語は着地する。
このあたりが浅田さんのすごいところなんだろうなぁ。

個人的には、任侠もの小説家・木戸孝之助がお供に連れてきた
美加という名前の子どもがどうにも切なくて哀しくてたまらなかった。
美加にはどうか幸せになってもらいたい。

泣いちゃうんだよなぁ。
わかっていても。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/26 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/17 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/30 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/17 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/03 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/25 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/13 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/24 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/28 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。