サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:21cm/226p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-853419-2
コミック

紙の本

ロードス島戦記 ファリスの聖女 新装版 2 (ニュータイプ100%コミックス)

著者 水野 良 (原作),山田 章博 (作画)

ロードス島戦記 ファリスの聖女 新装版 2 (ニュータイプ100%コミックス)

税込 1,078 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

私はあなたを叱咤する

2001/11/02 00:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『聖女』の物語を締めくくる第2巻。名もなき狂気の神に魅入られたベルド。その正気を取り戻すために、フラウスが旅立つシーンから始まる。1巻では、いまいち描き出されていない感があった物語の主人公・フラウスだったが、2巻では一転して、フラウスを追った話の展開となっている。神官戦士であるフラウスから、女としてのフラウス、そして、一人の人間としてのフラウスへ、そして、まさに物語りの最期、魔神戦争終結の瞬間に、フラウスは『聖女』へと昇華するのである。
 この物語はラブロマンスではない。そのように表現できるほどに甘い物語でもない。しかし、戦士でありながらも、女としてベルドを愛した姿、そして、その物語は心を打つものがある。何故なのだろうか?
 ロードス島戦記という物語をご存知の方にはお分かりだろうが、後の世に六英雄として語り継がれる者たちの中に、フラウスの名は含まれてはいない。彼女がベルドを庇い、死に到ってしまった為である。
魔神王の刃を受けたフラウスの最期の言葉は、至高神に対する「叱咤」であった。それは聖職者ではなく、一人の人間としての言葉ではないのか?
 この物語は、ロードス島戦記へと続いていく。しかし、水野良が生み出した世界を、この「ファリスの聖女」は遥かに超えていってしまったような印象を受ける。もはやロードス島戦記とは称せないのではないだろうか。ここまで来ると、これは全ての世界を越えたドラマだ。
 評者の力不足ゆえ、書評としては、陳腐な表現を綴るに終始しなければならない。幾つかの疑問を記す事になってしまってもいる。しかし、この作品は間違いなくファンタジー界に名を残す、最高傑作の一つであると私は確信している。
 皆さんにはこの物語に生きている人々、一人一人を見てほしい。物語の中心で苦しみ、悩み、ものおもいながら生きた一人の女性を見て欲しい。そして、皆さん自身が直に物語を体感して欲しい。すべては物語の中にあるのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2巻

2018/10/16 14:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一巻に続いてこちらも。
聖女さま。いいですねえ。かっこよくてすてきでした。
話も絵もよくてよかったです。
好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/10 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/25 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/02 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/11 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。