サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/21

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ロマンス
  • サイズ:16cm/453p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-03232-X
文庫

紙の本

明日への船出 (扶桑社ロマンス シーサイド・トリロジー)

著者 ノーラ・ロバーツ (著),竹生 淑子 (訳)

明日への船出 (扶桑社ロマンス シーサイド・トリロジー)

税込 817 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

4兄弟に乾杯!

2003/05/31 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノーラ・ロバーツのシーサイド・トリロジー(3部作)の完結編。
不幸な少年期を過ごしたキャメロン、イーサン、フィリップがレイとステラのクイン夫妻に引き取られ兄弟となった。クイン夫妻亡き後、彼らに残されたのは第4の少年セス。セスの目は故レイ・クインにそっくり…果たしてセスはレイの実子なのか…?!
この3部作は3兄弟それぞれのロマンスを核にしているとともに、3冊を通じてセスの出生の謎にも迫るストーリーとなっている。

「明日への船出」は、都会派のフィリップとシビルのロマンスが中心なのだが、ロマンスに関してはノーラ・ロバーツの筆が冴え渡っていて文句なしに甘くてせつないハッピーエンド。
が、この本のクライマックスは何と言ってもセスの誕生日のシーン!
イーサンとグレースの深い愛、キャメロンとアンナの熱い愛、そして彼らがセスにプレゼントしたものに感動するセスの涙!
何度読み返しても、目頭が熱くなる…

ロマンスだけでないプラスアルファがいっぱいの、ハートが温かくなる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心のつながり

2004/09/21 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きよか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シーサイド・トリロジー第3弾は、フィリップ・クインが主人公です。女性の扱いに慣れているフィリップ。今作のヒロイン、シビル・グリフィンにも最初のうちは、その腕前を発揮させますが、彼女との関わりが深まるにつれて彼の磨きあげられた楯に穴が空けられたような感覚に陥ります。
 このシビル・グリフィン、他人の事も自分の事も、少し距離をおいて客観的に物事を見つめるクセがあります。それは彼女の心理学者という職業柄からくるものでもありますが、それ以前に彼女の育った環境が彼女をそんな風に形成していったのです。
 さて、この作品で終わりになる三部作を貫いてきたセスの物語ですが、実はシビルはセスのおばにあたる人物だという事が発覚します。
 だまされたと思いひきさかれるフィリップの心、裏切られたと思い傷つくセスの心。フィリップ、シビル、セスの関係はどこに行き着くのか?!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/26 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/18 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/09 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/09 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。