サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トニーノの歌う魔法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2002.3
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/300p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-861488-1

紙の本

トニーノの歌う魔法 (大魔法使いクレストマンシー)

著者 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ (作),野口 絵美 (訳),佐竹 美保 (絵)

魔法の呪文作りの2つの名家が反目しあう、小国カプローナ。呪文の力がなぜか弱まり、両家の子どもたちトニーノとアンジェリカが失踪-。トニーノの兄姉たちはクレストマンシーを呼ぶ...

もっと見る

トニーノの歌う魔法 (大魔法使いクレストマンシー)

税込 1,836 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

魔法の呪文作りの2つの名家が反目しあう、小国カプローナ。呪文の力がなぜか弱まり、両家の子どもたちトニーノとアンジェリカが失踪-。トニーノの兄姉たちはクレストマンシーを呼ぶことに…。人気シリーズ第4巻、完結編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

略歴
〈ジョーンズ〉1934年英国生まれ。オックスフォード大学でトールキンに師事。魔法を扱った独創的なファンタジーを数多く書く。作品に「魔法使いはだれだ」「9年目の魔法」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (12件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本にこんな好きになれたの初めて♪

2004/07/23 22:27

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:魔法使いになりたい - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、小学校の時、『新刊』として入ってきた本でした。
私は、ただ、「シリーズ本で、新しい」という理由だけで、読んでみました。

最初は人と、話が一致しなくて、前のページ(絵と名前が書いてあるもの。人物紹介)を何度も調べつつ読みました。最後に行くに連れて、どんどん気持ちが勝手に、想像で、画像を作るような、そんな風になって行きます。
学校に、この本を、置いてくれた方、本当に感謝しています。

そして私は、4冊中、3冊、一番最初に読むことが出来ました。こんなに、本に引き込まれるなんて始めてて、ドキドキしてゆきました。

小学校を卒業をした今、お金をため、4冊買いました。大金だったけど、買って良かったと思っています。
この本に、こんなに早く、自分の大好きな本に会えてよかったです。

他のたくさんの人に読んでもらいたいです。
読んだ人にしか解らない、ドキドキ感、ものすごくあじわえる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジョーンズ女史が魔法での戦いを描くと、、、

2006/03/29 22:43

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

「クレストマンシー」シリーズでイギリス以外の国が舞台となっている作品です。
ヨーロッパは都市国家から徐々に統一されて現在のような国家になってきました。
しかし、クレストマンシーの世界のイタリアでは今も都市国家によって
いくつもの小国家に分かれています。
そんな小国家「カプローナ」のお話です。

ヨーロッパで最も優れた呪文の作り手であるモンターナ家とペドロッキ家。
この2つの名家のおかげでイタリアの小国「カプローナ」は繁栄していた。
しかし、最近は両家の間で争いが絶えず両家の呪文の効果が
弱まってた。
もし、魔法の守りが無くなってしまうと小国カプローナは
近隣の強国に侵略されてしまうだろう。
けれど両家は反目し合い呪文の効果が弱まるのを互いの無能のせいと罵るばかり。
英国の大魔法使いクレストマンシーが
「この危機は謎の大魔法使いが暗躍しているためだ」と言っても信じない。
やがて近隣国家の連合軍と戦争になろうとしていたが、、、

そんな時、両家の子供トニーノ・モンターナ、アンジェリーナ・ペドロッキが
呼び出しの魔法で誘拐され、両家は互いの一族が犯人だと決め付け戦いを始めた。
トニーノの兄パオロとアンジェリーナの姉レナータだけが
犯人が別にいることに気付き弟たちを探すのだが、、、。
この危機を脱する方法は伝説の呪文「天使の歌」しか無い。
昔に失われた平和の呪文「天使の歌」はどこにあるのか?
カプローナの運命は、、、?

魔法による戦いの描かれた本作は意外と人気の作品のようです。
個人的には、いろいろと伏線を廻らして最後に収束させてみせる
ジョーンズ女史の名人芸を楽しむ作品、と思うのですが(笑
ヨーロッパ(特にイタリア)の歴史や文化を知っていると、いっそう楽しめます。
知らなくても大丈夫とは思いますが、、、。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

cute☆な魔法使いm(*口=)m

2006/04/04 15:01

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一言で『魔法』と言うと皆さん何を思い浮かべますか?たぶん、たくさんの人が、杖を使ったり、術を唱えたり、箒に乗っている姿を連想されると思います。でも、この《トニーのと歌う魔法》は違うんですよねぇ。実はこの本に登場する、モンターナ家とペトロッキ家の人々の魔法は『歌』なんですっ!!変わってますよね。そして、なんと・・・両家はお互いに敵対心をメラメラ燃やしていがみ合ってるんです!!しかも、その理由が笑えるほど下らなくって(★口★)。そんな中、両家の子供、トニーノとアンジェリカが『呼び出しの呪文』に惑わされて行方不明に!!子供をさらったと言ってさらにいがみ合う両家の大人たちをよそに、トニーノの兄パルロと、アンジェリカの姉レナータは協力して、二人を探しあって・・・
 実はこの本に登場するトニーノは、『魔法がいっぱい』という外伝で、『魔女と暮らせば』のキャットと夢の共演!こちらもおもしろいので興味のある方は、読んでみてくださいネ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

呪文作りの大家族

2002/05/20 09:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみひこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 君は知るや南の国、と寒いヨーロッパ諸国の人々は、皆イタリアに憧れているのではないだろうか。
かの不機嫌な主人公を描く名手、ダイアナ・ウィン・ジョーンズでさえ、イタリアの小国カプローナでは、陽気で暖かい大家族の物語を書き上げてしまっている。
 もちろんここでの主人公、トニーノも自分に不満がある。呪文作りの名家に生まれたのに、何事にもとろくて、呪文の覚えが悪い。けれども、トニーノが無力感に打ちひしがれているのを知った家族は、賢い猫ヴェンヴェヌートを差し向けて、猫語が分かるトニーノとお互いによい相棒となる様仕組んでくれる。そんな優しいトニーノの家族のモンターナ一家は、同じ呪文作りの名家ペトロッキ家とだけはものすごくいがみ合っている。だが、両家はある日一緒に大公に呼び出される。国を守る呪文の力が年々薄れ、いろいろな国が攻め込もうとしているのだ。その陰には、悪い大魔法使いの力が働いているらしい。何とか国を救う呪文を見つけようとするトニーノは、逆にペトロッキ家の女の子と一緒に人形の家に閉じこめられてしまう。両家は互いに相手を誘拐犯と決めつけ、呪文を投げつけ合う大喧嘩になる。どうやら戦争も始まったらしい。トニーノは逃げ出して、国を救う天使の歌を見つけられるだろうか…。
 いがみ合う両家には、ロミオとジュリエットもいたりして、物語は元気で楽しい。父親を呪文の失敗で緑色に染めてしまっても「みんな大笑いするだけ。」と言うアンジェリカの言葉にホッとする。子供が愛されている世界では、クレストマンシーも冗談ばかり。陽気なイタリアへようこそ。作者も読者も浮かれてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジーの好きな人にはお奨め

2002/04/17 18:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:石堂藍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 魔法が生活に根づいているパラレルワールドを舞台にした作品で、子供が主人公の児童文学だけれど、大人が読んでもおもしろい。いわゆるファンタジーの好きな人には、何はともあれ、という感じでお奨めしたい。
 まずは最新刊の『トニーノの歌う魔法』からご紹介しよう。本書の原題は「カプローナの魔術師たち」。カプローナは平和の魔法に守られているイタリアの小都市である。モンターナとペトロッキという二つの魔術の名家がその魔法を支えている。しかしその守りも近年は弱まっていて、戦争が起きそうな気配。この苦難の時を救うには、かつて〈白い悪魔〉を撃退した〈天使の歌〉しかないのだが、正しい歌詞が失われて久しかった。
 ところで、このモンターナ家とペトロッキ家は、この二百年にわたっていがみあいを続けてきた。ケンカの原因はつまらぬことだったのだが、憎しみだけが独り歩きし、互いをよくも知らないままに相手を忌み嫌っている。イタリア、憎みあう二つの名家とくれば、シェイクスピアの手によって不朽の物語となった『ロミオとジュリエット』がすぐさま思い出されるだろう。作者はこの悲劇の設定を意識的に用いているわけだが、愛しあう若い二人の物語はメインとしてではなく、脇筋として巧みに織り込んでいる。
 さて、主人公はモンターナ家の息子トニーノ。猫と会話できるが、魔法の呪文をきちんと覚えられなくて、ちょっと気の弱いところがある。一方、ペトロッキ家のアンジェリカは呪文を間違えることで有名で、父親を緑色にしてしまった失敗談は伝説となって市中に流れているほどだ。この二人がカプローナを破壊しようと企む悪の大魔法使いに捕まってしまうのだが……。
 はらはらするような二人の冒険には、ジョーンズらしいひねりが随所に見られ、一種の残酷趣味もある。だが本書はシリーズ中で最もユーモアにも富んでいる。まちがってかけられてしまう魔法の愉しさは無類だし、このシリーズでは唯一、理想的とも言える家族の姿を描いている点にも、どこかほのぼのとさせられる。
 猫のベンヴェヌートをはじめとして、主人公以外のキャラクターも個性的。アンジェリカの姉レナータ、トニーノの兄パオロという頭の回転の速いコンビを登場させているあたり、物語をおもしろくするツボを心得ているジョーンズらしい。読み終えたあと、カプローナの魔術師たちのその後を覗いてみたいと、誰もが思うのではないだろうか。(bk1ブックナビゲーター:石堂藍/書評家)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/27 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/09 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/26 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/17 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/24 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/03 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/27 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/15 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/30 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/02 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。