サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ほんとうの空色(岩波少年文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/155p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114088-8
文庫

紙の本

ほんとうの空色 (岩波少年文庫)

著者 バラージュ (作),徳永 康元 (訳)

フェルコーは貧しい母親と二人暮らし。少年が、野原の花の汁でつくった青い絵の具で空を描くと、その空にほんものの太陽や月や星が輝きだしました。少年は次々と不思議な出来事に巡り...

もっと見る

ほんとうの空色 (岩波少年文庫)

税込 691 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

朝の読書学級文庫必備セット小学生中級向き 25巻セット

  • 税込価格:18,230168pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フェルコーは貧しい母親と二人暮らし。少年が、野原の花の汁でつくった青い絵の具で空を描くと、その空にほんものの太陽や月や星が輝きだしました。少年は次々と不思議な出来事に巡りあいます。みずみずしいハンガリーの名作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

バラージュ

略歴
〈バラージュ〉1884〜1949年。ハンガリーの詩人・作家。ハンガリー革命に参加するが、革命政府は瓦解し1919年ウィーンへ亡命。長い亡命生活の後、45年に帰国。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「ほんとうの」という言葉、そして「空色」という言葉に込められた、子ども時代が過ぎ行くころの甘くしびれるような痛み。ファンタジーの素敵を宿すハンガリーの名作。

2005/01/21 10:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 子どもの本を何となく卒業したころ、新潮文庫をはじめとする世界文学の名作にすっと移行できたのは岩波少年文庫のおかげではなかったか。シリーズ巻すべてに、創刊50周年(2000年)の新版発足に当たっての意気込みが付されている。改めて読んでみれば「歳月を経てなおその価値を減ぜず、国境を越えて人びとの生きる糧となってきた書物」という記述——それは求める本の理想にぴたり重なる。他社で長らく品切れがつづいていた本書も、いかにもその説明にふさわしい名作だ。
 少年文庫シリーズに所収されたからこそ出会えた1冊であり、やはりシリーズ全巻制覇を目指すぐらいのつもりで読みつづけていこうかという気にさせられる。このシリーズに収められていれば間違いはないというブランドがすっかり少なくなった昨今の出版界においては尚さらのこと。

 暮らしが貧しいから絵が好きなのに自分の絵の具が買ってもらえないというのは、今の子どもには分かりにくい状態だろうが、主人公のフェルコーはそのような境涯。お金持ちの少年から借りた絵の具のうち、空の色を描くのに使うつもりだった藍色(プロシアン・ブルー)のチューブが目を離したすきになくなってしまう。フェルコーを窮地から救い出してくれたのは用務員のおじさん。町外れの野原に咲き乱れる花で「ほんとうの空色」絵の具が作れることを教えてくれる。「ほんとうの」という言葉が鍵だ。

「空の色を描いてみて」と言われれば、就園前のおさなごでも、青いクレヨンを握って白い紙を塗りつぶそうとする。では、「なぜ空は青いのか」と問えば「太陽光が大気圏に達すると、空気の分子にぶつかって散乱を起こす。光のスペクトルのうち波長の短い青色が地上近くに散らばり、可視光線として地上にいる人間の目に映る。空の色は元々は宇宙の色、すなわち暗闇の色」だか何だか、科学知識のある人は説明してくれるに違いない。
 この本で「ほんとうの」は科学知識として述べられはしないが、空は青く光るものとしてだけ登場するのではない。最初は青い花で作ったフェルコーの空色は確かに青い色だったのだが、ほんとうの空のように、常に一様ではなく変化するものだった。太陽光が雲にさえぎられてしまうときには、それなりの色になってしまう。ほんとうの空に実に忠実な色なのである。
 フェルコーがこのような珍しい絵の具を持っていることは本人だけの秘密にしておければよかったのだが、別の人間に知られることによって、いたずらに使われてしまう。いたずらがもたらす意外で不思議な事件、どたばた騒動が面白く展開していく。にぎやかな物語ではあるのだが、それがしっとりした幻想性と同居しているのが、価値を減じない本書の魅力だろうか。
 ファンタジーを身のなかに取り込んで生きることの素敵を結晶させたのが最後の3ページ。そこには、絵の具や少年時代を通過するフェルコーの姿が目の覚めるような「青」で描かれている。それはほんとうの「青」、つまり彼自身の「青春」時代へ移行していくことの暗示となっており、甘い痛みとしびれを残す結びだ。
 
 作者は単なる児童文学作家ではなく、ルカーチ、マンハイム、バルトーク、ゴダーイなどそうそうたる文化人や芸術家と親交深かった作家であり、ハンガリー映画界にとって重要な1人であったということを加えておきたい。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな絵の具があったら良いな♪

2001/12/02 00:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 母親と二人暮らしの貧しい少年・フェルコーは、お金持ちのチェル・カリから借りた青色の絵の具を無くしてしまいます。チェル・カリに「絵の具をとった」と責められて困ってしまったフェルコーは、野原の花の汁を集めて絵の具を作ります。その青色の絵の具で空を描くと、その空にほんものの太陽や月や星が輝きだしました。空色の絵の具をめぐり、さまざまな不思議なことが次々におこるファンタジックな、ハンガリーの名作。

 こんな絵の具があったら、楽しいだろうなあ……。私だったら何に使うかなぁ? あんなことや、こんなことや……。なにしろ、描いたところが本物の空になっちゃうんだから!!
 でも、よ〜〜く考えて使わないと、いろいろ失敗しちゃうんですよ。あなたもこの本を読んでみて、あなたの使い方を、ぜひ考えてみてください。
 しばらく絶版になっていた作品が復刊したものです。読むなら、今!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「空色」ってどんな色?青いだけではないよね。

2001/09/25 15:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 金持ちの少年と貧しい少年そして絵の具というと、有島武郎「一房の葡萄」を連想するのは、ある年代以上だろう。舞台も中身も違えども、ここに流れている空気は同じだ。
 貧しい洗濯女の母親とふたり暮しのフェルコーは、なくしてしまった藍色の絵の具のかわりに、ふしぎな野原に咲く青い花の汁を手に入れた。この絵の具で空を描くと、その空に本物の月や太陽が輝く。フェルコーは絵の具に誘われるかのように、不思議な出来事にめぐり合う。
 その「不思議」も大きなものではない。異次元の宇宙が展開するわけではない。フェルコーはスーパーヒーローではなく、生活が大きく変わるのこともない。相変わらずフェルコーは貧しいままだ。ロマンスの香りはあるが、これもたいそうほのかなもの。取りたてて劇的なことは何一つ起こらないのだ。しかし、ちょっと古びた雰囲気の小さな不思議が、なぜか懐かしさを誘い、ほんのりと心を温める。
 やがてフェルコーも大人になる。彼の門出を見送るところで読者は彼に別れを告げよう。おのれの若き日の感傷をかすかに覚えつつ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/12 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/17 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/24 02:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/20 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/05 03:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/08 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/14 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/17 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/09 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/22 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/03 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/21 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。