サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月蝕の窓(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/432p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182194-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

月蝕の窓 (講談社ノベルス 建築探偵桜井京介の事件簿)

著者 篠田 真由美 (著)

「赤いお月様」は何を語る? 少女の記憶が蘇った時、女たちの悲嘆が宿る「月映荘」でまた惨劇が。容疑は精神的に不安定なその少女に。事件の真相は呪われた館の過去、さらに京介自身...

もっと見る

月蝕の窓 (講談社ノベルス 建築探偵桜井京介の事件簿)

1,134(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「赤いお月様」は何を語る? 少女の記憶が蘇った時、女たちの悲嘆が宿る「月映荘」でまた惨劇が。容疑は精神的に不安定なその少女に。事件の真相は呪われた館の過去、さらに京介自身の封印された記憶にからみつく。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

篠田 真由美

略歴
〈篠田真由美〉1953年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒。著書に「琥珀の城の殺人」「彼方より」「この貧しき地上に」、建築探偵桜井京介シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.7

評価内訳

じわじわ明らかにされる京介の過去

2002/07/26 10:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

建築探偵シリーズはやくも10冊目!
今回は京介と深春がメインです。神代教授が出てこないのが、とっても残念(笑)!
今回も中心になるのは、女性を中心とした悲劇が起こった館です。(もはや恒例ですね(^^;)
モチーフには多重人格を使用しています。注目は京介と犯人との対峙。京介の深い闇に少し
触れています。そろそろ京介の過去があきらかにされるのでしょうか?それが第二部の
ラストでしょうね…。う〜ん、楽しみです。しかし京介は周りの人間に恵まれていますね〜。
私も、深春の手作り弁当食べたいぞ(笑)!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

桜井京介、絶対絶命!?

2001/09/09 02:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 建築探偵桜井京介の事件簿シリーズ最新刊。
 栃木県の那須高原の、明治時代に建てられた洋館「月映荘」を舞台に、時を隔て、繰り返される惨劇の数々。今は住む人もないその館の調査・保存のために、館の傍らのプレハブ小屋に泊り込むことになった京介。
 世間とのしがらみを振り捨て隠遁生活への予行演習になる、との想いで東京から逃げるように那須へやってきた京介を待っていたのは、館の持ち主をめぐる、新たなる惨劇だった。
 自らの過去、心の闇を抱えながら、事件へと肉薄し、真犯人と対峙する京介に襲いかかる絶体絶命の危機とはいぇん。

 はっきり言って暗いです。
 なにしろ、著者自らがあとがきで「彼(京介)のそばに深春も蒼もいない。どこまでも京介のモノローグ。ええい、うっとおしいッッ!!」というぐらいなので、物語半ばに、深春が押しかけてくるまでは、けっこう読んでてツライものがありました。
 が、後半は深春の協力もあり、事件の調査もはかどってゆき、急にテンポが良くなります。そして急転直下、物語は、二人の命がけの闘いへと…。シリーズものだし、主人公が死ぬことはなかろう、とは思うものの、このあたり、ちょっとドキドキしちゃいますね。
 
 京介に「能天気」と言われ、「馬鹿のが楽だぞ、生きるには」と答える深春の優しさが、心に染みます。

初出うたたね通信社

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女たちの悲嘆が宿る「月映荘」で起こる惨劇

2001/11/06 22:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:迫水由季 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1986年、那須高原に建つ明治時代の洋館「月映荘」で二人の女性が殺された。その時に、一人だけ助かったのが当時11歳だった印南茉莉である。これは強盗殺人だとする説が有力だったが、犯人が特定できないまま月日は流れた。
 1997年、桜井京介を含む一行は赤城邸調査から足をのばして、そっくりな設計であるといわれる「月映荘」へと向かう。館に辿り着くと、同行していた茉莉の様子がおかしくなり、「あの時見たのは、赤いお月様じゃない。血で赤くなったお兄様の顔
だった」と告げる。彼女は過去の事件に関して封じられていた記憶を取り戻したかのようにみえた。その後、1999年に茉莉の義理の兄である印南雅長は真相不明のまま、自宅マンションで謎の転落事故死をする。あるいは、これは義妹に告発された故の自
殺だったのか?
 そして2000年、再び「月映荘」に向かおうとする桜井京介に、霊能力を持っているという少女・輪王寺綾乃は「あなたの命に関わる危険があるから行くのをやめてほしい」と忠告する。「忠告をいただいたからこそ、死ぬわけにはいかなくなりました」と桜井は答え、那須へと旅立った。
 しかし「月映荘」ではやはり再び惨劇が。女たちの悲嘆が宿るといわれるこの館は本当に呪われているのだろうか? それに関わる桜井の運命は?

 建築探偵・桜井京介シリーズの10冊目、番外編2作を除くと、8作目の長編である。
もちろん単独で読むことも可能だが、ここはやはりシリーズを順番に読むことをお薦めする。
 というのも、主人公である桜井京介については8作目にしてもいまだに謎が多いのだが、シリーズを通して段々と彼の過去や人物像が明らかにされてきているからである。
 特に、本作品は以前関わった事件を通して、自分の在り方について悩んでいる桜井の視点で大半のストーリーが進んでいく。著者自身があとがきで「視点人物が自閉して、ぐずぐずと悩んでばかりなのだから、物語が快調に動くわけもない」と記してい
るが、桜井京介のモノローグで進んでいく部分が多いのである。
 しかし、この桜井による内面的な語りが心地よい、と思う読者も多いのではないだろうか。確かにテンポよく進んでいく話、スピード感のあるものというのも楽しいが、ゆっくり主人公とともに考えながら読んでいける作品というのは、また別の味わ
いがある。
 そして、その桜井の視点にどこか同調することができれば、苦い結末を経て、最終ページでは優しい感動を覚えることだろう。
 シリーズを通しての読者にとっては気になるところかと思うが、後半になってからは桜井の友人である栗山深春も合流するのでご安心を。深春が来てからは、事件が解決に向けて進展していくので、その流れの変化もまた楽しい。

 シリーズ全般では、建築探偵というタイトルからもわかるとおり「建物」が中心になっているのだが、さらに今回は雪・月・花にまつわる話が効果的に使われている。
これらの美しさも味わえる作品であるところは、著者の持ち味であろう。 特に、輪王寺が語る、雪が降る時に聞こえるという「雪音(ゆきね)」のエピソードは心に残る。 (bk1ブックナビゲーター:迫水由季/役者・ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/22 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/29 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/06 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/30 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/18 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/21 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/05 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/28 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/27 06:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/05 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/04 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る