サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 角川書店の通販
  6. 角川文庫の通販
  7. 有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリーの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/08/24
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/464p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-191306-3
文庫

紙の本

有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー (角川文庫)

著者 有栖川 有栖 (編)

つのだじろう作、マニアの間でも垂涎の幻の名漫画ミステリー『金色犬』、台湾の隠れた傑作鉄道ミステリー『生命線上』など、入手困難な幻の作品ばかりを集めたミステリーアンソロジー...

もっと見る

有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー (角川文庫)

税込 776 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

つのだじろう作、マニアの間でも垂涎の幻の名漫画ミステリー『金色犬』、台湾の隠れた傑作鉄道ミステリー『生命線上』など、入手困難な幻の作品ばかりを集めたミステリーアンソロジー。【商品解説】

収録作品一覧

埋もれた悪意 巽昌章 著 9-50
逃げる車 白峰良介 著 51-70
金色犬 つのだじろう 著 71-122

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

読み応えのある短編ばかりです

2002/04/25 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本格ミステリ作家・有栖川有栖氏が選んだアンソロジー、短編10作が収録されています。
中でもオススメなのが、ベルリン生まれの南アフリカ人、W・ハイデンフェルトという聞いたこともなかった作家の「<引立て役倶楽部>の不快な事件」。シャーロック・ホームズ、エルキュール・ポアロ、エラリー・クイーンなどの名探偵が、『第一回世界名探偵会議』なるものに出席するために不在のときに、<引立て役倶楽部>の別荘のすぐ近くで事件がおこる。この倶楽部のメンバーというのが、ワトソン博士、ヘイスティングズ大尉、ニッキー・ポーターといった名探偵の相棒たち。さっそく事件の調査をはじめるが、そこは『引立て役』の悲しさ、出てくるものは迷推理ばかり、なかなか真相は見えてこない。といった内容。「引立て役」どうしの軽妙な会話、大がかりなトリックと、ミステリ好きにはたまらない作品です。
もちろん、ほかの作品も読み応えのあるものばかりですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幻の作品たち

2002/06/28 20:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:京太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまや読めない名作・珍作が勢揃いした、本格ミステリファンには堪らない内容の本です。巽昌章氏の「埋もれた悪意」はすごい作品だし、「〈引立て役倶楽部〉の不快な事件」はとんでもないトリックが出てきます(でも面白い!)。ほかにも、アリバイもの、密室ものととにかくもりだくさんの内容。ミステリが好きで、そのなかでもどこか変な作品が好きな人は、ぜひとも読みましょう。

個人的に一番楽しめたのは、つのだじろう作の「金色犬」。有栖川さんも言っておられますが、雰囲気がイイ。こんな作品よく見つけてきたな〜という感じがしますね。編者の本格に対する愛情が感じられる一冊とも言えるでしょう。北村薫氏との対談も面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリ好きのためのライブラリー

2001/11/25 01:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 有栖川有栖が厳選した世界各国の名作ミステリアンソロジー。同時発売「北村薫の本格ミステリ・ライブラリー」よりもこちらの方が読みやすい作品が多かったと思います。

 一際目立っていたのが、つのだじろうの「金色犬」。なにしろ30年以上前のマンガですからね。本格要素たっぷりで楽しめました。

 一番のおすすめは、W・ハイデンフェルトの「<引き立て役倶楽部>の不快な事件」。タイトルどおり、名探偵の引き立て役が主人公となります (肝心の名探偵たちは「第1回世界名探偵会議」出席のため不在)。ワトスン博士、ヘイスティングズ大尉、そしてデュパンの友人などなど。遊び心たっぷりで、ミステリ好きにとっては夢のような設定でしたね。 大胆な密室トリックも時代を感じて気に入りました。

 期待していた、訳し下ろしの余心樂「生死線上」は、読んでてちょっと疲れてしまいました。電車の乗車時間など、時間についての記述が多すぎて、くどく感じてしまって。結果から言えば仕方のないことなのかもしれませんけれど。

 ミステリ好きな方は、北村薫編と合わせて読んでみてはいかがでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トリック、トリック、トリック

2001/11/10 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんりょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 有栖川有栖が編んだミステリのアンソロジー。新本格の担い手が選んだだけあって、トリック指向の作品が並んでいる。中にはこんなんありかみたいなトリックもあるが、そんな非現実性も楽しんでしまう、編者の包容力には脱帽。
 同じ趣向で北村薫が編んでいるものとあわせて読むと、2人の本格に関する考え方の違いがみえて楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/17 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/04 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/07 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/19 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/24 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/21 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/01 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/14 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/28 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/10 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/28 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。