サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 三国志 4の巻 列肆の星

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三国志 4の巻 列肆の星(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-887-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三国志 4の巻 列肆の星 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 北方 謙三 (著)

三国志 4の巻 列肆の星 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

呂布に惚れる

2001/10/02 19:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:南亭骨怠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ただ強いだけのイメージがある呂布であるが,北方謙三の描きだす呂布は,強さの中に憂いや優しさや悲しさがにじみ出てくる。呂布に惚れずにいられない。4の巻では呂府の魅力が存分に出てきて,それでいて悲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

官渡の戦いと曹操の飛躍

2002/07/17 11:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょいかごねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第4巻は官渡の戦いが中心になる。官渡の戦いはいうまでもなく曹操と袁紹の戦いなのだが、不世出の英雄、曹操に対して、袁紹にはどうしても、育ちはいいけど凡庸、というイメージが付きまとってしまう。しかし凡庸と言えど大決戦の一方の大将、北方三国志では決しておろそかに描かれてはいない。袁紹はたしかに凡庸かもしれないけど、読んでいるとそれでもなんとなく感情移入してしまう。北方三国志ではすべての登場人物が魅力的なのだ(董卓や袁術みたいにどうしようもないのは描写が少ない)。
一方、これは官渡の戦いに限らず北方三国志の傾向なのだが、そういった人物描写が多い分、戦闘シーンが比較的淡白になっている。合戦ものが好きな人には不満かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

四の巻・緻密な曹操

2001/12/20 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タツー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この巻をゴルフで言えば、ハーフ途中の店でプレーヤー達が休んでいるような状態で、水分補給のため、店に出ているポカリに手を出すか、ビールに手を出して我を忘れるか、あめ玉を口にしてまわりを見るか、と言うところか。この間は三国志の戦いの中でも猿紹と曹操の「官渡の戦い」という有名な戦いが描かれている。三国志に関する本は数多く出版されており、曹操に関しては、どちらかというと悪役的な表現が多いが、北方三国志では主役的な存在で表現され面白い。また次の巻も読んでみようと思わせる巻だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/28 11:45

投稿元:ブクログ

呂布のかっこよさにのたうちまわって喜んでおります。
かっこいー!
赤兔と呂布の絆に泣かされ、呂布の死に様(とゆーか生き様が素晴らしいから死に様がまた素晴らしいのだよなぁ)に涙しましたよ。
もう!何だよぅー!三国無双の呂布があんまりにも脳みそ筋肉男に書かれてるから油断したじゃないかよう!
人中の呂布、馬中の赤兔だわー、無骨な男を書かせたら右に出る者いないよ!北方謙三氏!
呂布の死後、曹操の軍に降った張遼がそれでも呂布を慕い語る姿にまた涙がー!
是非!是非ともお読みください!男性はもちろん漢な淑女の皆様もー!

2007/08/07 22:15

投稿元:ブクログ

宿敵・呂布を倒した曹操は、中原での勢力を揺るぎないものとした。兵力を拡大した曹操に、河北四州を統一した袁紹の三十万の軍と決戦の時が迫る。だが、朝廷内での造反、さらには帝の信頼厚い劉備の存在が、曹操を悩ます。袁術軍の北上に乗じ、ついに曹操に反旗を翻す劉備。父の仇敵黄祖を討つべく、江夏を攻める孫策と周瑜。あらゆる謀略を巡らせ、圧倒的な兵力で曹操を追いつめる袁紹。戦国の両雄が激突する官渡の戦いを描く、北方<三国志>待望の第四巻。

2006/07/29 20:19

投稿元:ブクログ

2006年7月27日読了。呂布が最後までかっこよかったです。私のお気に入りの一人、張遼さんも出てきたし・・・が、もうちょっと活躍して欲しいかな。三国志は群像劇なのが、私をひきつけてやみません。人と人の人生がぶつかって、もつれ合って歴史を作ってるんだなぁと、感慨深い・・・。

2006/07/30 12:57

投稿元:ブクログ

実は、こんな本も読んでます(しかも、かなりハマりました)

きっかけは思い出せないほど偶然に、読み始めたのですが、
途中で、止めるなんて無理でした

北方謙三氏の才能によって、歴史小説なんて域を超えてます

通勤の満員電車の中で読んでいて、涙が止まらなくなることも
しばしば・・・

十三巻という大作ですが、ぜひ一度!

2006/07/22 01:17

投稿元:ブクログ

三国志勿論一から読んで下さいませ。
一を登録したつもりが、四を登録してました。
やっぱり、北方氏の描く男はカッコイイ。
馬超さんがやたら出てくるのは私の気のせいじゃないですよね?

2008/06/10 17:28

投稿元:ブクログ

一番最初に読んだ三国志の本。
作者さん独自のとらえ方で描かれてて、すごく好きな作品です。
自分の孔明のイメージはずっとこの作品の孔明だと思う。

2007/11/20 21:51

投稿元:ブクログ

曹操対袁紹の壮絶な戦いが描かれています。
北方三国志は袁紹にも力を入れていて、三国時代のまえも十分に楽しめて最高。

2007/11/16 14:48

投稿元:ブクログ

北方三国志は正史をナナメ目線で新解釈したものなので、できればスタンダードな三国志を知った上で楽しんでほしい作品です。さて4巻は孫策の死です。孤独癖を行きずりの女で癒したりそれにハマったり、そこで刺客に襲われたり…どうにもグッとこないです。太史慈は孫策の旗本という北方設定ですが、これも護衛失敗の呵責ぶりが、そんな凡夫だったのかとガッカリしました。できれば忘れたい孫策と太史慈。

2012/02/04 20:46

投稿元:ブクログ

官渡の戦いまで。

孫策があっさりと死んでしまい残念。もっと呉の話を読みたかった。
目に見える戦いだけでなく、謀略もいろいろとあるのは好み。

2012/04/23 18:12

投稿元:ブクログ

袁術ってもっとデーハーに死んだと思ったけど。
まさに割愛されてたな。

顔良のやられっぷりも良い感じ。
んで、全巻の孫策の輝きっぷりは
ここで死ぬからやったんやと残念。

烏巣攻めもあるよ。

2009/03/01 18:25

投稿元:ブクログ

いよいよ曹操と袁紹の戦いが始まる。
兵の大きさで言ったら、圧倒的に袁紹の方が多い。
その間に孫策は何者かに寄って射られた毒矢で命を落とす。
袁紹側についていた劉備は戦いの最中にうまく、袁紹から別れ、戦いは兵の少ない曹操が勝利を収める。
曹操とは色々な手を使う人間だ・・
関羽との件ではとても人間的でもあると思うが、無論下心もあるけど・・
勝つためには手段を選ばない人間なのだろう。
しかし、孫策など暗殺は汚いやり方だ。
どうもこういう人間は好きになれない。
孫策の跡を継いで主になった、孫権と孫策のよき友だった周瑜の肩を持ちたいと思う。
長飛を慕い一生懸命な大安がまだ15〜16歳なのに、本当に健気で可愛い。
洪紀の語る赤兎の話は涙が出てくる。
侶布と本当に深く心が繋がっていたんだろう・・
人間と馬でさえこれほど心寄せ合えるものを、人間同士は身内であろうと裏切りがあったり、陰謀があったり。
愚かなことだ・・

2008/12/18 23:29

投稿元:ブクログ

「もうひとつ、恐ろしいのは、負けても立ち上がる力が強いということだ。
 普通なら腰が砕けるところだが、曹操は逆に踏ん張って強くなる。
 いままでに何度も負けているが、見事に強くなって立ち直っている」