サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

貸本小説
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: アスペクト
  • サイズ:20cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7572-0855-3
  • 国内送料無料

紙の本

貸本小説

著者 末永 昭二 (著)

昭和30年代、貸本屋にしか置かれない小説があった。知られざるウラ大衆文学の爆笑ワールドを詳細解説! 源氏に敗れた平家がカニに変身して壇ノ浦の海底でロカビリーパーティーを開...

もっと見る

貸本小説

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和30年代、貸本屋にしか置かれない小説があった。知られざるウラ大衆文学の爆笑ワールドを詳細解説! 源氏に敗れた平家がカニに変身して壇ノ浦の海底でロカビリーパーティーを開く「壇ノ浦○番地」などを紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

末永 昭二

略歴
〈末永昭二〉1964年福岡県生まれ。立命館大学文学部卒業。大衆小説研究家。貸本文化研究会、『新青年』研究会、参土会、日本出版学会など、いくつかの研究団体に所属。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

昭和30年代、貸本屋がどの街にもあった。貸本屋にしか置かれなかったB級娯楽小説の爆笑ワールド。

2001/11/13 18:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花田紀凱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 そういえば昭和30年代の半ば、たしかに貸本屋というものがあった。実際にそこで本を借りたという記憶はないけれど、よく街で看板を見かけた。
 城戸禮、宮本幹也、陣出達朗、風巻紘一、竹森一男、鳴山草平、三橋一夫、なぜか彼らの名前は全部知っているけれど、彼らの作品は一度も読んだことがない。
 城戸禮は自分たちの小説、いわゆる“貸本小説”についてこう語っている。
「楽しんで、あとは忘れてぐっすり眠ってもらう」
 人間性を高めるとか、教養とかとは無縁な小説だから、読者を楽しませるためならなんでもあり、それが貸本小説だ、と。

 その書き手である“貸本作家”は文壇からは無視され、大手出版社からは相手にされず、しかし、一方で大衆の心をがっちり掴んでいた。彼らはどんな経歴の人物で、彼らの小説はどんな内容なのか。

 多くは焼却処分にされたそれらの小説を丹念に収集し、読み込み、末永さんはこの本で「ウラ大衆文学の仰天ワールド」(帯より)を垣間見せてくれる。

 たとえば宮本幹也の『シスター君とブラザー娘』はこんなストーリー。

 主人公トンコこと刀山屯光は渋谷の待合で女の子として育てられた。そのトンコが男装の麗人に恋をしたが、その正体を知って“同性愛”に悩む。
 男と女が入れ替って起こるありとあらゆる不都合が次々と描かれ、最後は男と女に戻って二重橋の前でハダカで抱き合う。
〈「アダムとイヴ」 これ以上の美しい結婚式場、広大な清々しい結婚式場が他にあろうか。〉
 そこへ皇宮警察のオートバイがやってきて二人は逮捕されてしまう。
〈「僕らは神聖だぞ! 不潔だと思うのは君らだけじゃないかッ!」
 留置場の中でもトンコはそう言って叫んでいた〉

 一冊読まされるのはちょっと辛いかもしれない。
 貸本小説風の造本、紙も時間が経つと貸本そっくりに変色する紙を選んでいるという、末永さんの思いのあふれた本である。
 ついでだが帯の「全読書人、必読。」はぼくなら「全読書人、末読!」にする。 (bk1ブックナビゲーター:花田紀凱/「編集会議」「映画館へ!」編集長 2001.11.14)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/31 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む