サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1205-07)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/451p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-110906-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

張込み 改版 (新潮文庫 傑作短篇集)

著者 松本 清張 (著)

張込み 改版 (新潮文庫 傑作短篇集)

税込 781 7pt

張込み―傑作短編集(五)―

税込 693 6pt

張込み―傑作短編集(五)―

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 676.5KB
Android XMDF 676.5KB
Win XMDF 676.2KB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

張込み 7-36
37-98
99-178

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

清張作品の旨味について思うこと

2004/11/29 01:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 松本清張初期の短編が八つ、収められています。表題作の「張込み」から順に、「顔」「声」「地方紙を買う女」「鬼畜」「一年半待て」「投影」「カルネアデスの舟板」。先に読んだ文春文庫の宮部みゆきセレクションの三冊、そこに収録されていた短編を除いた五つの作品を読んでみました。

 とりわけ印象に残ったのは、「鬼畜」と「投影」の二作品。陰と陽とでもいった味わいが好対照なんですが、作品の根っこの部分で通じているところがあるかなあと、そんな気がします。
 どこが?っていうと、「鬼畜」に出てくる三人の子供の長男と、「投影」に出てくる主人公の男。虐げられた者が鬱々として、「今に見てろよ」と怨念を抱くところ、そこに“復讐する者”が持つ共通した匂いを感じました。といっても、両者ともはっきりと形を取って復讐する訳ではありません。しかし、彼らが心に抱えた暗い気持ち、恨む気持ちに通じるものを感じたのです。
 そうは言っても読後感は全く違っていて、「投影」では明るい、しみじみとした気持ちにさせられたのですが、「鬼畜」はもう、どうしようもなく暗い思いにとらわれました。血のつながっていない三人の子供を目の前から消し去ろうとする夫婦の話、それが「鬼畜」です。黒い汚点のように心にしみついて離れない、そんなやりきれない話ですが、これが読後、じわじわと効いてくるんですよ。ぞおっとします。

 それから、関係がないと思われるところを結びつけて、そこに旨味を出す面白さが清張作品にはあるように思います。長編では『Dの複合』、本書では短編「地方紙を買う女」がそれにあたります。で、今読んでいる岡本綺堂の「半七捕物帳」の中にある次の文章が目に止まりました。
 >(「三河万歳」より)
 ここの“一緒に見なされないものを一緒に結びつけて考える”というところ、それはミステリの面白味のひとつですが、この妙味を出す手際の巧さ、それが清張作品にはあるなあと、読んでいてしばしばそれを感じます。「地方紙を買う女」では、主人公の作家が読者からの葉書を読んで、それをあることと結びつけて考える件りがあります。一見なんのつながりもなさそうに見えたところに、ある関連性が浮かび上がってくるんですね。離れた点と点を結んで、ひとつの絵に仕立ててしまう面白さ。そこに清張の芸の旨味を思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編ながら読書の醍醐味を満喫

2018/05/31 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

松本清張のあまりに有名な、ある意味では芥川賞を受賞した『或る『小倉日記』伝』以上に、短編小説。
 初出は1955年の「小説新潮」12月号。
 芥川賞を受賞したのが1953年で、しかしそれでもあまり仕事は増えなかったという。そんな鬱屈した生活の中で書いた推理小説がこの作品で、その後社会派推理小説を打ち立てた松本清張の嚆矢となった。

 文庫本にしてわずか30ページほどの作品で、しかも昭和30年という時代背景ながら決して古びていないのはさすがだ。
 一人の殺人犯を追って刑事が東京から九州S市に向かう。今ならせいぜい数時間の旅だろうが、新幹線も走っていない時代、煤煙と車輪の轟音にまみれながら、事件のあらましが綴られる。
 犯人はかつて愛し合った、そして今は九州に嫁いだという女性に会いにいくのではないかと推理した刑事は、女性を張り込む。
 そうして刑事は女性の単調な日常を知ることになる。
 ところが、犯人が現われ、密会を果たした際の女性の変わりように刑事が驚く。
 刑事は女性に「火がついたことを知った。あの疲れたような、情熱を感じさせなかった女が燃えているのだった」。
 犯人は逮捕され、刑事が女に日常に戻ることを説く場面でこの小説は終わる。

 松本清張はこの女性の家庭に「一つの人生の断片的ものをすくいあげることを狙った」といい、推理小説ではないとも語っているが、物語の展開の面白さは推理小説並みであろう。
 大人が満足しうる短編小説、ここにあり、といえる作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

書かないことで生まれる世界

2020/02/27 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shiroyagi3 - この投稿者のレビュー一覧を見る

実に松本清張らしい短編集。
松本清張の真骨頂は、あえてその全てを書かないことだと思う。たとえば「鬼畜」では、一貫して主人公の視点から事件が描かれるものの、警察が真相を突き止めた後のことは書かれていない。それが読者の想像力を掻き立て、松本清張の世界をより豊かにする。
時代が変わっても変わらない面白さ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/03 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/13 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/12 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/02 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/09 05:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/20 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/22 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/08 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/04 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/31 06:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/26 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/02 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。