サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: アルファポリス
  • サイズ:17cm/120p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-9900695-3-6

紙の本

つめたい太陽

著者 片山 香 (著)

気まぐれに年配の男Gとの関係を続けるエリカは、夏休みに島にあるGの別荘で欲望に任せた気だるい日々を過ごす。表題作「つめたい太陽」をはじめ、様々な恋愛模様を描いた短編集。イ...

もっと見る

つめたい太陽

税込 539 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

気まぐれに年配の男Gとの関係を続けるエリカは、夏休みに島にあるGの別荘で欲望に任せた気だるい日々を過ごす。表題作「つめたい太陽」をはじめ、様々な恋愛模様を描いた短編集。インターネット上の公開作品から書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

つめたい太陽 7-29
ろくでなし 30-49
シュレディンガーの猫 50-67

著者紹介

片山 香

略歴
〈片山香〉1970年愛媛県生まれ。保健婦、HIVボランティアを経て、現在、都内病院救急部勤務のナース。「アヤの肖像」で修文社の第一回オンライン小説新人賞に入賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

可愛い女性たち

2001/10/20 08:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よιみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「恋をしていた」 帯にそう書かれていたので恋愛小説かと思いました。ところが読んでみると恋愛などどこにもありません。暑い太陽の下、真っ白なカリフォルニアのようなところで奔放に生きる女性。自分で自分の感情がわからぬままに好きなように振る舞い、気が向けば性をむさぼるだけ。
 私は男性で、このような女性が嫌いです。我が儘なのは許せるとして、未熟でありながら、妙に肉体だけ成熟しているというか、肉体にのみ価値観を感じているように思えて好きにはなれません。
 短編小説なのでとりあえず最後まで読んでみるかと思っていたら、最後に衝撃を受けました。あっ、これは恋愛小説であったか。それがわかると、妙にこの女性が可愛く思えてきました。
 月並みではない恋愛小説。そしてたくみな女性心理が表題作以外にも描かれていますが、それを作者が女性だからと思うのはどうでしょうか。女性心理がわかってはいても、表現する筆力があってこそ読者に伝わってくるのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次作を早く読みたい

2001/11/14 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソウダヒロシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙の女性がタイプですね。壮丁、ノーマルだけれどいいんじゃないでしょうか。
 中身。6つの短編小説というよりも、6つのオムニバスエッセイという印象。各エッセイの最後の1行がいい。次回はここから書きはじめてみたらどうだろう? 時系列の展開に意外性が欲しい。さらに設定にも。
 本当のようなウソが小説なので、本当みたいな本当の話は、小説でなくエッセイになってしまうと思う。
 山田詠美(黒人と寝ちゃー小説のネタにする。実はこれには大先輩の詩人白石かずこがいる)の系譜を狙うのか? こうなると読者は女性に限定される。山田詠美の小説を読む男はニューハーフくらいなもの。
 医療現場を扱った社会派「白い巨塔」、サスペンスもの「心室細動」のように、ディテールを道具立てとして使用できる環境にあるのだからこれを上手に使ってストーリーものを書いてみたらどうか?
 この6つは習作であるわけで、NEXT ONEが処女作になるのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。