サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダレン・シャン 2 若きバンパイア
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2001/09/12
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:22cm/302p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-09-290302-2

紙の本

ダレン・シャン 2 若きバンパイア

著者 Darren Shan (著),橋本 恵 (訳)

「奇怪なサーカス」で、バンパイアのクレプスリーと取引をして、半分だけバンパイアになってしまったダレン少年。血を飲まなくては生きていけないが、そんなことはしたくない。悩むダ...

もっと見る

ダレン・シャン 2 若きバンパイア

1,728(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ダレン・シャン 13巻セット

  • 税込価格:21,276197pt
  • 発送可能日:購入できません

ダレン・シャン 13巻セット

  • 税込価格:21,276197pt
  • 発送可能日:購入できません

ダレン・シャン 13巻セット

  • 税込価格:21,276197pt
  • 発送可能日:購入できません

ダレン・シャン 13巻セット

  • 税込価格:21,276197pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「奇怪なサーカス」で、バンパイアのクレプスリーと取引をして、半分だけバンパイアになってしまったダレン少年。血を飲まなくては生きていけないが、そんなことはしたくない。悩むダレンと新しい親友たちとの関係は…?【「TRC MARC」の商品解説】

少年から大人まで楽しめる英国生まれのファンタジーミステリーの決定版。

大好評の第一弾『ダレン・シャン ――奇怪なサーカス――』に続き、さらにハラハラドキドキさせられるのが、第二弾です。予想のつかぬストーリーが次々と展開されてゆき、読み出したら止まらなくなってしまいます。第一弾に寄せられた読者のはがきには、「早く第2巻を読みたい」「こんなにおもしろい本は初めて」「ハリー・ポッターよりもおもしろかった」などなど、熱烈なメッセージがいっぱいありました。友情のために家族と別れ、半バンパイアとなった主人公のダレン少年に、読者は自分の姿を重ねてみているようです。奇想天外なストーリーの中に、友情と冒険が核として織りこまれている不思議なファンタジー小説です。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

本のつながり

2006/02/25 08:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ana - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本のつながりは、1巻から3巻まで、似たような絵なんですよね。3巻まで持っている人はわかりましたか? だけど、それだけではない『ダレン・シャン』シリーズ。2巻は、ダレン少年の“出会い”が始まります。
 まずは、奇怪なサーカスこと、シルク・ド・フリーク。このサーカスで華麗に蛇を操るのが、蛇少年のエブラ・フォン。この人物も、これからの『ダレン・シャン』とつながりがある重要人物です。友情の事など、いろいろな面で、エブラは本当に重要だと思いますよ。
 ここでは、2人の人物(つまりダレン少年に言わせれば“友達”ですね)と出会います。まずは、最初に言ったエブラ。その次は、フリーク(異形)ではない普通のオニオンピクルスが大好物のサム・グレスト。血がなかなか飲めないダレン少年は、このサムのおかげで血が飲めるようになったと言ってもいいでしょう。しかし、そこまでいくには、とても悲惨な事が起こるのです。これもまた、今後の“つながり”ではないでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スリル満点

2004/11/05 17:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラビット - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作では、バンパイアとなってしまったダレン。
今回は、いろいろな主力キャラ続々登場します。
最後の結末に涙する人も多いのでは?
一冊目より、さらに数倍おもしろいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スリリングさをそのままに

2002/09/28 03:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にせもの - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻は非常にスリリングでしたが、それをきちんと継承したスリリングさ。どうでもいいところにもスリルがあり、非常にドキドキさせられます。
ハーフヴァンパイアであることをかたくなに拒否するダレンの姿に心打たれます。大人から子供までぜひ読んでほしいです。ページ数も適当で非常に読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バンパイアとしての、決意。

2002/03/31 17:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユーリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ダレン・シャンシリーズの第二作目。
 
 ダレンが、半バンパイアとなって、2ヶ月がたった。ダレンは、バンパイアの生活になじめず、四苦八苦している。友達もいないさびしそうなダレンを見かねたクレプスリーは、シルク・ド・フリークにもどることにする。そして、シルク・ド・フリークにもどった、ダレンを待ち受けていたものとは…?

 この2巻の見どころは、ダレンと、クレプスリーの関係でしょう。1巻では、ダレンから、家族をうばったにくいバンパイアとしてかかれていたクレプスリーですが…? 2巻ではどうなるか、それはお楽しみ。その一方で、深まる、リトル・ピープルの謎とは…? ここでは、ダレンの人間関係(バンパイア関係?)が複雑になってきますが、素晴らしい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

取り返しのつかない選択

2001/11/25 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:讃岐P太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 さて、ネタばれもなにもサブタイトルがまんまなんですが、1巻のクライマックスで、大親友の命を救うために自らがヴァンパイアと取引をする事となったダレン。いやいやながらもクレプスリーと旅を続けます。

 半ヴァンパイアとなったダレンは、クレプスリーにヴァンパイアとしての生き方を教わりつつ、旅を続けていた。だが、どうしてもダレンは人間の生き血を吸うのだけはいやだった。血を吸ってしまえば、自分がもう人間に戻ることはできない——そう感じていた。
 もちろん、半ヴァンパイアとなってしまった自分が、再び人間に戻れるなどと、ダレン自身も思ってはいなかった。だが、ヴァンパイアの血に流されてしまう事には、かたくなな抵抗を続けた。
 「新しい友達をつくることもできない」そう嘆くダレンに、クレプスリーはシルク・ド・フリークと合流することを提案する。サーカスの一団はクレプスリーの正体を知る数少ない仲間だった。

 サーカスと合流したダレンは、そう時間を費やすこともなく皆と打ち解けることができた。中でも、蛇少年のエブラとは年が近いということもあり、すぐに打ち解けることができた。あの事件以来できた初めての友達だった。

 サーカスのキャンプで暮らしているうちに、近くの少年サム・グレストが度々姿を見せた。彼と、ダレンとエブラの三人が仲よくなるのにたいした時間は必要なかった。そして、しばらくののちサーカスは講演を開始した。

 それが新たな悲劇の引き金になるとは、だれ一人思いもよらずに……。


 「あの時、○○していたら……」人生は、悔いることの連続と言えますが、この小説は随所に事件を回避できたかもしれない分岐点というモノがありますね。でも、そのおかげで思い悩むダレンに強い感情移入ができるのではないでしょうか。2巻は1巻以上に、ダレンは自分の判断、決断を悔いることになってしまいますが、今回は選択する場面が数多いのが特徴。その分ハラハラドキドキする展開に磨きがかかってます。

 でも、自分ができることをやり通そうとするダレンは格好いい。頑張れダレン。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人も読める

2002/07/07 00:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大仏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまでの吸血鬼もの、と言えば。
主人公はさまざまな超能力を持ち、人間離れした運動能力を持っていたりする。
つまり、完全無欠のヒーローと言うわけだ。
しかし、本書の主人公は違う。
ヴァンパイアでもなく、人間でもない。
それ故に、主人公は悩み孤独に苦しむ。
この本を読めば、大人であろうと新しい何かを見つけるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダレンに新たな出会いと別れが…

2002/07/05 23:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作「奇怪なサーカス」で、親友スティーブの命を救うため、バンパイアの手下となり、闇の世界へと踏み出すことになってしまった少年ダレン・シャン。

 バンパイアのラーテン・クレプスリーとともに、半バンパイアの生活に入ったダレンでしたが、どうしても人間の血を飲むことができず、かといって普通の暮らしに戻ることもできず、次第に弱っていきます。
 クレプスリーはダレンのために、異形のサーカス「シルク・ド・フリーク」に戻ることに。
 ダレンに、新たな出会いと別れが訪れることに。


 吸血鬼を主人公にした物語は、それこそ山のように書かれてきたと思うし、これからも書かれていくことでしょう。
 でも、バンパイアの定義というか、設定はそれぞれの物語で微妙に違っていますよね。

 このシリーズでは「半バンパイア」という存在があるところが、面白いな〜と思います。
 完全なバンパイアではないけれど、人間とも違う、特殊な力を持った存在。それゆえに、中途半端な存在として孤独な存在となってしまったダレンが、出会ったあらたな友だち。

 1巻では家族との決別が描かれていましたが、この巻のラストにも、悲しい別れが待ち受けています。心してお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/10 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/09 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/14 02:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/25 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/06 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/18 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/24 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/17 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。