サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天空の遺産(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/437p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-69808-5
文庫

紙の本

天空の遺産 (創元SF文庫)

著者 ロイス・マクマスター・ビジョルド (著),小木曽 絢子 (訳)

天空の遺産 (創元SF文庫)

税込 972 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

興味深いセタガンダの文化

2001/09/27 18:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あつぼん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宿敵セタガンダの皇太后の葬式に従兄弟イワンとともに派遣されたマイルズ。ところがそこで陰謀にまきこまれ、計らずもバラヤーとセタガンダの双方を救う活劇に乗り込むことになる。
 美しく神秘的なセタガンダの遺伝的上位種族の女性も登場し、話に大きく絡んでくる。マイルズの恋愛とも何ともつかない憧れの感情も今までの作品との色合いの違いの一端をなしている。
 とにかく、今回はあくまでヴォルコシガン卿としての立場の話で、セタガンダがどんな星系か、どんな文化を持っているのかという、今までほとんど説明のなかった外世界の話を中心に据えて話が展開していく。冒険的な話はほとんどないものの、独特の奇抜な文化、神秘的なセタガンダ女性が繰り返し活写され、それが本書の最大の読みどころとなっており、話が進むにつれだんだんとこの世界が頭に入っていくようになっている。
 と書くと、外伝的な作品かと思われてしまうが、全くそんなことはなく、実は今回の淡い恋愛感情は(すでに洋書で出ている)マイルズのロマンス話が絡む "Komarr" "A Civil Campaign" へのちょっとした前振りではないかと睨んでいる(ちょっと深読みしすぎか?)。
 おなじく洋書で出ている、こちらはまさしく外伝(マイルズは登場せず、また別の星の文化を描いている)作品 "Ethan of Athos" に関連する話にもほんの少しだけ言及されるが、日本語版が出なければ関係ない話か…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

敵国で陰謀に巻きこまれたマイルズが、美女を守るため、探偵として活躍

2001/09/26 22:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒラノマドカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 敵国セタガンダ帝国皇太后の葬儀のため、従兄のイワンと共に母惑星エータ・セタを訪れたマイルズ。惑星バラヤーの貴族・ヴォルとしての単なる外交訪問だったはずなのに、惑星に到着した途端、謎の老人の襲撃に遭う。マイルズは侵入者が残した奇妙な棒を手掛かりに、上司には内緒で、闖入者の正体を突き止めることを決意する。しかし、その裏ではセタガンダ帝国を揺るがす巨大な陰謀が渦巻いていたのだ。バラヤーの名誉と、自らの身分の安全と、ホート貴族の超美女を守るため、マイルズは探偵役を買って出るが……。
 マイルズ主役の長篇としては、5年ぶりの新刊。作品内時系列では『戦士志願』『ヴォル・ゲーム』の2年後にあたる。宇宙はなし、傭兵隊もなし、軍もなし、アクションは控えめの謀略サスペンス風探偵小説である。
 今回は、かつてバラヤーと20年にわたる戦争を経験したセタガンダ帝国の、謎に満ちた社会や文化が明かされる。特にセタガンダの発達した遺伝子工学が、既に「文化」である様が面白い。より優れた子孫を残すことは勿論、無性の従僕を作り上げたり、芸術の手段としても普通に活用されている。社会的にも科学的にも後進的で、昔ながらの偏見や道徳観を根強く残すバラヤーとは対照的だ。
 そのバラヤー人でありながら、自由なベータ人でもある文化の混血児マイルズの目を通して、社会固有の道徳観の対立を描く時、ビジョルドの筆致は特に冴え渡る。時には辛辣な皮肉も交えながらも、常にユーモアと好奇心に満ちていて、既存の価値観にとらわれないマイルズの案内だからこそ、読者もありのままのセタガンダを楽しめるのだ。
 さらに、今回は社交界が舞台とだけあって、美男子イワンがその大モテぶりを遺憾なく発揮。その脇で事件解決のために奔走するマイルズとの漫才も健在だ。振りまわされる上司も、相変わらずお気の毒。
 久々の期待を裏切らない1冊。この続きも早く読めますように……。


(bk1ブックナビゲーター:ヒラノマドカ/ざぼん http://www.bea.hi-ho.ne.jp/madoka/ 2001.09.26)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/29 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/09 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/08 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/16 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/18 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。