サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0623-27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/246p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-861392-3

紙の本

ロビンソンの島、ひみつの島

著者 クラウス・コルドン (作),ダグマール・ガイスラー (挿絵),本田 雅也 (訳)

湖に無人の小さな島を見つけたヨーは、1人ロビンソン・クルーソーごっこを始めた。偶然島にやってきたスターネをフライデーがわりにしようとするが…。冒険、初恋、友情、新しい出会...

もっと見る

ロビンソンの島、ひみつの島

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

湖に無人の小さな島を見つけたヨーは、1人ロビンソン・クルーソーごっこを始めた。偶然島にやってきたスターネをフライデーがわりにしようとするが…。冒険、初恋、友情、新しい出会いを通して成長していく少年の夏を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

クラウス・コルドン

略歴
〈コルドン〉1943年ベルリン生まれ。フリーの作家。市民大学で国民経済を学ぶ。作品は多く翻訳されドイツ児童図書賞等国内外の著名な賞を受賞。著書に「小さな村の大きな郵便事件」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ひと夏の出来事。ある人にとっては、甘く、切なく、ある人にとっては、思い出すたびになんとも楽しいもの。

2001/08/28 16:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エーミール - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひと夏の出来事。それはある人にとっては、甘く、切なく、またある人にとっては、思い出すたびになんとも楽しいもの。

 俳優の父親と児童文学作家の母親を持つ男の子ヨーには、兄弟はいない。夏休みだというのに両親は、仕事ばかりしていてヨーとは、遊んでくれない。食事といえば、ピザや缶詰のスープばかり。おまけに買い出しまでやらされる。ヨーは、悪いとわかっていて『ロビンソン・クルーソー』の本を万引きする。見つかるだろうと思ってやったのに誰にも気づかれず、がっかりする。自分で万引きのことを両親に話すと、妙に理解のある両親は、罪滅ぼしにゴムボートを買ってくれる。広い湖にこぎだしたヨーは、無人島を見つけ、そこでロビンソン・クルーソーごっこを始める。そこへ、スロヴェニアからきた少年スターネが泳いでやってくる。ユルちゃんという女の子も組み立て式の青いボートで来て、仲間になる。そうして、ヨーにとってこの夏が忘れられない夏になる出来事が起こる。
 あまり危なくないところで子供を一人にして自由に遊ばせるということが、この頃ほとんどなくなったのではないだろうか。いつも大人がついていて、遊び方や観察するものや、実験してみることまで用意されていたりして。ほっぽらかして退屈させると、子供ってなにか思いついて遊び出すものだったのにね。本を読むのもその一つだし、この話みたいに本が想像のヒントになったりもするしね。そういう面では、とても今風な設定だけれど、起こることは、かってのよき時代の児童文学にむしろ近いかもしれない。親がほっぽらかしにしたから、こんなに素敵なことに出会えたってわけね。この話の親は普段からものすごく教育的なわけでもなく、家族のつながりにひどくこだわっているわけでもない。でもこのヨーという男の子は、自分の待遇についてさまざまに思いを巡らせ、親の気持ちを先に考えてしまったりする。そのへんが、いまどきの親であり、いまどきの子どもなのだろうか。
 楽しく、ほほえましく、面白く読んだ。夏休みに読むのに、ピッタリの本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/12/17 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。