サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/562p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-198275-3
文庫

紙の本

金色の盃 上 (講談社文芸文庫)

著者 ヘンリー・ジェイムズ (著),青木 次生 (訳)

金色の盃 上 (講談社文芸文庫)

税込 1,595 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

とても滑稽な「自由」の探究

2002/06/30 10:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジェイムズ最後の完結した長篇小説にして、その最高峰といわれる複雑な小説。が、難解難解といわれているわりに、読みはじめるとこれはコメディである。めちゃくちゃ面白いというかかなり笑える。翻訳もいいし、これは『鳩の翼』よりもオススメできるんじゃないかと思う。

ジェイムズは自作がまったく読者に理解されていないと思っていたらしく、自分の作品にしつこいくらい注釈や解説を加えているのだが、そういう作家にありがちなことに、もっぱら作家的な視点から執拗に批評を行っている。ジェイムズのもっとも関心のあったキーワードは「伝統」あるいは「習慣」だったようである。あるいは「伝統」によって形成される「習慣」と、そこでの個人の倫理、あるいは自由の問題と言い換えてもいいかもしれない。近代小説史の復習になってしまうが、個人の優位が客観性のレヴェルで崩壊するのに併せるかのように小説の語りに「視点」という方法論的な概念を意識的に導入したのがジェイムズであり、その方法論が純化・過激化されて「意識の流れ」につながるわけなのだが、ジェイムズは寧ろ「語り手」という荒唐無稽な概念に機能的に注目している。面白いのは、この機能的な注目が、彼の「習慣」と「自由」の主題系と実に緊密に関係しているところである。非人称の語り手が「透明ではない」(何らかの習慣に属している)というのがジェイムズの複雑さであり、そこで言葉の自由と人間の自由とが「同じもの」として探究される仕組みになっているのだ。それを読まずしてジェイムズを読むことは出来ないが、同時に、その探究を洗練されたドラマ(僕には前述したようにそれは「喜劇」の要素が強いように思われるのだが)として提出していることも忘れてはならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。