サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暗闇の中で子供(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 100件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/471p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182206-3
新書

紙の本

暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 舞城 王太郎 (著)

「おめえら全員これからどんどん酷い目に遭うんやぞ!」 模倣犯、運命の少女、そして待ち受ける圧倒的救済…。奈津川家きっての価値なし男にして三文ミステリ作家、奈津川三郎の新た...

もっと見る

暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

税込 1,372 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「おめえら全員これからどんどん酷い目に遭うんやぞ!」 模倣犯、運命の少女、そして待ち受ける圧倒的救済…。奈津川家きっての価値なし男にして三文ミステリ作家、奈津川三郎の新たな地獄。奈津川家血族物語第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

舞城 王太郎

略歴
〈舞城王太郎〉1973年福井県生まれ。「煙か土か食い物」にて第19回メフィスト賞を受賞し、デビューする。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー100件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

またまたやってくれました♪

2002/07/31 01:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作「煙か土か食い物」があまりにも衝撃的だった、舞城作品。期
待と不安でドキドキの2作目に挑戦です♪

お話は、前作で語られた「連続主婦殴打生き埋め事件」の直後から、
今回の主人公は奈津川家の三男である三郎が主人公です。奈津川家
の中では中途半端なポジションであるからこそ、語ることの出来る
これまでの奈津川家と、またもや起こる怪しげな事件。マネキンを
黙々と埋め続ける自傷癖のある美少女と、ただただ残虐にいたぶら
れた死体達。そして行方不明になってしまう奈津川家の唯一の救い
の母。例によって事件はてんこ盛りなのですが、その投げ出し方も
また舞城流(笑)。はっきり言って、これ舞城作品じゃなかったら、
怒るかもしれませんよ(笑)!

前作がものすごい豪速球のストレートとすれば、今回はものすごい
変化球で来ましたね…。もちろんテイストは「どこを切っても舞城
王太郎」なんですが、う〜ん、こう言う風な作品が来るとは思って
も見ませんでした。作品全体を通して語られている事件の犯人が、
あんな風に出てきて、しかもあんな風にあっさりとね…(笑)。しか
もラストの展開があんなだとは、一体読者の誰が想像したのでしょ
うか?いや、誰もしない(もちろん、反語(笑))これは、前作とは
違う意味で好き嫌いが激しそうな作品ですな…。いったいなんと書
いたらいいものやら、本当に困った作家です、舞城王太郎め(笑)!
しかしこれでシリーズが終わったら、ものすごく消化不良。ここは
ひとつ、一郎編、二郎編、そして丸雄編なんかも、どんどん書き継
いでいってもらって、ライフワークにしていただくことを、強く希
望します!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

えええ???

2002/05/10 23:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:琴  - この投稿者のレビュー一覧を見る

≪注意≫この作品は、氏の前作「煙か土か食い物」を読んでいないと意味のわからないないようです。くれぐれもそちらを読んでからお読みください。
さて…。
相変わらず奈津川家はすごい…。相変わらずのこの文体! すごい嵌っちゃいます! 割合長い話ですが長さの分の読み応えはあり! 講談社ノベルスですが、エンターテイメントの枠を超え、まさにノンジャンルという感覚で読めました!
しかし、ミステリじたいはどうかというと謎が多い。不可解な犯罪が混ざり合い、記述もどこまでも真実でどこまでが嘘なのかよく分からない…。物凄く混乱。シリーズ物みたいなので、この次どうなるのかが気になります。はやくすっきりさせて欲しい…。
それから登場人物の四郎が、この作品で客観視されるため、「煙か土か食い物」の時とはちょっと印象が変わってる気がする。人間的に成長した?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し馴れた

2001/12/05 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らいと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者独特の語り口が突出。
 主人公の行動の過激さ、事件の真相の突飛さにそれが相乗するというより、おしのけて前面に出てしまったという感じ。内容は二の次、文章のテンションが切れでもしたら、そっちのほうが事件。
 だから遮られて登場人物の誰一人にも共感も感情移入もなかった。ぐんぐんと読み進るだけ。最後主人公が突拍子もない事態にカタルシスを得ているのにも、一分たりとも理解できなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

またしても地獄をみるのか、奈津川家

2001/09/29 12:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YASU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作に続き、奈津川ファミリー・サーガ。
 今回は三郎デュビデュバ(Sub-Low Dubi-Duba)ストーリーである。作家でありながらも、自分を「使えない作家」「物語たちから見捨てられた作家」と自覚。四郎には、「生きてる価値なし」と本を投げ捨てられ踏みつけられ引き裂かれ、さんざんである。
 端で見ている分には、さほど他の兄弟達とも大差なく相当あれもこれも充分にやりたい放題な様な気がする。作家でもあり、塾も経営し、ラフマニノフだって自力で立派に弾けてしまう。これでも奈津川一家の中では一番のアホ、「価値無し男」になってしまうとは、ちょっと悲惨である。
 そんな三郎が四郎に叱咤され挑むのは、またしても連続で起きた変死体事件。四郎に愛の鉄拳をあび、偶然に出会い救うことになった少女にぼろくそな愛され方をされながらも、どうにかこうにか三郎は事件の真相に迫っていくが……。
 しかし、三郎というのはこんなにナイーブだったのだろうか? 加えて四郎も、こんな変わり方をするとは、三郎でなくてもちょっとびっくりさせられる。だが振り返ってみれば、四郎は前作の最後でそうすると決意していたのだった。決めたからにはやるというのが四郎なら、それ程驚くことではないのかもしれない。
 さて、最後の場面では色々なプランが登場するが、三郎に訪れたカタルシスの物語は果たして真実を伝えているのだろうか? 言いたい真実を嘘の言葉で飾り、作り物をもってして泣き笑い苦しむことの出来る物語。その答えはたぶん次作にて知ることになるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サ、サブロー!?

2001/12/30 16:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sayu - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「サブロー存在感ないよねー」「名前がいけないよなー」「そうそう、他の兄弟は名前にもイメージがあるよねー」「サブローってなぁ、アハハハハハハ」。前作読後、我家で交わされた会話である。なのに今度はサブローが主人公!?  マジで!?  舞城王太郎は末恐ろしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『煙か土か食い物』の続編。驚愕のラストに注目

2001/11/06 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海路友 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 憎めない人というのがいる。舞城王太郎の新作『暗闇の中で子供』は、憎めない本だ。
 前作『煙か土か食い物』で描かれた、福井県西暁町を恐怖のどん底に叩きこんだ連続主婦殴打生き埋め事件。解決したかに見えたその事件は、まだ終わっていなかった。
 マネキン人形を埋める少女、土中より発見される切断足首。
 奈津川家の三男三郎は、虚ろな毎日を送りつつも、否応なく事件の渦中へと巻き込まれていく。

 事件も盛り沢山だ。腹を切り開き中に札束を詰め込む猟奇事件。死体も盛り沢山。輪切り死体に串刺し死体に墜落死体。
 屋敷の中に現われる顔のない幽霊。ついに現われた河路夏朗!!
 さあ、どうする三郎。

 第19回メフィスト賞を受賞した『煙か土か食い物』でデビューした舞城王太郎の最新作である。
 続発する怪事件、そして奈津川家血みどろの闘い。地獄のごとき世界観は健在だ。
 本作の主人公は前作の四郎に代わり、兄三郎が務める。
 奈津川四兄弟の中でも、もっとも影の薄い三郎。彼を主人公としたことで、物語は前作とはまったく違った方向へと迷走していく。
 四郎に罵倒され、「無価値」のレッテルを貼られ、幽霊に怯え、十三歳の少女に困惑する三郎。彼が迎える驚愕のラストとは。

 怒濤の疾走感を抑制させながらも、まったく次元の違う扉を開いてみせる舞城王太郎。
 たしかに、ええ? と思わず声をあげたくなる箇所多数。でも、憎めないから言ってしまおう。本作はやはり、期待していた通りの傑作だ。

 蛇足ながら、本編中、前作『煙か土か食い物』の真相に触れている部分がある。できることなら、順番に読むことをお勧めする。

 もっとも読む順番なんて、作品の持つパワーの前には些細なことかもしれないが。 (bk1ブックナビゲーター:海路友/ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/14 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/13 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/10 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/15 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/07 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/17 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/09 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/05 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。