サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/366p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-40152-2
文庫

紙の本

月に繭地には果実 上 (幻冬舎文庫)

著者 福井 晴敏 (著)

月に繭地には果実 上 (幻冬舎文庫)

税込 713 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ガンダムを客観視できる世代と、できない世代

2008/07/29 23:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 以前、「終戦のローレライ」の大森望さんの書評を読んだ時、
"これ、ガンダムです。"と一言書いてありました。
もともと、大森さんって北上さんがよく言うとおり、
なにかを短略的に他のものに例えるのが物凄く得意な人なのですが、
これは、全然気付かなかった、、。
 で、このとき、ふと気付いたのです。
ガンダムを冷静に客観的に見られる人と、ガンダムを客観的に見られない人が
いることに。
 これは、現在でも続編、スピンアウト作品、が作られる大ヒットアニメの宿命というか、
しょうがないのかもしれませんが、もうある年代にひそむ世代間の問題かもしれません。

 で、そのガンダムを客観的に見られない世代の作家、筆頭格みたいな福井晴敏のターン・エー・ガンダムのノベライズ化です。
それを、同じく、客観的にみられない読者の私が、読んでみてどうだったか?というのが、
 今回のテーマです。

 もう一つ、最初に付け加えておきたい、エピソードを。
福井さんの奥さんが本書について、コメントしていたのですが、
これも、あきらかにガンダムを客観視している人としていない人を
区別した上でのコメントなのですが、
本書内にあるモビルスーツ(リアル・ロボット)(本書内には、機械人形という言葉を使っています)
 は、想像し難い人は、大きな戦車みたいな兵器が動いていると思って読むと読みやすいと思います、と。
やっぱり、このガンダムにおける理解度の差は、読む上でもかなり大きいのかもしれません。

 で本書ですが、
大きな歴史、戦いがあり、荒廃した地球。
しかし、人々は、着実に文明を取り戻し、徐々にですが、復興を成し遂げてきました。
文明の進みぐわいとすれば、農業化社会から、内燃機関の工業化が漸くはじまったあたり。
 ところが、そのころ、この戦いと荒廃した地球を捨て、月に移民していた
ムーン・レィスと呼ばれる、集団が地球への帰還を計画し実行。
地上でのこの二つの勢力の邂逅は戦闘になってしまうのですが、、、。

 すげー、SFとして、設定は、かっこいいと呼んでもいいレベルだ。
と最初は思っていたのですが、
 少し、アニメも見ていた私は、やっぱりロランとか、ソレルとか、キャラの名前が出てくると
安田さんがキャラデザしたキャラクターが脳内には浮かび日本のアニメ独特3コマでかくかく動く感じ、
モビルスーツが戦うシーンでは、なぜか、アニメを見ているかのごとくわくわくしてしまいます。
 50何話あるアニメを一冊(文庫で3冊)にしてあるので、キーになるピンポイントの話を
ノベライズした感じですね。
 過去の大きな戦い、大きな歴史を黒歴史として、本書内では、あつかい、
この辺に、全てを肯定するうえでも、又、全てをひっくり返すうえでの
ターンエーの意味合いを窺えます。
そして、その黒い歴史の中で福井ワールドの兵器GUSOHまで登場し、さりげなくですが、これで
ガンダムワールドと福井ワールドがハイパーリンクしました。
富野作品特有の台詞回しは、福井作品に転化することで、消えていますが、
 やはり、オリジナルの福井作品とは、一線を画す仕上がりであること間違いなし。
読んでいる私も、最初は、SFだよ、と思って読んでいましたが、
 長い作品を読むうちに疲れもあいまって、最後は、ガンダムをとして読んでいました。
安彦さんのインタビューで、ガンダムがSFかどうか、っていう一大
議論があったのですが、富野さんは、SFとして作ったと思うというように、
やっぱりSFだと思うけど、
やっぱりある世代には、ガンダムを客観視することができないのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人類は何処へ向かうのだろうか

2001/11/13 22:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うつほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 悲惨な戦争の歴史を経て、人類はわかたれた。過去の歴史を全て忘れ自然を享受しそれと共に生きる生活に戻った地球の人々と、苛酷な環境の中で閉鎖的で抑圧された生活を送る、その大部分がいつの日か地球に帰還することを夢見て眠りにつく月の人々(ムーンレィス)たちと。
 月人(ムーンレィス)のロランは環境調査員の試験に合格し、友人キース、フラン達と共に地球へ降り立った。彼らと別れ、地球での生活に胸膨らませるロランは、地方の名士の御曹司グエンと出会い、キエル、ソシエ姉妹らと出会い、地球の環境になじんでゆく。しかし成人の儀式の夜、突如侵攻してきた機械人形にロランたちの平穏は破られる。
 暴走する人類はどこへ向かおうとしているのか…。

 本書は角川から出ているターンエーガンダムを改題、再構成した上で出版したものとのこと。
 この話のもとであるターンエーガンダムはテレビシリーズとしても放映されたものである…らしい。
 もちろんガンダムを知らなくても十分楽しめる。そして、ガンダムだからと敬遠する層にも読んでもらいたい。 著者の福井晴敏氏は『亡国のイージス』などを書きあげているだけあり、複雑になりがちな戦闘シーンも理解しやすい。久々に読ませる著者に出会った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/21 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/19 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/02 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/28 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/13 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/06 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/30 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/23 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/21 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/16 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/03 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/16 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。