サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/6

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2001/09/10
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/291p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-1896-X
文庫

紙の本

ホーリィ&ゴースト ブギーポップ・アンバランス (電撃文庫)

著者 上遠野 浩平 (著)

ホーリィ&ゴースト ブギーポップ・アンバランス (電撃文庫)

税込 605 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

彼らの明日

2002/09/12 23:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:神月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通の少年と少女であったホーリィとゴースト。ひょんなきっかけから、悪でもなく正義でもないという「犯罪者」になってしまった二人と、それを指示する者の物語。

本人達があまり深く考えず、気負わず大犯罪をやってのけるトコロが痛快。
ケンカをしながらも、お互いが何となく必要だと思うようになる二人はとても人間的だ。
指示を下す包帯イタチの口調やキャラクターもまた面白い。
ブギーポップは相変わらずわき役のような存在であるが、それもまた良いのかもしれない。
最近のこのシリーズは、ブギーポップのみならずそれに関わる「人間」達の物語をクローズアップして描くようになっているような気がする。
主役であるブギーポップがなまじ人間的とは言い難いため、そうすることで物語の深みが増していっているようでとても良い。

ラストのシーンは映画のように印象的で素敵だった。
何とは言えない空虚と、脱力感と、そして爽快感を残して去る二人はとても「ホーリィ&ゴースト」らしい。
この先の二人も、ずっとこんな感じなんだろうなと思うと何だか楽しくなってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

3人の人間の人生

2001/11/25 23:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:furu - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この話は、ホーリィ&ゴーストと名乗る正義に従順でもない若いカップルなこの二人に、命令を下した人物の人生、いや、物語を書いているような気がする。

 訳の分からないことを言ったがそれよりもブギーポップはホーリィ&ゴースト二人を引き立てるためのおだて役で、この本の主役はこの二人ではないかなんて、思ったりもしている。最近のブギーポップは、そんな役でばっかりだなぁ、もっとブギーポップを、主役にたてた話も読みたかったりもする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

俺達に明日は……?

2001/09/10 18:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沙月美亜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 でっかいことをやってのけ、光の下を軽やかに駆け抜けた悪党たちの物語でした。
 何かわだかまっている事がある。が、踏み出せない人々の背中を押す“世紀の大悪党”、そして彼に導かれるまま、痛快とも思える勢いで犯罪を成功させていく悪党たち。どんどん膨らんでいく話に戸惑いながらも、彼らは進んで行く。
 果たして読者が彼らと駆け抜けた果てにあるものは落胆か、後悔か、憤怒か、はたまた清涼感か。
 ある意味健全過ぎるほど健全な物語でした。
 そして、読み終えた方は「自殺したサルの物語」について調べてみるといいかもしれないし、そうでないかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。