サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  眠れなくなる本 眠りたくないときも眠れないときもあなたに寄り添う ~11/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-40145-X
文庫

紙の本

ひかりのあめふるしま屋久島 (幻冬舎文庫)

著者 田口 ランディ (著)

ひかりのあめふるしま屋久島 (幻冬舎文庫)

税込 586 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

田口ランディに目覚めた

2003/02/24 01:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふくふく - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はいつの頃からか旅に目覚め、自然に目覚め、島に目覚め、そしてごく当然の道筋をたどるようにしてこの本に出会い、田口ランディに目覚めた。
この人が屋久島で出会うさまざまなことは、素朴だけどキラキラしていて、何か奥深いものを秘めている。いわば「人生の不思議エッセンス」みたいなものがぎゅっとつまってる本。そしてランディさんがその不思議をとてもすっきりと受け止めている様子が心の底から羨ましい。屋久島の自然は素晴らしい。けれど、自然の中に在って、そこから何を感じ、受け取るかは、受け手側の自分にかかってるんだと実感する。感受性を磨かなければ!と読み終えて思い、そしてわくわくしてくる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

屋久島に行きたくなる本

2002/01/21 21:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Avanti - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世界遺産の『屋久島』に興味を持つようになってこの本を手に取った。『縄文杉』しか知らなかった私に著者はそれ以外のいろいろな深みある自然を教えてくれた一冊である。
 著者はこの屋久島に行くことによって『書く』ということを生業にしようと決めたとのこと。昔からの自然の残る場所では人間の本能やら本心までにじみ出てきてしまうのではないかと信じさせてくれるような本で、自分もそういうことを体験しに屋久島に行きたくなった。
 屋久島のより深い楽しみ方を教えてもらったと言う感じだ。観光案内でありながら小説のような、ちょっと哲学書のようなとてもお得な本だと思う。
 この本が田口ランディさんに興味を持つきっかけとなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自然とのつき合い方

2001/10/11 11:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kosaka - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の屋久島との出会いから始まり、どのように屋久島とつきあっているかが綴られている。屋久島の自然を情感豊かな表現で紹介するとともに、自然と人間の関係がかかれている。自然と人間の関係といえば大げさな表現になるが著者の場合、著者が感じた事を独特の表現で文章化されており、読んでいて屋久島の自然の神秘的な雰囲気がよく伝わってくる。上に屋久島とつきあうという表現を書いたが著者のスタンスはまさにそのような感じであり、観光案内的なものはほとんどない。代わりに屋久島を本当の意味で楽しむにはこういう手段もあるという案内が溢れている。屋久島に限らず自然を感じる術を教えてくれる書物である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/18 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/08 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/08 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/27 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/04 02:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/09 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/25 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/12 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/04 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/05 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/17 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/01 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。